ブリヂストン 自社株買い。 ブリヂストンは自社株買いと消却など好感され戻り高値を更新

【5108】自社株買い発表でBRIDGESTONE(ブリヂストン)の株価は勢いづくか?業績を踏まえて予想する。

タイヤで世界首位の企業です。 18年12月期の連結経常利益は前の期比4. 米中貿易摩擦の問題がいつ再燃するか分かりませんがしばらくは堅調に推移して欲しいですね。 0 10. つまり、配当が急に大幅に減配するなんというリスクは極めて低いと言えますね。 そんな風に考えたときにブリヂストンは大丈夫そうだと感じたので買いです、買い。 一般車両だけではなく、建設用や鉱山用の特殊車両でも特別なタイヤが必要であって、この点でも一定の底堅い需要があります。

Next

ブリヂストン【5108】は「買い」なのか。株価や業績、配当金、今後の見通しなどから考える

自動運転技術の進歩も、自動車の電装化、電気自動車の普及を後押しします。 基準4.業績が好調または堅調であること ブリヂストンは、ご存じの通り、タイヤの製造・販売事業を行っており、北米や新興国など世界各国に展開しています。 今日も配当生活への道を一歩ずつ進む、ショウでした!. 念願のブリヂストン株を購入 ブリヂストンの株を購入したいと以前から思っていました。 なるほどな。 もし宜しければご参考になさってください。

Next

ブリヂストン(5108)株価分析。高配当の優良企業!

9% 3,241. わたしのばかー! でもまぁ、しょうがないか。 90 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 グローバル企業文化の育成• 業績の数字は、ここ数年はジリジリと下げていますが、2019年度は増益が予想されています。 2014年から現在まで数100億円以上の自社株買いを6回も実施• しかしながら、 EPS(1株あたりの利益)は過去最高です。 48円 2015年12月期 自己資本率:59. おおむね業績は堅調と言ってよいと思います。 ブリヂストンのタイヤは、高品質・高価格のものが多く、米国内で価格破壊を先導しているわけではありません。

Next

ブリヂストン 株価下落で購入!高配当で株主想いの優良銘柄

米中貿易摩擦が解消されるまでは地味な値動きを続けていくことは予想できます。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 その結果、景気敏感株には、PER(株価収益率)や配当利回りなどの株価指標で見て、割安な銘柄が増えています。 まとめ 世界一のタイヤメーカーであり、製品に信頼のあるブリヂストン。 スポンサーリンク - - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 そして自社株買いも手元にお金が入ってくるわけではありませんが、株価の上昇として株式価値を上げてくれます。 日本から中国へ日用雑貨を輸出している企業はターゲットとなりにくかったのですが、自動車は目立つため、バッシングの対象となったのです。

Next

ブリヂストン(5108)が好決算と自社株買いで上がってる今、買い増したいけどお金がない(^^;)

自社株買いに積極的• もうみなさんが知っている巨大企業ですね。 本日の日経平均・TOPIXは、少しだけ値を下げて終了しましたね。 8%、横浜ゴムは3. 業績が配当を維持できなくなるほど大きく悪化することはないと考えています。 10年前と比べると、日経平均を遥かに上回るペースで株価が上昇してきたことが分かります。 ブリヂストンは世界一のタイヤメーカー ブリヂストンは世界一のタイヤメーカーです。 以来の買いたい銘柄ですね笑 は諸事情により私は一旦売却しましたが笑 出来れば配当もいいので3,000円台で買いたいですけど4,000円でしっかり反発すれば買って良いタイミングかなっと個人的には思います。 2019年の予想EPS(1株あたり利益)は過去最高更新予想なので、株価も過去最高になってもおかしくはないんですけどね。

Next

【2019年版】5108ブリヂストン(高配当株)~タイヤの王者・株主還元に積極的~

海外で生産拠点拡張。 マザーズ・JASDAQに関しては、マザーズが少し値を下げてJASDAQは小幅高で終了しましたね。 株としてみれば、普通のお値段ですね。 7% 7. ちなみに2位はミシュランです。 【2】ブリヂストンの方がトヨタより、新車販売変動の影響が小さい 自動車販売には好不況の波があり、トヨタの利益はその影響を受けて大きく変動します。

Next

ブリヂストンは自社株買いと消却など好感され戻り高値を更新

内燃機関を製造するための部品技術で優位にある、日本の自動車産業全体にマイナスとなります。 ここではブリヂストンの事業内容についてご紹介していきます。 世界中の幅広いメーカーで使用されるタイヤであるため、日本車のようにターゲットとはなりにくいと考えられます。 ブリヂストンのテクニカル分析 ここではブリヂストンは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。 【1】ブリヂストンの方がトヨタより、貿易戦争の悪影響を受けにくい 日本車にとって最も重要な市場である米国で、トランプ大統領が保護貿易主義を前面に出していることが、日本の自動車メーカーにとって重大なリスクとなっています。 関連記事: 関連記事: 株主想いのブリヂストン 自社株の消却によりEPSは過去最高! ブリヂストンは米中貿易摩擦の影響と、子会社の会計基準をIFRSにした影響で利益が落ち込んでいて、それを受けて現在株価も低迷しています。 まとめ 今回はファンダメンタルとテクニカル両面からブリヂストンの今後の株価推移を分析してきました。

Next