鬼 滅 の 刃 ネタバレ 183。 漫画『鬼滅の刃』182話のネタバレと181話おさらい・183話の考察|イツキのアンテナ

鬼滅の刃183話で無限城編が完結!無惨が鳴女を殺して無限城が崩壊する

1 」を獲得。 今後の愈史郎がどのような働きをするのかも見ものですね。 愈史郎の作戦とは? 今週の始まりの方は甘露寺蜜璃の脳内の会話で緊迫した戦いのはずが、面白い内容になってしまっています。 甘露寺はすぐこれを受け入れ、愈史郎から作戦を聞きます。 伊黒さんの右目の能力がシンプルに特殊視覚というのは設定的に結構好みです!! 鬼が変形する時に生じる運動熱 ? を知覚して行動先読みとかできればアドバンテージが取れそう。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。

Next

【鬼滅の刃】183話ネタバレ確定感想&考察、甘露寺可愛いすぎww[→184話]

だが、無惨の圧倒的な力の前でそれができるのか。 「それから脳内に侵入して無惨の支配を外して頭も乗っ取る」 ん!? そんなことできるんだ!凄い!! これにはトンガリも蜜璃さんと同じような反応をしてしまいました。 近距離の攻撃も避け、いける、と思った次の瞬間。 無惨を外に出すことに成功!? 一方、たちと無惨との戦いは続く。 『鬼滅の刃』の アニメ全 26 話と漫画 1 冊を無料で楽しむなら、U-NEXTの31日間無料トライアル体験がおすすめ。 鬼舞辻無惨も堕ちたものだな。 よし・・・いい度胸だ。

Next

【ネタバレ】鬼滅の刃 第183話 鬩ぎ合い|感想・考察・予想

そう思いつつ、次々と変化していく城に翻弄される甘露寺なのでした。 「早く悲鳴嶼来ないかなー」と他の柱に任せようというような発言もしてしまっています。 剣士の技術である程度補えてもこのレベルの戦いではその違いが死活問題になってしまうのかな……。 からの、鳴女を通して愈史郎まで吸収し始めるという超物理的な鬩ぎ合いとなっていました!! チャンスが一転して大ピンチに!!!! 愈史郎の傍で様子を見守っていた名も無き剣士が 「協力する!俺を喰え!それで無惨を倒せるなら…」 と言っていたのが地味にツボでした。 そしてそこでも変わらず攻防が続きます。 炭治郎もまた、突然開く床に落ちそうになりながらも、 ( 絶対に分断されるな!)と何とか踏ん張って戦場にとどまり続けます。 どうにかして、太陽の下へ引き摺り出す必要がありました。

Next

鬼滅の刃 第183話「鬩ぎ合い」感想・考察

無惨のいた床が開きました。 城を上昇させて、地上へ出そうと試みるが、地上へ出すことができるのでしょうか? 炭治郎無惨に一撃をお見舞い 無惨が攻撃をしようと、甘露寺蜜璃の元へ迫っていました。 その時、義勇と伊黒が同時に無惨へ技を放ちました。 その隙にすかさず伊黒が甘露寺を抱えて助ける。 鬼でも味方のケースがあることは珠世さんの件で伝わっていたと思うから、そういう点も相まって話が早かった側面もあると思う。 その威力はまるで多くの刃物を同時に振り回したよう。 無惨や炭治郎たちはまた別の場所へ移されますが、まだ外ではありません。

Next

鬼滅の刃183話のネタバレ&あらすじ!見事な刀投げで睨まれる炭治郎 | 8ラボ(はちらぼ)

鬩ぎ合い その頃無惨は、 鳴女の側に愈史郎がいることに気づいていました。 183話では鳴女の視界と頭を乗っ取ろうと奮闘し無惨と鬩ぎ合いしている。 無惨戦、何となくイケそうな気がしてきました。 ただ、最強・無惨はそう簡単にはいかないことも十分に知っていますが、戦いを妨害することに非常に長けた鳴女という鬼を制圧できたのは大きいです。 人と鬼が織りなす哀しき兄弟の物語が、今、始まる--! 出典: 『鬼滅の刃』前回181話のおさらいまとめ 鬼舞辻無惨は鬼殺隊士たちを殺して喰っていくことで回復をすることができた。 どうにかして鬼殺隊の隊員達を無限城の外に出さないといけない状況。 愈史郎は、珠世の願いを叶えるためとはいえ嫌いな鬼狩りと行動を共にし、最後は珠世の死という最悪の事態を迎えることになってしまいました。

