艦これ 嫌われ 後悔 ss。 モバP「もう嫌だ」

モバP「もう嫌だ」

ピシッ・・・ 加賀「ず、瑞鶴…?」 瑞鶴「ムカつくのよあんたの態度!! 今度は誰かに操られてた!? 言い訳も程々にしなさいよ!!」 瑞鶴「アンタたちのせいで提督さんはあんなひどいケガとやけどを…」 加賀「提督は生きているんですか!?」ガタッ 瑞鶴「っ…!(つい勢いで…)」 監視員「囚人番号1456、座りなさい」 加賀「生きているなら今すぐ謝らせてください!! 許しを請うつもりはありません!! せめて謝罪だけでもッ…!!」ドンドン! ユニット別リンク. 全てが上手く行き、出撃のために部屋を出ていった精鋭たちを見送ったあとに更に胸を押し付けてくる鹿島。 だから、どうか鎮守府に戻ってきてほしいのです…!」 涙にぬれた顔で、二人は元提督へと謝罪の言葉をかけるが、それ以上に彼は二人の眼が気になって仕方なかった。 提督もまた、自分が置かれている状況をまずいと危惧し、必死に状況を打破する方法を考えていた。 夕立、出撃準備するよ!」 夕立「うん!」 提督「仕方がない、鈴谷! こんな悪天候の中悪いが、旗艦を頼む!」 鈴谷「はいはい、わかったよ」 提督「鈴谷! そんなふざけた態度をとらないでくれ! 今日の海の状態は非常に危険なんだ!」 鈴谷「そんな危険な状態の海に鈴谷を出撃させるのは提督でしょ! 自分は何もしないくせに!」 提督「・・・!」 鈴谷「良いよね、提督は。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。

Next

モバP「もう嫌だ」

「ちょっ鹿島、ここ執務室なんだけど……」 「だめ……ですかぁ……?」 「……しょうがないなぁ鹿島は」 情熱的なキス、記憶を失う前では想像もできなかった光景が、そこに広がる。 俺はみんなに認めてもらおうと頑張った、碌でもないバカだった時の余談だ。 とにかくこのままここにいてはまずい… 急いでどこか別の場所へ身を隠さないと…!!」 男は慌てて鞄に着替えや財布などの貴重品を詰め込み、必要最低限の荷物をまとめると、転がるように玄関から外へ飛び出した。 此処の艦娘たちは、提督を毛嫌いしている。 3 アーカイブ• あいつ」 加賀「ああ!?」 タグ :. 提督「提督に着任したが、提督が多すぎて艦娘が行き届いていないらしい…」 提督「待っていればいずれ来るとは言われたが、その間無職に等しい訳だから生活に困るし…」 提督「かと言って副業は士気が下がるという良く分からない理由で禁止されているし…」 提督「バレない様にやろうとしても…」チラッ 憲兵「…」 提督「…金を払えば優先的に艦娘を回して貰えるようになると聞いたがお金ないし」 妖精 オマエオワリダナ 提督「ストレートに言うなよ…妖精の言う事じゃない…」 妖精 ケンゾウシロ 提督「明石っていう娘が居ないから工廠が使えないらしい…」 妖精 エェ… 憲兵 ボソ 提督「へ?金を払えば配備してもらえるって、だからお金ないんですって…」 妖精 テイトクヤメロ 憲兵 コクコク 提督「いや、酷くないか…?」 提督「…」 提督「どっかに艦娘落ちてないかなぁ…」 妖精 オチテルワケナイダロ 憲兵 ボソ 提督「へ…使えなくなった艦娘を保護する施設がある?」 妖精 エ ソンナノアルノカ 憲兵 ボソ 提督「修復不可能な艦娘は7日保護されて、その後解体?」 憲兵 ボソ 提督「7日を超えると不安定な感情から深海化」 提督「殆どの艦娘は絶望しながら解体されていくって…知りませんよ!」 提督「それに使えない奴を何で引き取らなきゃいけないんですか!」 憲兵「…」 妖精 マァマッテテモドウセコナイシ イケヨ 提督「はぁ…こんな筈では…」 〜一週間後〜 妖精 ヒサシブリ デ ドウダッタンダ 憲兵「…」 提督「結果…俺の車のドアが壊れて、俺は右手を骨折。 「か……かしまァ……た、たすげて……」 「……いい気味です、汚物如きが」 「……!!」 唯一まともに話を聞いてくれていた鹿島にも見放され、絶望感に包まれる。 54 ID:Kn6fyIOy0 加賀「ところで提督。

Next

【時雨SS】時雨「ねぇ」【艦これ】

皆は、俺が提督じゃない方がいい…のか?」 ふり絞るような、かすれた声で尋ねる提督。 提督の記憶ではめでたくみんなと打ち解け、深海棲艦の攻撃のせいで重症を負ったと言う架空のストーリーを聞かされ知らずに後遺症を患っている以外はなんの問題もなく提督として業務をこなしていた。 二人とも喜びを露わにしながら男へ駆け寄り、涙を流した。 それは提督へ強引に押させたのではなく、提督が鹿島自身と婚約したいと申し出た結果だった。 提督だった頃の話だ。

