五等分の花嫁 114。 最新ネタバレ『五等分の花嫁』113

【五等分の花嫁】114話ネタバレ!風太郎が四葉に告白して花嫁確定!?

という感じになるのでしょうか。 そこに三玖が現れました。 家族の問題だからいいと言う姉妹に、五月は「でも…」と言いこう続けました。 思い出されるのは第1話冒頭のシーンです。 お前の姉妹たちはみんな良い奴で、すげー奴で、大好きな奴らだ。 その時、階段で五月と会う風太郎。

Next

漫画「五等分の花嫁」114話のネタバレと無料読み放題

そして、 「嫌い 嫌い 嫌い」からの 「好きです」の振り幅があまりに大きく、それまでの緊張感が一気に解放されました。 「フータロー君にあのこと伝えられた?」と一花。 そんな五月が今回果たした役割は,四葉を取り逃がした風太郎が選ばれなかった姉妹に対して「気遣い」をしようとした時に迷わず風太郎が為すべきことを指し示したことです。 二人が京都でした お願い事が何かもわかるかもしれませんね。 上杉さんにはもっと良い人がいるはずです 私なんかで収まってちゃもったいない! という台詞には、そんな彼女の心情が表れていました。 」と複雑な心境を一花さんに吐露していた五月。 それは「彼女を意識したのはあの時から」という言葉と整合性が取れます。

Next

五等分の花嫁115話ネタバレ!四葉対二乃と一花に風太郎がからかわれる?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

そして、 「膨大にある来年1月の仕事を何も考えず年末年始がどうにかしてくれるものとしてスケジュールを組んでいるとツイートしていました」が、この 「膨大にある来年1月の仕事」というのが凄く気になっています。 風太郎のこの表情が気になる また四葉が温泉旅行で鐘キスをした動機が全くわかりません。 更に 因果を感じるのは,• 四葉は顔を真っ赤にして逃げ出します。 ヤバい。 風太郎はただ一人,自分の選んだ子のいる部屋に行く。 上杉は「ふっサンキュー一花先生・・・」と言うと、 もう少しでマスターできる気がすると思います。

Next

漫画「五等分の花嫁」114話のネタバレと無料読み放題

どうやら自分のいる予定だった保健室にスマホを置き忘れてしまっていたようです。 そんな彼女とともに支え合っていきたいと考えている。 「憧れ」や「信頼」の延長線上にある感情として五月は郎に「恋心」を抱いていた。 その事実が意味するところは当然2人とも理解し合っているわけですが、この最終局面でワンクッション挿むやり取りを繰り広げているあたりもまた 「この2人」らしさですよね。 来る春を迎えた時、彼と彼女たちがそこにあった思い出を笑いながら語り合えていたらいいなと。 一花は、 今の上杉はまだ誰のものでもないのか、と思います。

Next

五等分の花嫁114話ネタバレ 四葉が選ばれ…

宿題を見てくれるのがうれしいと笑顔を見せたこと。 そして、最後まで何をするのか分からないオーラを放っており、存在自体が究極のミスリードだった五月がいたからこそ、花嫁考察がここまで盛り上がったんだと思います。 そして風太郎が四葉らの家庭教師なって,今の五姉妹との絆を作り上げられたのは,6年前に京都で 「自分の目標と努力の道筋」を四葉が教えてくれたことがきっかけになっていること。 その意味において、二乃の主張は少し強過ぎる物言いな気がしなくもない。 ハッキリ言って「立つ瀬」がない。 思わず告げてしまった本当の気持ち。

Next

最新ネタバレ『五等分の花嫁』113

最高の告白であった。 これも風太郎にとっては大きな出来事だったんだな。 ー『五等分の花嫁』114話より この 「嫌い」というシーンで一度ページをめくる手を止め、この後四葉が何て言うのかとドキドキしていました。 結局五月と四葉のどちらが花嫁なのかは最後までわかりません。 二人の間にあった特別な時間、このことが明らかにならないまま付き合うという流れになるのは不自然です。 そんな想いを抱くに至った相手が、実は6年前「誰かに必要とされること」を互いに誓い合った相手でもあったなんて、もうそれは "運命"としか言いようがないのですから。 となると、行く行くはアスリートの道に進んだり、あるいは指導側に回ったり... あの日の約束を守って今日まで至った彼と何も果たせなかった私とでは釣り合いが取れてない。

Next