キスカ 島 撤退 作戦。 コテージ作戦

3

, pp. 274頁• 更に、遂には、最新鋭の電探(要は)を持つ船が必要だと上申し、最新鋭の高速「」を配備してもらった。 - (英語). 199. 精鋭「」出撃せよ! 駆の「」「」「」「」が必要(・は定)• 14アッツ島近海 」• 陸海軍部、(司令長官海軍大将)、(司令長官海軍中将)の防衛方針は統一されておらず、アッツ島玉砕の原因は攻略計画立案時から内包されていた。 は空母機動部隊 やを含む主力艦部隊 を方面に集結させたが、反撃には出なかった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , p. 33-34 昭和18年5月 「別紙第二」• 1945年に予備役編入。 「上陸直前になって、ケーリ(同僚)と私は真っ先に上陸するよう命じられた。 飛行場や防御施設の整備は進んでいなかったが、現地を視察した日本陸軍上層部は海軍に「キスカやアッツ島の陸海軍は仲良く協調し、糧食も十分、飛行場整備も大いに進捗、さして心配はいらぬ」と説明しており、後日のアッツ島上陸の報をうけた連合艦隊参謀長は「彼等(日本陸軍)の楽観説には誠に恐れ入るものあり」と評している。

Next

帰ろう、帰ればまた来られるからとは (カエロウカエレバマタコラレルカラとは) [単語記事]

136-138アッツ島増援方策の検討• 11月25日、アッツ第二次輸送作戦(阿武隈 、木曾 、若葉 、 等が参加)が行われて成功したが、セミチ島攻略部隊は輸送船「ちえりぼん丸」がアッツ島で空襲をうけ擱座したため中止された。 この改変にともない、北海守備隊は第五艦隊司令長官の指揮下を離れ、北方軍の隷下に入った。 その後護衛の駆逐艦「」「」が補給を済ませたうえで反転し最上、三隈の救援に赴き、敵機の空襲で大破した三隈の乗員を救助しているが、一説では木村の指揮する鈴谷も「我機関故障」と偽って戦隊と離れ、大破漂流する僚艦「」乗員救助に当たり、多くの命を救ったともいう話もある。 11:00終了• 10日、11日を過ぎ、15日まで待ってもキスカ島周辺に霧は立ち込めません。 ココハ最後ハヤムナシト云フ案モアル。

Next

キスカ島奇跡の撤退(3)~損耗率99%・アッツ島玉砕とキスカ島孤立|サバゲーアーカイブ

。 , pp. , p. 120. 1942年(昭和17年)6月23日、大海指第百六号:一 大海指第九十四号別冊第二「アリューシャン」群島作戦ニ関スル陸海軍中央協定中「アダック」ノ攻略確保ヲ取止メ「キスカ」及「アッツ」ハ確保スルコトニ改ム 聯合艦隊司令長官ハ所要ノ兵力ヲ以テ「キスカ」ヲ確保スルト共ニ陸軍ノ「アッツ」守備ニ協力スベシ/二 六月二十五日午前〇時ヲ以テ第五艦隊司令長官ノ陸軍北海支隊ニ対スル作戦ニ関スル指揮ヲ解ク• 261. 当初は第五艦隊旗艦で参加予定であったが、燃料不足により多摩(神重徳大佐)での出撃となった。 ただ、雷巡だと開幕雷撃の時点で大打撃を叩き出してMVPを掻っ攫うおそれがあり、疲労やダメージに雷撃の命中率も左右されるため、随伴艦に付けるのには向いていない。 , p. 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年• 鋼材を拾っても修復にそれ以上支出すれば意味がないため、鋼材を狙いたい場合はのみで出撃することが望ましいであろう。 , p. 127. 全滅、玉砕のひと言で片付けられるような戦いではありません。 司令官峯木十一郎陸軍少将は樺太混成旅団を基幹とした、第88師団の司令官となり樺太守備の任に就く、終戦後に起こった樺太の戦いでソ連軍と戦闘し戦後抑留。