Next

【熊野SS】提督「鈴谷に嫌われている」【艦これ】

[newpage] 「………ッ……?」 「お、おぉ!気が付いたか!?まさかこれほど早く意識を取り戻すとは!」 「俺……どうして……なんで……?」 「あぁ喋るな喋るな!傷は癒えきっていない……一旦落ち着いてから話そうか」 後に俺は近くにあった病院に搬送されここで三日間程寝ていた事と、そしてすべてを洗いざらい隣にいた中将に話してもらう。 876プロ• できることなら、そんな愚かな真似をした、半年前の自分を張り倒したいくらいよ」 「加賀……」 「これでお分かりでしょう、提督? 貴方にいなくなってもらった方が、私達の為になるのです。 783• 92 ID:Q0JXO1oi0 ちひろ「い、いきなりなにを」 まゆ「だって…ちひろさんのおかげで、今のPさんならお金で買えます…うふふ」 ちひろ「お金で、Pさんを…けどそれって」 美優「それがたとえ…歪んだ愛情だとしても」 幸子「ボクたちはPさんを愛してますから!」 まゆ「Pさんを奴隷のように扱うちひろさんは…もうPさんとは無関係、部外者ですよね?」 晴「だから外野は黙っててくれよ。 これらは俺が直接やると妨害される恐れがあった故に頼んだ命令だ。 次にブラック鎮守府まがいの行動を起こし、軍から解任されようかと考えたが、そんなことをすれば軍法会議にかけられ牢屋に入れられるのが落ちだし、最悪艦娘たちから憎まれその場で殺されかねない。 「そうか… ありがとう、皆。 それは俺を再び提督として着任させる事だった。

Next

胸糞・鬱 : なのです速報~艦これSSまとめ~(2)

お腹すきませんか」 提督「言われてみれば…お腹すいたな」キュウウ 加賀「早く食堂へ行きましょう。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 「わ、私達……提督にひ、酷いことを……」 「……司令官……ごめんなさぁい……!!」 「て、提督!ほらっ!中に入ろうぜ!?摩耶様と間宮の特製カレー作ったし!」 「鉄と虫を食う気にはなれないな」 「提督……本当に本当にごめんなさい……榛名……あんな事を……」 「て、提督さんがしてくれた事!もうみんな知ってるっぽい!みんなはもう提督さんの事信用しているっぽい!!だからもう仲間っぽい!!」 「だ、だから……帰ってこれないかな……?僕達……提督にあんなことして……本当にすまないと思ってるんだ」 「テイトク……プリーズ……お願いだからぁ……!ワタシたち……テイトクが本当にワタシたちのことを思ってくれていたって……知ってるからぁ……!」 「…………」 心の中には、只々冷めた感情が渦巻くーーこいつらはここまでして俺を弄んで、殺したいのかと。 vip2ch. 彼はこれから自分がどうなるかを察していたからだ。 その上官が部下をほうって逃げ出したりしたら、それこそ示しがつかないだろ?」 「もし本当に危険になったら、その時は俺も逃げる。 次に会えるのが…だいぶ先なのが辛いです。

Next

【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

「提督さん!はい、あ〜ん!」 「あーん……うん、美味しいよ鹿島!」 「褒めてもらえて鹿島嬉しいです!上手に作れたのでナデナデしてください!」 「しょうがないな鹿島は〜!ほーらなでなで〜」 「〜〜〜!」 喜んでる鹿島と、それを恋人のように扱う提督。 「皆… どうか、したか?」 訳が分からず彼が尋ねようとすると、皆は… 「こっち来るな!」 「出てってよ!」 「消えろゴミめっ!」 いきなり口をそろえて提督を罵倒しだし、中には武器を向けるものさえいた。 悪いのは、司令官さんにひどいことをした電たちなのです!」 榛名と電の姿を見ながら、彼も涙を流す。 そこから先は彼女たちに嫌われ続け自信を失いながらも、皆を守るために残り続けるフリをした。 「うわ!キッモッ!?提督部屋から出てこないでよ!」 「ユーを見るだけで紅茶がマズくなりマース……うえぇ……」 「こちらを見ないでくれるか?駆逐艦が怖がるのでな」 「うわっ、ゴミが居るっぽいッ!」 「やけに悪臭がすると思ったら……原因が目の前にいましたわッ」 「貴方にお出しできる作る料理はありません、消えてもらえませんか?」 俺が派遣されたのは過酷な扱いーー所謂ブラック鎮守府を受けた艦娘達の鎮守府だ。

Next

【艦これ】お前らのオススメ艦これSS教えてくれよ

私はお言葉に甘えて、少し休ませてもらいますので」 秘書艦の大淀にお茶を差し出した途端、わざとお茶を書類にかけられ一人直しに追われたり、また食堂では… 「うーわ、なんか邪魔くさい人がいる。 松葉杖を使い、覚束ない義足と唯一使える左腕でバランスを取りながら艦娘達の言葉を聞く。 「「「て、提督!お、おはようございまーー」」」 「…………」 廊下沿いに移動し、下を向きながらぎこち無い敬礼をする朝潮、大潮、五月雨の三人。 提督「鈴谷、平成26年度の調達予定品の書類なんだが」 鈴谷「・・・・・・」 提督「個人装備の89式小銃、実はこれ折曲銃床式なんだ。 それじゃ皆、元気でな……」 提督は最後にそう言い残すと、荷物をまとめ鎮守府を去った。

Next

【艦これ・提督SS】加賀「提督の顔色が悪い」

それなのに、海軍はもし断れば障害者となった俺への援助を辞めると言った。 そして、それとは入れ替わりに神通の声がテレビを通じて男の元へと流れてきた。 青葉が言ってました」 提督「ウソくせぇ…」 加賀「女は度胸。 最初は鹿島も戸惑った……自分でやったこととは言え、記憶を消してしまっては、償う事はできなくなる。 「提督!こっち来て!」 「早く早く!料理が冷めちゃいますよ!」 「あ、あぁ!」 この時俺がどれだけ喜んでいたのかを今でも覚えている。

Next