手塚 治虫 ai。 「AI手塚治虫」とクリエイターによる新作「ぱいどん」が講談社のモーニングに掲載決定

“手塚治虫らしさ”をAIが学習、新作漫画「ぱいどん」誕生 「モーニング」に掲載

ネーム作成は漫画家の桐木憲一氏が行ない、キャラ作画はつのがい氏、背景は池原しげと氏が担当した。 綺麗に真正面から描いてるキャラはほとんどありません。 漫画の主人公は、2030年の東京で、進んだ管理社会に背を向ける男・ぱいどん。 手塚治虫の漫画を元データとして、プロット 漫画の基本的な構成要素 とキャラクター原案をAIが自動生成し、その言わば「漫画のタネ」をインスピレーションのソースとして人間がストーリーを練り、ネームを作って漫画を描いた。 予想以上の早さで新作漫画が誕生したことについて「まさに手塚治虫の漫画の中のよう」と目を輝かせた。 この機能拡張はいま、生者だけでなく死者の特徴や感性の復元にまで応用されるようになりました。

Next

AIが手塚治虫の漫画に挑んだら…本当の「働き方改革」が見えてきた(松田 雄馬)

人探しの依頼をされて話しが始まるのですが、どうもこの人探している人物が一癖も二癖もありそうな感じ。 私は、多くの人に「未来に夢を持って欲しい」と思っています。 これを人工知能(AI)で実現することは極めて難しいだろうという。 しかし、その裏では、途方もない人間の努力とツールとしてのAIが親和性を生み、多くの感動を呼んでいます。 さらなる研究と検証が必要にはなりますが、AI技術は私たちクリエイターにとって心強いパートナーになり得るのではないかと期待を寄せています。

Next

『手塚治虫AI』新作漫画の筆を執る|かなった|note

最終的なキャラクターデザインは手塚プロダクションの瀬谷新二氏、漫画家の池原しげと氏、つのがい氏の3人が手がけた。 世界初の試みでしょうし、プロジェクトとしては成功だと思います。 何かしらきっかけを探して、外を歩いたりしますよね。 主人公の哲学者ぱいどんは、世の中の管理社会が嫌いでホームレスをしているのですが、その「 ぱいどん」が事件の謎を解いていくという内容です。 全体で21ページで、冒頭に「2030年 東京」と入ることから「近未来」の話です。 しかし、AIは、常に、着実に進化を続けている。

Next

『手塚治虫AI』新作漫画の筆を執る|かなった|note

シナリオライターさんが生み出すシナリオのバリエーションが少ないという事はどうしても物語の方向性が似通ってしまいがちです。 提供:慶應義塾大学 栗原研究室 栗原教授:映画など、大方の作品はこの13個のパーツで収まっています。 まだ『AIが描いたと呼べるレベルではない』からだ」と述べた。 出来上がった顔画像から、人間がシナリオに沿って服装などをデザインした。 三浦敏宏氏 『モーニング』編集長 「AI手塚治虫」。 絵もストーリーも、かなり古臭いのです。 なぜ、AIを使って手塚治虫さんが描きそうな漫画を制作しようと思ったのか。

Next

手塚治虫×AI 新作マンガの舞台裏|けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本

たとえば、進化型アルファ碁「Master」はプロ棋士相手に60連勝しており、「もはやAIに勝てる棋士はいない」とさえ、言われるまでになっている。 そもそもは、人工知能(AI)を作った会社からの提案だったそうです。 AIは次の一手を考え、最終的に勝ちに導く、最良の指し手を選択すればよい。 あらすじ作り |13のフェーズで手塚治虫らしさを分析 まずはあらすじ作りにどのようにAIを活用したのかを伺いました。 まとめ 今回は、 「AI手塚治虫」が描いた漫画を、読んでみた感想と「AI美空ひばり」との関係についてご紹介しました。

Next

“AI×人間で手塚治虫に挑む”、新作漫画「ぱいどん」が「モーニング」に掲載

だからこそ、今回のAI技術と人間によるコラボレーションは、今後のAI技術と人間がどう向かい合い、付き合っていくかを模索する、非常に価値ある取組みとなりました。 新作漫画「ぱいどん」が掲載された青年漫画誌「モーニング」 「本当なら5年かかる」 締め切りは半年、AIにできることは何か 「もしも今、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう?」 本プロジェクトは、こんな発想から始まった。 またこのほかに、AIが生成したプロットのなかに「主人公が鳥」というものがあったことから、これも手塚作品ぽいと考えて、その設定を「ぱいどん」に取り込んだという。 10年後には人工知能(AI)技術をしっかりとしたツールにして人とAIが共存できるようなものにしてもらいたいですね! 今回の、人工知能(AI)技術に手塚治虫先生の漫画を描くことができるのか、と言う挑戦は、もし手塚治虫先生がご存命ならすごく面白がってたんじゃないかな~って思いました! 「新作漫画はまさに手塚治虫の世界のよう。 その物語の構造やキャラクターをデータ化してAIに分析させ、それを元に、作品のプロットや新キャラクターを創出させたという。 手塚治虫AI「ぱいどん」 前編 感想と考察レビュー! 実は今朝、たまたま「モーニングサテライト」という経済番組でこの漫画のことが紹介されていたので、興味本位で読んてみたのですが…普通に面白くて読みやすく、続きが気になる内容でした。 ですがプロジェクトメンバーである栗原教授の、AIによる創作を研究する程にヒトが如何に高遠なのかをむしろ思い知る、というお話に心が動きました。

Next