インテレオン対策。 インテレオンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

インテレオンVmax軸デッキ|舞|note

交代しても効果は続く。 耐久が低いことから道具は「きあいのタスキ」が一番おすすめ。 モスノウ+インテレオンのレシピで、「しんかのおこう」を2~3枚入れているレシピをよく見るのですが、しんかのおこうでは進化先しか呼べず、必要なタイミングに引く必要があるため、かみ合わない時が多いと思われます。 バトンもできる。 キョダイマックス個体ならシェルアーマーでも止められない。

Next

インテレオンVmax軸デッキ|舞|note

HP振りはしているが、元々の耐久が低くかなり脆い。 対策方法 水技以外の威力は大した事ないので、水を半減か無効化できるポケモンで受けると良い。 当日のマッチング まずは大会当日のマッチングを書かせていただきます。 変化技 タイプ 命中 解説 みがわり 無 - 相手の変化技の躱しに。 インテレオンの短所 耐久力が低い CSが高い反面、耐久力 HBD の種族値が低めに配分されています。 とどめばり 虫 50 100 この技でとどめをさした時自身の攻撃3段階上昇。 高威力だが命中不安。

Next

インテレオンVmax軸デッキ|舞|note

雨や晴れなら威力150以上の強力な攻撃に。 English Walkthrough Wiki 英語版)• ダイロック ウェザーボール 砂嵐 130 天候:砂嵐 砂嵐下限定。 人気の育成論• 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技00 つるぎのまい - - ノーマル 変化 20 技03 ハイドロポンプ 110 80 みず 特殊 5 技04 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技05 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技06 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技13 きあいだめ - - ノーマル 変化 30 技14 ゆびをふる - - ノーマル 変化 10 技16 たきのぼり 80 100 みず 物理 15 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技33 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技45 だくりゅう 90 85 みず 特殊 10 技58 あくのはどう 80 100 あく 特殊 15 技84 ねっとう 80 100 みず 特殊 15 技85 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技98 アクアブレイク 85 100 みず 物理 10 遺伝. とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退可能。 各種機能• 素早いので怯み20%も活かしやすい。 上記やを無視できるため、スナイパー型には有用か。

Next

インテレオンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

その分スカーフによる奇襲に弱くなるので振りすぎに注意。 一方その性能はきあいだめありきであり、低耐久のこのポケモンで実行するのは難易度が高い。 元々特攻が高く、「げきりゅう」に加え道具や「ダイストリーム」による雨天候もあわせれば、 半減の相手すら押しきれるほどの火力を発揮できる。 雨による水技威力上昇、ダイジェットによる抜き性能向上、ダイアークによる受け崩しなど、習得技とダイマックスとの相性が非常に良い。 インテレオンの育成論一覧 ダイマックス型 技 攻撃対象 割合 回数 シャドーダイブ ドラパルト 性格補正あり A252 86. 自身の耐久強化&味方サポートが可能。

Next

インテレオンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

大会・ランクバトル• 連続で使うと失敗しやすくなる。 きあいだめを使えば、ねらいうち以外の技も高確率で急所に当てるようになるため、水技が通りにくい相手にもダメージを与えることができます。 ダイマックス技考察 ダイマックス技 元にする技 威力 効果 解説 キョダイソゲキ 水技 160 240 相手特性無視 キョダイマックス専用。 悪タイプの特殊技。 パーティ構築• タイプ一致で技を打てることから、 強力な「ハイドロカノン」などの水技に頼りがちですが、水技の効かない特性持ちのポケモン相手には一切の機能を停止してしまいます。 は最大乱数以外耐え。 かなり低威力なので、「いのちのたま」または「ぎんのこな」で火力を上げ、とどめをさせる可能性を増やすのも選択肢となる。

Next

【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策【ソードシールド】

耐久は低いので、弱点のやの技で反撃すれば簡単に倒せるだろう。 キョダイマックス技 変化する技タイプ 解説 キョダイソゲキ みず 相手の特性を無視して攻撃出来る。 また、バトン展開は実質2対3、もしくは1対3でのバトルとなり、バトンエースには必然的に複数体を相手することが求められます。 くろいきり:積んできた相手を止めるときに 【インテレオンの育成論2】壁貼りサポートインテレオン• 相手の『みがわり』状態を貫通する。 【インテレオンの特徴3】驚異の紙耐久 高速高火力のインテレオンですが、その分驚きの紙耐久となっています。 とどめばりやとんぼがえりの追加効果を殺してしまうので注意。

Next