本好きの下剋上 ヴェローニカ。 本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第四部「貴族院の自称図書委員V」の電子書籍

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第五部「女神の化身I」

親馬鹿でトゥーリの洗礼式に仕事が入り気になってそわそわして上級貴族から睨まれるも気にしなかった。 第五部 第五部では、フェルディナンドがいなくなった状態で奮闘するローゼマインの姿が語られる。 美しく勝気な顔立ち。 ザシャ 声 - ルッツの1番目の兄。 トラウゴット 声 - 上級騎士見習い。 ローゼマインとシャルロッテを襲った襲撃犯として処刑される。 マインとは面識はない。

Next

「本好きの下剋上」

焦げ茶の髪に深緑の目。 中身を知らない人が見たら、聖女とか女神と言われても信じそうな美人。 しかし、彼がどんな言い訳を弄したところで護衛失敗と命令違反の責はまぬがれません。 仕事では基本的に短い命令文句で済んでしまうため、説明するのが苦手。 ローゼマイン曰く、ミニジル様。 初出は小説投稿サイト「」。

Next

イラストと家系図の紹介です|香月 美夜の活動報告

ローゼマインとフェルディナンドの未来とは? 【ドラマCD4出演】 ローゼマイン:井口裕香 フェルディナンド:速水奨 ジルヴェスター/レリギオン:井上和彦 カルステッド/イマヌエル/ユルゲンシュミット国王:森川智之 ヴィルフリート :寺崎裕香 シャルロッテ/シュバルツ/ヒルデブラント :本渡楓 コルネリウス/ルーフェン :山下誠一郎 ハルトムート:内田雄馬 ユストクス/ラオブルート:関俊彦 エックハルト:小林裕介 フラン:狩野翔 リヒャルダ /ソランジュ:宮沢きよこ ブリュンヒルデ/ヴァイス :石見舞菜香 ギル/ゲオルギーネ:三瓶由布子 ザーム:岡井カツノリ. それになかなか気がつかないアウレーリアも大概に天然さんですが、なかなかに面白そうな令嬢です。 典型的な脳筋タイプの騎士で考えるのを放棄し、本能に従った戦いをする。 眠っている間に成人を迎えたため、教えてもらおうと思っていたレシピを得れずに嘆くが、エラにお菓子を渡されたらすぐに笑顔を取り戻した。 父親からの言葉は フェルディナンドにとって救いでもありましたが、領主という立場から存分な愛を受けることは少なかったようです。 常に細かくこだわる職人肌の神経質。

Next

本好きの下剋上 第五部「女神の化身」 1 / 香月 美夜【著】

黄緑に近い緑の瞳。 その後はマインの専属護衛となり、他領の貴族にマインが攫われそうになり抵抗した際に重傷を負うが、マインの祈りにより回復する。 灰色の髪で茶色の瞳、やや小柄で細身。 中国・四国• 文官見習いかと思う容貌。 基準が高いとか厳しいとか言われるフェルの言動で判断するのは難しいと思う。 ローゼマインが神殿をでる際にローゼマインの専属絵師として買い取られ、ローゼマインが成人するまでの間はエルヴィーラに預けられる予定。 エーレンフェスト南門の兵士で、班長を務めている。

Next

シキコーザ

三年前に流行り病で両親と死別し、成人と同時に貴族へ売られる予定だった。 顔をすっぽりとベールで覆った印象的な人物です。 第二部の終盤、シキコーザが原因で起きた事件を機に「どう考えても普通の少女ではない。 こうしたこともあってローゼマインの婚約者という立場は重荷になっていたらしく、婚約解消後はむしろ解消してただの兄弟という関係になってよかったと感じており、荒んだ言動は鳴りをひそめるようになった。 騎士がシュタープを剣と盾に分けられるように、同時に神具を二つ使用することが出来る。 子供が全員男だったため、娘が出来て嬉しい。

Next

本好きの下剋上〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第五部「女神の化身I」

文官コースの試験に、新しい上級司書との出会い、専門コースの専攻など、一年前とは立場も環境も激変した日々へ突入していく。 真面目でフランと気が合う。 売り上げは上々らしい。 その騒動でダメージを受けていたことから、マインより最高神と五柱の大神の祝福を受けた。 ラルフ 声 - ルッツの3番目の兄。

Next

【小説22巻】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身I」 (TOブックスラノベ)

「このライトノベルがすごい!」(宝島社刊)2年連続で第1位です。 マインが領主の養女となりローゼンマインと改名したことを、とある出来事がきっかけで自力で突き止めた。 2020-07-06 22:50:36• 引用(一部略) >シキコーザ >(中略) >マインが青色の巫女服を着ていることが気に入らず、傲慢に振る舞い護衛対象であるマインに怪我を負わせたことで、魔力を含む血を受けてトロンベが急成長し、大発生の元凶となる。 パトロンであるローゼマインがエーレンフェストを離れることになったため、インク工房をホレスとターナに任せてハイディと共に中央に向かうことになった。 しかし、フィリーネはそんなことはしません。 。 騒乱を好む「混沌の女神」のようなゲオルギーネに関する密告があったことで粛清が早められた。

Next