その花びら。 www.vincentmaher.com: その花びらにくちづけを 可愛い私の恋人: ソフトウェア

杏花

『その花びらにくちづけを 夢のような日々』 実家のリフォームのため一人暮らしをすることになった七海。 2017年10月14日閲覧。 しかし沙雪と付き合い始めてからは、恋人との問題は自分たちの力で解決する意思を強めている。 選考に携わったデザインスタジオ威風堂の高木敬介は、「思春期の少女恋愛で求められる、純情な感情やもろさ、少女たちの子心の揺れが淡く描かれた、王道的な百合を楽しめる」とし、「主人公のほかにも、上級生や教師といった上の立場の人間からの恋愛模様も描かれており、それが独特の耽美的な世界観になり、秘められた楽しみを味わうことができる作品である」と、選考理由を挙げている。 授業をひっきりなしにサボる美夜をクラス委員の立場から放っておけなくて注意するようになる。 生真面目で努力家。

Next

その花びらにくちづけを

「玲緒っぽいらじお」は音泉に引っ越す前はニコニコ動画で放送されていたが、121回も続いている。 蓬莱泉 瑠奈(ほうらいせん るな) 声: 中等部1年生。 また、一時期優乃が千秋のことが好きだと勘違いしていた。 しかし、紗良と紗良の母親の策略で紗良とモデルユニットを組むはめになる。 女の子と5分も話せばその子の考えていることがわかる。

Next

そのダウンジャケットは「花びら」を原料に、アニマルフリーにつくられている

『その花びらにくちづけを 番外総集編』 総集編。 『その花びらにくちづけを 愛のキスをもういちど』 学園祭の日が近づく中、玲緒の部屋を掃除していた麻衣が見つけたのは、玲緒が子どもの頃に出したというCD。 いつも楓に守ってもらっていたことから楓のことが大好きである。 入学早々100m走で全国大会クラスの記録を出したことで有名になり、沙雪とともに「新一年生ベストカップル」に選ばれる。 & はなひらっの登場人物• その後、強引に迫ってくる瑠奈に戸惑っているうちに瑠奈の保護者である麗奈の仕事の都合で保護者代わりとして瑠奈と同棲することになる。 自分に自信がないが、他人に対しては強気な態度で通している。

Next

その花びらにくちづけを (そのはなびらにくちづけを)とは【ピクシブ百科事典】

( 高峰 奈々子)• 興味がないことには全く興味がなく、普段は無口で大人っぽいが璃紗と二人きりのときは饒舌になる。 楓と付き合い始めてからは楓に甘えることが多くなっている。 成績もそれなりに良い。 母親とは新しい関係を築けており、現在はパートナーとヨーロッパに渡った母親の変代わりに美夜と同棲生活を送っている。 ところが紗良に突然南の島での仕事が入る。

Next

その花びらにくちづけを (そのはなびらにくちづけを)とは【ピクシブ百科事典】

公認のカップルになってからは玲緒への愛情を隠さない。 そして、七海が優菜に連れて来られたのは誰も知っている人のいない見知らぬ街。 生まれの。 6組のカップルたちの様々な百合模様を堪能できる本作は、可憐で華やかな百合世界の入門編としてもピッタリだ。 脚注 [ ]. 意外と義理堅いが鈍感で鈍い。 寒さは苦手だが全裸で寝ている。 『その花びらにくちづけを 南の島であまとろちゅ!』 クリスマス当日、貴子は突然瑠奈に南の島に連れて来られる。

Next

www.vincentmaher.com: その花びらにくちづけを 可愛い私の恋人: ソフトウェア

生まれの。 ふぐり屋. ( 瀬戸 このみ)• シリーズを通して、イラストをが担当している。 白雪の騎士( 川村 玲緒)• ニンジンやピーマンが嫌い。 しかし、麗奈が日本に帰ってきてからは自然に接することができるようになる。 周囲からは清く正しい優秀な乙女と見られている。 黒髪会会員。

Next

『その花びらにくちづけを』の「玲緒っぽいらじお」が音泉にお引越し!今度はWEBラジオで百合百合しちゃうぞ!(2017年7月19日)|BIGLOBEニュース

一人称は「私(わたし)」で、美夜のことは最初は「美夜さん」、付き合い始めてからは「美夜」と呼んでいる。 気配を消して突然現れることが特技。 、、など幅広く展開している。 ニコニコ動画にて2011年2月13日から第二、第四土曜日に川村玲緒役の杏花がパーソナリティの「玲緒っぽいらじお」をスタート。 父親が書道家、母親が華道家の芸術一家で本人も書が得意である。

Next

www.vincentmaher.com: その花びらにくちづけを 可愛い私の恋人: ソフトウェア

両親は個人デザイン会社を経営者であり、上流階級の多いミカ女のなかでは一般家庭の出身である。 高圧的で高飛車な女王様でドS気質。 頭もよく運動能力も高いが生活能力は低い。 後に呼称は「皐さん」に変わる。 『その花びらにくちづけを 夏をぎゅっとね!』 夏の暑さに機嫌を悪くした玲緒をなだめるために、麻衣は2人での旅行を提案する。 『その花びらにくちづけを あじさいの季節』 あじさいが咲く季節に、りんごは千秋と二人きりで露天風呂で有名な宿へと旅行に出掛ける。 何かとかまってくる璃紗を言いくるめてたりからかったりしている。

Next