ぴん はげ。 2019年を振り返ってぴんはげ|ベーシストYouTuberのぴんはげ|note

PEOPLE 5週目スペシャル

つまり、その2か所の「半音」がわかればキーがわかるということになりますね!まずは曲のメロディやギターソロ等なんでも良いので 半音を2か所見つけましょう! なんとか見つけたら、ここからはベースの指板上に当てはめるとわかりやすいです。 しかし 習得することが出来るとピック弾き以上の速さで弾くことも可能になりますし、3連のアクセントを付けたいスラップフレーズなどに取り入れることもできるため、スラップが更に楽しくなりますw 記事の中では2プルと合わせた4連のパターンも紹介していますので、高速スラップに興味がある!という人は覗いてみてください。 ハゲは隠してはいないけれども、まっすぐ指摘されたときの上手い対処法なんて持ち合わせていません。 正直ここまで動画を投稿してきて、 動画上げる度にいちいち落ち込んだりしていたらキリがありません笑 次はやったるで!といった軽いノリでやっていくことも大切です、何事も。 DTMソフトと動画編集ソフト ベースの演奏動画を作るためには、音を録音をしたりドラムなどの音を使ったりなどして、音源を作るための専用のDTMソフトというものが必要になります。 なので最初は少し苦労するかもしれませんが自分で頑張ってキーを探した方が良いと僕は思います。

Next

ベーシストYouTuberぴんはげが誕生するまで|ベーシストYouTuberのぴんはげ|note

ではまた次回お会いしましょう!またね!. つまり残された選択肢は 「自分の感性に全てを委ねて見た目がかっちょいいベースをポチる」になるわけです! そして必要な練習などはグーグルさんで調べれば無料で見られるし、なんとぴんはげにSNSで無料で聞くこともできちゃいます!笑 1週間、1ヶ月、1年とベースを楽しんでいると気付いたら自分のベースの特徴や音の傾向を理解しています。 そして中学生になった頃、もちろんドラムを叩ける奴なんて貴重です。 この悲しみと怒りをどこにぶつけて良いやらわかりません。 右手の指先をかなり器用に使わないと出来ないので、習得にはかなりの練習量が必要になります。 あとツイッターでもチラッと言いました、ベーシスト専門のアパレルブランドも立ち上げたいと思っています。

Next

ベーシストYouTuberぴんはげが誕生するまで|ベーシストYouTuberのぴんはげ|note

ここまで読んでくれてありがとうございました!これからも応援よろしくお願いします。 自分たちが聴きたい曲を、好きな時間に再生できるじゃないですか。 そして最初に断言しちゃいますが、 100パーセント自分好みのベースを1本目に買うことは不可能です! 以下にその理由を書いていきます! ベースを弾いたことがない人はベース音がわからない ベース音くらい普段から曲を聴いてるからわかるわ!と思われる人もいるかと思いますが、 音楽CDのベース音と実際に弾いてみると聴こえてくるベース音というものは全く違います! しかもエレキベースという楽器はジャズベ・プレベ・ハムバッカーなど様々な種類によって音が違いますが、ベースを弾いたことがない人はそれらの音の違いは当然わかりません。 狙いにいった動画がぜんっっっぜん伸びなかったり、あまり力いれてない動画がめっちゃ伸びたり。 子供のころに会ったきりの叔母さんとは実に20年ぶり。 ではいってみよう! 1. 正直、YouTuberとして十分食べていけるだけの月給が稼げるのはチャンネル登録者が何万人必要なんだろう?とか、自分がやっていることは正解なのか?とか、去年まではかなり漠然としていました。

Next

PEOPLE 5週目スペシャル

ライブ活動は一切やらず、その代わりネット上に鬼のようにベース演奏動画を発信しまくっている。 石川県人に限定した意味は読み進めるとわかりますので、まずはそこは置いといて、 アナタも「とある石川県人」になりきって一緒にプチ旅行に出かけましょう。 この頃より、主にインターネットで活動をしているアーティスト等のライブサポートやレコーディングにも参加。 ほとんどの人は 「なんだか楽しそうだからやってみたい!」という理由のはずです。 皆さんは2019年はどんな1年になりましたか? 私、ぴんはげの2019年はとても成長を感じられる濃厚な1年となりました。

Next

ベーシストYouTuberぴんはげが誕生するまで|ベーシストYouTuberのぴんはげ|note

そのときハマっていたJanne Da ArcのライブDVDを観た時に、かっけ~ってなって。 海に向かって、今の気持ちを、声の限りに叫びます。 僕はちなみにcubase pro 10というソフトをずっと使っております! そしてYouTuberとは動画を発信する職業なので、もちろん動画編集ソフトも必須です。 ぴんはげさん:僕の感覚だと、YouTubeはライブなんですよ。 主にやることはベース音の録音、動画の編集、YouTubeチャンネルの管理と、その他YouTuberとして活動するためのほとんどの作業をパソコンで行います! 音源制作や動画編集はパソコンに大きな負荷がかかりますので、スペックは妥協せずできるだけハイスペックなものが好ましいです。 1は簡単で、例えば「ド・ソ・ファ・シ・レ・ミ・ド」と不規則に並べるのではなく「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と音が低い順番に並べるというルールです。 ぴんはげさん:僕がベースを始めたきっかけは、ドラムなんです。

Next

ベースのスラップテクニック・練習法まとめ!

