尽力 使い方。 「尽力(じんりょく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

尽力いたしますの意味や類語は?使い方や例文と一緒に使える文言も

そのため、「全力で頑張ります!」というような場合には「尽力」が適切です。 「添」は「加える」「足す」という意味なので、「力添え」は助けるといったイメージになります。 たまに耳にする「尽力」という言葉。 目上の人に何かをお願いするときや、その後のお礼を伝えるときの敬語表現として使用してみましょう。 「尽力いたします」という言葉は、「一生懸命に頑張ります」という意味で、前向きに努力をするといったニュアンスが込められる言葉です。 例文 このプロジェクトを成功させるためには〇〇様のご助力が必要不可欠です。 「難しい要望ですが、できる限りの対応はさせていただきます」というニュアンスで「尽力させていただきます」を使う人は少なくありません。

Next

「尽力いたします」の意味と使い方・類語・読み方・敬語・例文

相手を敬う気持ちや丁寧に接する態度を込めたうえで仕事への意欲や、感謝の気持ちを伝えることができることができるため、人間関係を良好に保つだけでなく、仕事を円滑に進めることなど、たくさんのことに役立つ表現と言われています。 ㋑「する」の丁寧語。 そのため、「全力で頑張ります」という言葉は、「尽力いたします」の類語であると言われています。 読み方は「じんりょく」 「尽力」は「じんりょく」と読みます。 「ご尽力いただき」という言葉を使ったことはありますか。

Next

手助けや努力を表す「尽力」の使い方と例文 「精進」などとの違い

。 そのため、「ご尽力いただけませんか」という表現は不適切です。 働いて学資を得て、苦労しながら懸命に勉強すること。 手紙 ご尽力いただきありがとうございます 例文「この度は、ご尽力いただきありがとうございます」 最もシンプルな使い方です。 後には使うことはできません。 応援をするという意味の「支援」に、丁寧語の「ご」をつけて、 相手が自分を応援してくれたということを表す言葉です。

Next

「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選

ですから、「尽力いたします」は、「尽力する」ことを謙って表現した言葉だと言えそうです。 「尽力」と「注力」の使い方の違い 「尽力」と似た言葉には「注力」もあります。 「力添えできずに申し訳ありません」「力添えさせていただきます」などは誤用です。 「尽」という漢字が持つ意味は、「全てを出し尽くす」、「全部を費やす」、「尽きてしまう」、「無くなる」といった意味合いがあります。 「尽力」は誰かのために行動する際に使う言葉です。 「ご尽力」が「努力して助けていただくこと」であるのに対し、「お力添え」は「力を貸していただくこと」ですから、「努力して」という意味は含みません。

Next

「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選

「尽力を尽くします!」なんて軽はずみで言ってしまうと恥をかいてしまいます。 I appreciate for making efforts for this negotiation. 努力 大半の「尽力」は「努力」という単語に置き換えることができます。 まずはその読みと意味から紹介します。 「尽力いたします」とすることで、誰かのために力を尽くす・継続して努力するといったニュアンスも加わり、好印象につながります。 相手に、「(何かを成し遂げるために)かなりの労力をかけ、助けてくれてありがとうございます」と深く感謝を示したい場合は、「ご尽力」を使うのが良いでしょう。 ビジネスの改まった場で「頑張ります」と言ってしまうと、幼稚で頼りない印象を与えてしまうことがあります。 ぜひ活用して、就活の不安を無くしましょう。

Next

尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

こちらの「ご尽力」には、時間は関係なく、一瞬であってもその人のために力を注いだことであれば使うことができます。 ぜひビジネスの場で活用しましょう。 ・ このプロジェクトが無事終わりを迎えられたのも、皆様のご尽力あってこそでした。 「ご尽力」と言えるほど助けてもらったのか、「お力添え」が適切な程度に助けてもらったのかを、助けてもらった人が判断します。 「四字熟語辞典オンライン」では、「苦学力行」という言葉の意味について、以下の引用のように解説していきます。

Next