Next

3

参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 529. この事情により日本海軍の空母機動部隊(一航戦〈翔鶴、瑞鶴、瑞鳳〉、二航戦〈隼鷹、飛鷹、龍鳳〉)は1943年中盤までほとんど活動できなかった。 , p. 上層部の批判に心動かされること無く慎重に慎重を重ねた指揮を行い、2回目の出撃では待ち望んでいた濃霧に恵まれたこともあり、アメリカ軍に作戦を悟られず、味方に全く犠牲を出さずにキスカ島の守備隊5,200人を短時間で救出する。 日本軍は大半の砲を失い食料はつきかけていた。 272. 以下略 」• 334b. もちろん弾薬補給の後、アメリカ軍は翌日には海上封鎖を再開していた。 だが結局支援のため、7月10日19時に幌筵から北方部隊主隊(重巡洋艦〈那智、摩耶〉、軽巡洋艦〈多摩〉、駆逐艦〈野風、波風〉)が出撃した。 頁「 昭和18年 三月二七日 土 曇」• 1942年(昭和17年)5月5日、大本営指示:アリューシャン作戦 「アリューシャン」群島西部要地ヲ攻略又ハ破壊シ同方面ヨリスル敵ノ機動並ニ航空進攻作戦ヲ困難ナラシム• 343-344. しかし、そのが、部隊がにたどり着いた一だけなぜかきれいにる。

Next

アッツ島の戦い

同年2月5日、大本営は北部軍司令部を改変し、北方軍司令部(司令官陸軍中将)を編成した。 第二邀撃隊:先任潜水艦長 伊34、伊36• ここで、木村は守備兵に「携行銃器はすべて海中へ投棄して欲しい」と要請。 126-129「アリューシャンに暗雲」• 実装前情報• , p. 敵がボートに乗り移り船から十分に離れたことを確認してから、砲撃命令を出しました。 367a-368アッツ島の再占領と北海守備隊の編成• 軽巡の育成にも有効 ウィークリークエスト• 実際、この作戦自体が5月20日の大本営におけるアリューシャン方面の対策会議(この会議でアリューシャン方面の放棄が決定)で、陸軍が求めていたアッツ島の救援を断念する代わりに海軍はキスカ島だけは何としても救援する、という陸海軍間での妥協の産物であり 、この取引がなければキスカ島も見捨てられていた可能性が高い。 168. 任務には失敗し、艦橋で敵攻撃機の機銃掃射により左腿、右肩貫通、右腹部盲貫銃創を負い倒れるが、最後まで指揮を行った。

Next

ドナルド・キーン氏とキスカ島|Saburo(辻 明人)|note

12月1日 - 任 海軍• 77-79来襲前の米軍の状況• 概要 [ ] アッツ島の戦いは、(いわゆる「」)におけるにともない(昭和18年)5月中旬から下旬にかけてでおこなわれた戦闘。 アッツ島の戦い(アッツとうのたたかい、Battle of Attu)は、1943年(昭和18年)5月12日にアメリカ軍のアッツ島上陸によって開始された日本軍とアメリカ軍との戦闘である。 レベや化修を充分に行った艦隊でも場合によってはと化す事もあるため、()や域艦隊(3-4)と並ぶ難関として認知されている。 195a-197集団輸送方式の採用• 編成枠はどちらも6隻完全固定。 北方部隊に編入された第二十四航空戦隊の第一部隊(第752航空隊)陸上攻撃機21機は、5月13日に進出を完了したが、連日の悪天候に悩まされた。

Next

太平洋奇跡の作戦 キスカ

ここに来て、燃料の残量も少なくなってきたことから木村少将は15日午前8時20分、一旦突入を諦め幌筵へ帰投命令を発した。 キスカ島の守備は日本海軍の陸上部隊が、アッツ島の守備は北海支隊が行うことになった。 一水戦機密第14号ノ8「第一水雷戦隊戦時日誌(作戦及一般ノ部)」。 18-20 昭和18年5月13日記事• 概要 [ ] 5月のに続いて実行されたが、日本軍は既に後であり、無人の島への上陸となった。 海軍兵学校に通いますが、成績は振るわず。

Next