僕がこれだけ書くのも、 僕自身がベースってめちゃくちゃ楽しい楽器ということを知っているからなんです! 最初の1本目は何を買ったら良いかわからない・・・という理由でこの最高の娯楽に足を踏み入れるチャンスを潰して欲しくないです。 なので、最後に一言僕から言わせて頂きこの文章を締めくくりたいと思います。 それで、興味を持って、母ちゃんに買ってもらったのがきっかけです。 それでもし気になったら、概要欄からTwitterとかで自分のこと知ってもらうみたいな。 これは恐らく無限ループ。 今年の初めはYouTube登録者1万人くらい、ツイッターのフォロワー数は1000人ちょいでしたが、お陰様でYouTube登録者は6万人、ツイッターは1万5000人と沢山の人に応援して頂くことができました。 いちいち曲を聴いて7音全て聴き取ってキーを調べる・・・そんな面倒なこと誰もしませんwなので、次に簡単にキーがわかる方法をいくつか紹介します! 楽譜がある場合 まずは、めっちゃ簡単な方法です。

Next

この方法はどんな曲のキー(Key)もわかります!ベースを使うとよりわかります!

ブログもYouTubeもやり始めた頃はもちろんお金にならないし、誰にもほとんど見られない時期が半年くらいありまして、その時は生きた心地がしませんでしたねw なんども就職を考えましたが、それでもブログやベース動画の毎日更新を頑張ったり色々頑張っているとある日、 こうして顔芸ベーシストぴんはげが誕生してしまいました ツイッターやYouTubeで皆さん参加型の企画なども積極的に行い、2019年1月には1000人ちょっとだったツイッターのフォロワーさんも、9月現在8000人強、チャンネル登録者数も約4万5千人にまで増えてくれました! しかし今の数字に満足せず、これからも向上心MAXでベーシストとして活動していきたいと思っています。 つまりその曲で使われている7つの音全てわかればキーがわかるということになります。 沖縄発:ハギー 「禿げ」がなまって「はぎー」となりました。 どうもベーシストYouTuberのぴんはげです! 今はYouTubeやその他SNSにベース動画を投稿しつつ、ブログやYouTubeの広告収入で生活しているベーシストYouTuberです! 今回もよく質問される、 「なぜ沢山の楽器の中からベースを選んだの?」 「ベース歴は?」 「どうやってYouTuberになったの?」 という質問にまとめてお答えする形になるように、ぴんはげのこれまでのミュージシャンライフを書いていきたいと思います! ぴんはげの小学生〜中学生時代 僕は小学5年生の時に母親の勧めでドラム教室の体験に行かせてもらい、打楽器の楽しさに惹かれドラムを習い始めました。 ベーシストYouTuberに必要なもの、まとめ いかがでしたか! ざっくりとこれだけあれば ベーシストYouTuber、なれます。 ギターやベースを買う学生がちらほら現れるものの、ドラムができる人がいないからバンドが組めない・・・なので学生の頃にドラムができる人はとても貴重なんですw バンドに誘われてバンドって何?と思いつつも、誘われたこと自体が嬉しくてやってみることに・・・そして、そこでエレキギターとエレキベースという楽器のことを知りました。 スマホでもできるっちゃできますが、限界があります。

Next

ぴんはげを応援する!

またね!. あと、躓いたレベルを弾けるようになる練習法のリンクも準備してありますので、興味がある人は覗いてみてください! 最後に、ベースのスラップテクニックまとめ いかがでしたか? スラップテクニックはまだまだあるので、随時更新中です! しかし今回ご紹介したスラップテクニックを全て出来るならば、相当なスラップテクニックの持ち主だと思いますw 皆さんのスラップライフに少しでも貢献できれば嬉しいです! では今回はこの辺で。 つまり、わずかなリズムのぶれや音のニュアンスの違いはミュージシャンでもない限りわからんのですw 例えば、めちゃくちゃ演奏がヘタクソでも、びっしり衣装決めて自信に満ち溢れた表情で堂々とライブ演奏していると、見ている人が 「上手い・魅力的」と感じます。 写真通り、いや写真以上に美しい彼女の姿にアナタはずっともじもじしっぱなし。 ベーススキルとか音楽理論とか これらはぶっちゃけ優先度は高くないと考えてます! ある程度のベーススキルを持ったミュージシャンの演奏動画は、視聴者の人はベース奏者の上手い、下手を 直感的に感じ取ります。 所違えば、はげも違う。 それでベースの音を追うようになって、ベースを買いました。 皆さんどうですか? あとは著作権を侵害していると収益はほぼ入ってこなくなるので、YouTubeで本格的に活動するためには著作権は絶対に守るべきです。

Next