トヨタ ヤリス 燃費。 トヨタ「新型ヤリス」の優れた低燃費性能 ホンダ開発陣が白旗上げる?

トヨタ ヤリス ハイブリッド試乗記・評価 驚愕! カタログ値越えの超低燃費

その加速フィールが魅力的 日産のe-POWER、ホンダのe:HEVは通常走行はモーター、つまりEVと同じである点が共通している。 そんな、エンジニア渾身の新型トヨタ ヤリスを公道で試乗した。 トヨタのエンジニアは、どちらかというとクールなイメージが強かったが、新型ヤリスのエンジニアには、やや違った印象を受けた。 ダメダメなクルマだと、ガン・ガガン・ガガガーンと衝撃が凹凸の数の分だけ増幅されていく。 新型ヤリスで好きなのは、リヤのフェンダーまわり。 試乗を終えた後、事前説明会の時、エンジニアが自信満々だった訳が分かった。

Next

新型トヨタ・ヤリス、サイズ、パッケージ、燃費でライバルになるのは? 新型ホンダ・フィット、アクア、日産ノートe

0km/Lだったということで、これは誰にでも可能ということも驚異的に感じる点だ。 ステアリングをさらに切り込んでも、新型ヤリスはしっかりと反応。 しかしシステムは違うけど同じ1. もはや、この低燃費性能は世界中の自動車メーカーが驚愕したと思えるほどの数値。 ホンダの開発陣は、燃費値にはこだわらなかったとするが、もはやハイブリッド車燃費戦争において完全に白旗を上げたとも見える。 燃費競争には終点があると思う。 いつもの凹凸がスゴイ評価路を通過してみた。

Next

トヨタ ヤリス ハイブリッド試乗記・評価 驚愕! カタログ値越えの超低燃費

この顔、個人的にはあまり好みではない。 8~19. この低重心プラットフォームと強固なボディの組みあわせに加え、ハイブリッド車は優れた前後の重量バランスを誇る。 8秒)と省燃費でありながらパワフルな走行を実現している。 低重心化は、クルマの運動性能に直結するからだ。 むしろ、ガソリン車より走りが楽しいと感じた。 できれば、なるべくフロントウインドウ側に設置してくれると、さらに視線移動が少なくなる。

Next

ヤリス(トヨタ)の燃費

そのプリウス以降、トヨタはハイブリッドカーを一部モデルを除きハイブリッドカーのラインナップを増強させてきた。 確かに、その通りだった時期もあったが、新型ヤリスに関しては、ハイブリッド車であっても走行性能は犠牲にされていない。 ただ現在ハイブリッド技術の進化により物理限界に近づいているような気がする。 例えば 平均車速は JC08モード:24. 従来のヴィッツハイブリッドは100psだったので、16psのパワーアップとなっている。 現実にはルールが変更されるかどうかはわからないが、トヨタのハイブリッド戦略がEV戦争にもケリをつけてしまうのでは、と思わせるほどの凄さを感じている。 9km/Lをマーク。 ヤリスハイブリッドは特別なことをせず流れに乗って運転しているだけで郊外モードにおいて40. 交通死亡事故を目指すとアピールしているものの、肝心なトヨタセーフティセンスの非装着グレードがあるということは、言っていることとやっていることが違うことになる。

Next

新型ヤリス驚愕の燃費性能 狙うは「EV超え」? トヨタのHV戦略 狙いと行方

さらに、交差点右折時の対向直進車と右左折時の対向方向から来る横断歩行者検知機能をトヨタ車初搭載している。 トヨタセーフティセンスは全車標準装備化すべき 全般的に新型ヤリスの評価は非常に高い。 しかし、どちらも200万円内に収まる魅力的なモデルだと言える。 ダイレクト感ある新ハイブリッドシステム まずは、1. 新型ヤリスは、最新の技術で驚愕の燃費値を出しているが、クルーズコントロールは10年前のクルマ並みだ。 現在はEVはCO2排出量をゼロにするという取り決めがあるが、これがもし変更になったら? もうEVはいらないじゃないか、という論調になってもおかしくない。

Next

トヨタ ヤリスの燃費

どういうシステムを使うかは二次的な要素 ハイブリッドカーは今では各メーカーが独自のシステムを考案して商品化、いろいろなクルマに搭載してきている。 1%となった。 低重心化は、クルマの運動性能に直結するからだ。 コーナーリング中も前後の重量バランスがよく非常に安定している。 走行中、揺れる車内でッチパネル操作は難しくミスタッチが多くなる。 すぐに、EV走行へ切り替わる。

Next

トヨタ ヤリスの燃費

トヨタは従来方式であるTHS-IIを進化させて新型ヤリスに搭載しているが、トヨタが日産、ホンダのようなモーターで走行するシステムを登場させるのか? その答は新型ヤリスで出ている。 操縦安定性面では、かなり好印象だったが、やはりクルマの本質は公道で走ってどうか? と、いう点も重要だ。 いわゆる自動ブレーキの機能は、昼夜の歩行者、昼間の自転車を検知。 停止までできないクルーズコントロールでは・・・ また、このトヨタセーフティセンスの機能に、先行車追従式のクルーズコントロール機能がある。 まぁ、こればっかりは好みなので仕方がない。

Next