お気遣いありがとうございます。 「お心遣い」と「お気遣い」の違いは?正しい使い方を例文で解説

「お気遣いありがとうございます」の使い方、メール例文、英語表現を紹介

Q 「わざわざ」は目上の方に失礼ですか? 先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、 その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。 たとえば、メールに「(寒い日が続いておりますので)ご自愛ください」、「(当日は天候が悪い予報ですので)お足元にお気を付けください」などのフレーズを入れたり、面談時に空調が適当か聞いたり、雨の日ならタオルを用意したりするなど、相手のことを想像して心をはたらかせるものが「心遣い」にあたります。 ビジネスシーンで多く使われる言葉として、覚えておくことをおすすめします。 敬語表現にするには、「配慮」に尊敬を表す接頭語「ご」つけて「ご配慮」とします。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉を使ったことがありますか。 何かをもらったときは「お気遣い」よりも、「お心遣い」を使うのがふさわしいです。

Next

「気遣い」の意味と「気配り」との違いについて解説

普段から、取引先の人や職場の上司、お客様などと会話をすることが多いのであれば「お気遣いいただきありがとうございます」だけではなく「お気遣いに感謝申し上げます」を使いこなせると非常に便利です。 ・たくさんの励ましのお言葉をくださり、お気遣いに感謝いたします。 この例文で深い感謝の気持ちを示せるようになれば、目上の人との会話をしやすくなります。 たとえば「昨日風邪で休んでたみたいだけど大丈夫?」「お気遣いありがとうございます。 はい、このコーヒー飲むと眠気が吹っ飛びますよ」と言われた時。 「お気遣い」とよく似た言葉に「お心遣い」がありますが、「お心遣い」は「お気遣い+心、お気遣い以上の言動(物をくれる、役立つアドバイスをくれるなど)」という違いがあります。

Next

「お気遣いありがとうございます」はビジネスで使用可能?使う際の注意点や言い換え表現を紹介

このフレーズは報告書や企画書などのビジネス文書、レポートなどには使えないのが注意点です。 B:ご配慮ありがとうございます。 つまり、感謝の内容を先に相手に示させた状態で、自身は、それに乗っかる形で、感謝の内容を省略して表現しているので失礼。 このような場面で、お礼の気持ちを伝える言葉が「お気遣いありがとうございます」です。 すなわち「配す(配る)」は「遣う(使う)」に比べ、考えを巡らす方向や範囲が広いから、失礼には当らないのかな?と思います。 (こちらこそ)(私) 「とんでもない」という言葉はまだ慣れません。

Next

「お心遣い」と「お気遣い」の違いは? 意味と使い方【メール例文つき】

そのような場面では、メールによって気遣いが示されたため、メールによって返信をしたとしても問題はありません。 「お気遣いありがとう」と「ご配慮ありがとう」この二つの意味を理解して使い分けることは社会人の必須マナーです。 「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、「お心配りをしていただきありがとうございます」や「お気遣いいただきありがとうございます」という言葉に言い換えることができます。 例えば旅行に行った上司からお土産をもらったとします。 不要の場合に、お気遣いはなさらないでくださいと事前に伝えるときもあります。

Next

「お気遣いありがとうございます」とは?意味や使い方をご紹介

厳密な区別はありませんが、基本的に、このような使い分けをしていると思います。 質問者さんが、大量の資料を読む必要がある時、誰かが、「必要なところに線を引いておいたから、そこだけ読めばわかるよ」と教えてくれた時。 「ご心配いただきありがとうございます」をビジネスメールや返信をする時に使用することが可能です。 >ご配慮ありがとうございます A:お帰りのタクシーをご用意いたしました。 ご留意 「」はある事柄を心に留めて、気をつけることです。

Next

「お気遣い」と「お心遣い」の違いは?

普段の会話の中で「ありがとうございます」という言葉が使われているとしたら、誰かが感謝をしていることになります。 ビジネスシーンでは、「ご配慮いただきありがとうございます」という言葉は、上司や先輩に対して感謝の気持ちを伝えるだけではなく、取引先に対して使うことができます。 たとえば、メールに「お世話になっております」、「お忙しいところ」などのフレーズを付け加えたり、面談時にお茶を出したりコート掛けを準備したりするなどが「気遣い」にあたります。 「お」と「ありがとうございます」の意味は分かると思いますから、ここでは「気遣い」の意味を詳しく見ていきましょう。 。 少しだけイメージの違うフレーズになります。

Next

メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

「お気遣いいただきありがとうございます」と伝えている意味はほとんど変わらないです。 周りの人が示してくれた気遣いを当たり前のものだと感じていないことを表現するためにも「お気遣いいただきありがとうございます」を積極的に会話の中で使用していきましょう。 つまり、「お気遣い」「お心遣い」は、相手の気遣いや心遣いに対して使う丁寧表現になります。 「お心遣い」は金品をもらった際のお礼のフレーズとしてもよく使われ、例えば、祝儀・香典・寸志・結婚祝い・餞別など「お金」をもらったときに、「お金を頂き、ありがとうございます」を「お心遣い、ありがとうございます」と言い換えることができます。 あるいは、「眠そうですね。 相手が自分のために骨を折って、資料を作ったり仕事を手伝ってくれた時に使う例です。 ・たくさんの励ましのお言葉をくださり、お気遣いに感謝いたします。

Next