たか くくる。 「たかをくくる」の語源「鷹を括る」説

たかをくくるの意味!語源と使い方を分かりやすく紹介!

縊死 いし する。 締めくくる。 ・自分を過信して、つかまらないとたかをくくり、警察をなめているとき。 齋藤氏の生産高は過大評価される可能性も過少評価される可能性もある。 しかし、彼らは言う。 周りが諦めてしまうのです。

Next

谷川俊太郎 『たかをくくろうか』

真剣に準備せずに本番に挑んだことから、期待通りの結果を出せずに後悔することがあります。 戦争も同様で、誰かは得をするだろうが、全体としてみれば非合理の塊だ。 高はくくれないが、鷹ならくくれる。 重要な問題に直面したときには、安易に捉えることなく、問題点の本質を把握して、最も効果のあるポイントを突いた対策を企てることが大切であることを表しています。 このため、物事の重要さを認識できずに安易に捉える姿を指して、たかをくくると言います。 てっぺん、行き着くところ、ものごとの頂点といった意味だ。 仕事を進めていく過程で、直面する課題を簡単に解決できると思い込み、たかをくくっていたところ、予想に反して、困難な内容だったために、期待通りの結果を出せずに、お客様に迷惑をかけてしまい、後悔の念に駆られることがあります。

Next

たかをくくるの意味とは?その使い方や例文は?

「たかをくくる」の「くくる」の部分を聞き間違えたことが原因で、誤って使われている言葉のようです。 しかし実際には東電社員から15メートル超の津波の可能性があるという報告を受けていたことが裁判の証言で明らかになっている。 問題を含んだ物事を解決するためには、問題点の本質をしっかりと捉えて、効果のある対策を打たなければ解決に至ることは無いという教訓を表した諺です。 手慣れた作業であっても、甘く観ずに、真摯な考えで取り組む姿勢が自己成長をもたらすのです。 あとの例文では、たかをくくっていたけれど、それを改めようとしています。 高(たか)には数量という意味がある。

Next

谷川俊太郎 『たかをくくろうか』

「あまり彼を軽んじると後々厄介なことになる」「彼女は彼の考えを軽んじている」「物事の本質を軽んじていると思わぬしっぺ返しが来る」などと使います。 邦男は沙織を抱いたままテラスの方へ近づいていった。 物事を軽くみる。 しかしそれでも疑問は解決しない。 この意味での慣用句には「たかが知れている」がある。 人の噂話を慎んで、「人の振り見て我がふり直せ」という教訓は、「噂をすれば影が差す」という言葉に表れています。 同じ発音の別の言葉は日本語にはない。

Next

「たかをくくる」の語源や由来は何?

勝利に結びつく戦略を練るためには、相手の戦力を示す石高を見誤ることなく把握することで、勝利を導く戦法を練ることができたのです。 石高とは、土地からとれる米の量を表したものです。 たかをくくるに似た言葉 たかをくくるというコトバは、色々な場面で使われますので、似た言葉が幾つもあって、それぞれの状況に応じて使い分けされています。 山の頂上が見えているように、ものの見極めや見通しが付いていること。 」というほうの意味で使うことは比較的少ないようですが、正しい意味ですので、忘れないようにしてあげてくださいね。 ここまでは、それぞれの単語の意味の説明として間違ってはいない。

Next

「たかをくくる」の意味とは?類語や使い方も解説(例文あり)

緊張しておしっこが近くなるのではなく、普通にしていても近いのです。 … 乙一『GOTH リストカット事件』 より引用• それを観ていて何か違和感があった。 「高を括る」は、ほとんどが侮るという意味合いを含みます。 これが資本の哲学だ」と書いた。 適度にリラックスして、集中すると・・・勝てるんです。 つまり、人のうわさ話をしていると、当の本人に話の内容を聞かれてしまうことがあるので、慎みなさい、という教訓を表わしています。

Next

【たかをくくる】意味と使い方をわかりやすく解説!【例文あり】

シャレにもならない。 小学生相手だしと、 たかをくくっていたら中学生よりも背の高い子や体格のいい子もチラホラといる! これは練習とはいえ気が抜けないな! 1つ目の例文では、たかをくくることで失敗した!という使い方をしていますね。 真摯な考えは、豊富な人生経験により身に付くものです。 語源が、相手国の石高を「この程度だろうと安易に予測」してしまい、敗戦したことが由来しているため、良い意味では使われない慣用句です。 「多寡を括る」「鷹を括る」はいずれも誤りなので、書き間違いに注意しましょう。 日常生活の中で、全く役に立たずに存在価値のない物事を例えた表現です。

Next

たかをくくるの意味!語源と使い方を分かりやすく紹介!

「私は決断するべく腹をくくりました」などと、自分の覚悟の強さを表したい場面用います。 物事を的確に見極める観察眼は、一朝一夕で身に付くものではありません。 また、ただ単純に、「事前に予測する」という意味で使われることもあります。 「高」である「石高」を重要視せずに、他と一緒にまとめて扱う様を意味します。 「私は自分の方が優れているとたかをくくっていたが、終わってみれば相手の足元にも及ばなかった」• そう考えざるを得ない。 「たかをくくる」行為は、相手の人柄や物事に真摯に向き合わずに、軽視する心理状態が起因になっています。 ただ単に何かを覚悟する、というよりは、考えを重ねて、思いきって覚悟をする、というイメージで使われます。

Next