親父 の 番屋。 おやじの初体験談義

祖父母と親父の秘密

その夜は怖くて、布団の中で震えてた。 その瞬間に「あー、前の盆にじいちゃんが親父になんか相談してたな、 関係あるんだろうな」と直感して、深く考えずに祖母に「ねえ何話してたの」って聞いたんだ。 その出来事以来、私はとにかく親父のことが気になって 気になって仕方なくなり、その気持ちが段々エスカレートして 親父の体に興味を 持ってしまったのです。 」と店の玄関に鍵をかけ、二人でカブに跨りちょっと離れた山の奥に蕨を取りに行きました。 親父の下半身に目をやると、水色のブリーフにはちんぽの形 がくっきりと浮き出て いました。 フェラしてもらう以外経験ありません。

Next

毛深股

がっちりした筋肉質の身体に、聳え立つみごとな年配の勃起したちんぽは、目が眩むような形と色をしていました。 そんな雑貨屋の親父さんのちんぽを「もっと見たい。 ちんぽにくっつくように近づいた私に良く見えるように、体をこちら向きにしたままちんぽをゆっくり扱いています。 一方、 清次郎の妹美代は、恋仲の軍人と。 ついに、ゆきの方にも火がつき、逆に組み敷かれる。

Next

祖父母と親父の秘密

親父さんは、作業ズボンを膝まで下ろし、褌をゆっくりと解きました。 書き忘れたけど、親父とお袋が離婚したのは、ある日親父が母親に 「自分に嘘はつけない、君を不幸にしたくない。 ガッカリした私は、そのまま登校しましたが気の抜けたような一日でした。 そこには、当時50代後半の中肉ですががっちりした薄い白髪頭の男っぽい親父さんと子供(といっても娘は30代でちょっと精神状態が悪く、季節の変わり目には必ず1ヶ月程入院していましたし息子は20代でしたが仕事が忙しいらしくあまり家にいなかったような気がします。 親父はまったく起きる気配も無く、 イビキをかいて寝ているので、勇気をだしてゆっくりとブリーフを 下ろしてみると、そこには半分皮を被った大きな物がありました。 ご注意下さい。

Next

毛深股

。 240. 中2になっていた私は、友人の家に泊まったり勉強だと称して、夜友人の部屋で遊んだりしても親からは咎められない年齢になっていました。 私は、その勢いに仰天してしまいガタガタと震えていました。 子供心に私は年配の親父さんが好きなんだ。 女日照りの親父さんは暫く出していなかったのでしょう。 ただ、娘が七歳の時に高所から落ちて頭を打って死んでしまった。 親父さんは、「ああああーっ」と言いながら腰を浮かしてきました。

Next

ガチムチ親父

その時の状況がまた妙で、三階にある五畳ぐらいの 部屋のど真ん中でまんま土下座のような体制で死んでたらしい。 その体験以来はオナニーか男のフェラでしか射精出来なくなりました。 249. 私は、理性を失ったように、親父の傍へ行き、そっとブリーフの上から撫 でてみました。 いやし神成 店主 神成 葵天 ご利用上の禁止事項! 1. ただ、三階で供養してた真っ最中に部屋の外の階段で足音がしたのは皆聞いてビビってた。 」だのと大人たちは噂していたようです。

Next

親父の訪ね人

216. 中学生になった頃でした。 山奥の人気のない場所という余裕からか、親父さんは私に「太かろうが、大人のちんぽはこげんなってるんゾ」と、握ったちんぽをゆらゆら揺すったりぶるんぶるん扱いたりしていました。 179. その後暫くの間、親父さんは私が近づいても避けるようになり、私はてっきり嫌われたと思い、無理に近づくのをやめました。 PREVIOUS NEX [PR]. 帰り道、親父の家まで200mくらい手前の公園で、当時流行ってた親父狩りに遭った。 でも月に1回は親父と遊んでいた。 噂では、「親父さんが好きもので、女に片っ端から手を出して奥さんが入院した。 」「触ってみたい。

Next

おやじの初体験談義

我慢できなくなった私は、 「おいちゃん、しゃぶらせて。 141 フンドシも解除して欲しいです。 薬物使用者・泥酔者等のご利用はお断り致しております。 (発覚した際は以後のご利用をお断りいたします。 「玉割り人ゆき 西の廓夕月楼」から坂口徹。

Next

番屋 七隈本店 (ばんや/裏番屋)

少し休憩した後、親父さんが「ちょっと小便してくる。 親父の体(その壱) 初めまして。 」と誉めてくれました。 今夜部屋に忍び込んでちんぽを咥えてやろうと思ったからです。 その夜いつものように雑貨屋に買い物に行くと、親父さんは一人で風呂に入っていました。 148. 夜12:00過ぎに私は、傘をさして雑貨屋の裏口に来ました。 179. 222. 母親が、俺の成人式の前の日に教えてくれたけど 「息子が20才になったら教えてやってくれ」 と約束してたそうで、このときの事を親父に話すと驚いてたけれど、俺が逃げ帰った後のことも話してくれた。

Next