Next

【鬼滅の刃】183話ネタバレ確定感想&考察、甘露寺可愛いすぎww[→184話]

愈史郎 珠世を敬愛する鬼の青年。 伊黒さんと義勇さん良いですよね……。 鬼滅の刃183話:動く無限城に苦戦する甘露寺と炭治郎 どうやら、のようです。 愈史郎の手が徐々に無惨の支配に侵されていきます・・ そこへ、隙をついて水柱の冨岡義勇と蛇柱の伊黒小芭内が攻撃!! 傷つけることはできませんでしたが、鳴女と愈史郎に向いていた無惨の注意を逸らします。 ということは、夜が空けるまで粘れば鬼殺隊の勝利となるわけですが、そんなに長いこと無惨を外に留めることは可能なのでしょうか??そう簡単にはいかないとは思いますが、最強の敵に対して柱たちがどう戦うのか注目したいところです。 そうなってしまったらどう倒すのでしょうか? 愈史郎へのツイッターでの反応 絶妙のタイミングで鳴女の視覚を操り、2人の柱を無惨の元へ送り込む、いい働きをしますね。

Next

鬼滅の刃【最新183話ネタバレ】愈史郎の作戦と攻防

義勇と伊黒の攻撃で無惨の鳴女への意識が薄れ、愈史郎の支配が押し戻す。 鬼舞辻とのバトルがそれならば納得出来る部分もあるんだけれども、本編にて彼らが合流できていない点を見ると? もしかしたら鬼舞辻はさらに多くの鬼を屋敷内に放っているのかもしれない…! で、ここから本編に入るわけだけど…今回はとにかく 「甘露寺ちゃんが可愛い回」だったよねw 鬼滅の刃183話より引用 「甘露寺ちゃんが可愛い回」だったw 鳴女とバトってる時もなんだかんだテンパってた彼女だけれども、今回もまた同じように勘定の起伏がすごいことにw 同じ鬼殺隊の柱でも、冷静なしのぶさんとは対照的だよね〜! とにかくパニックになっている甘露寺の振る舞いは、多くの読者をクスっとさせたに違いないw 【スポンサーリンク】 愈史郎とのやりとりも笑えるw 彼女に関しては、中盤で描かれた愈史郎とのやり取りも良い感じだった。 しかしそんないつも通りの蜜璃さんでもランダムに変化を繰り返す無限城の移動圧でまともに戦闘態勢を取ることもままなりません!! コミカルながらも無惨に恐らくかなりのレベルの恐怖を感じております。 まだ空には月が浮かんでいて、長い戦いになりそうですが次の展開も期待ですね! 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年11月25日になります。 そこで無惨は手のひらを握っただけで鳴女の頭が崩れ殺してしまいます。

Next

【鬼滅の刃】183話のネタバレ微画バレあり【無惨を外に出すことに成功!?】|サブかる

愈史郎「あああああ!!」 無惨 「邪魔だ!!消えろ!!」 愈史郎の隣にいた鬼殺隊員が協力すると申し出て、更には無惨を倒すためなら自分を喰えとまで言うが愈史郎はその言葉を「うるさい黙れ引っ込んでろ!!」と一喝する。 夜明けまで時間稼ぎはできるのか?恐らく、愈史郎が突破口になる事を願いますし、なにか起こしてくれそうな気がします。 一方無惨は、目視はできないものの、鳴女の側に何者か…珠世の鬼がいることに感づき、殺意を向けます。 入った場所と同じであれば産屋敷家の隠れ家なので周りに禰豆子や輝利哉様がいるということはないと思いますが。 ホワホワワーン 出典 : 吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第 183 話 この物言いが本当に愈史郎でなんだか少しほろっときました。

Next