エクセル 表 から 抽出。 横長の表からデータを取り出すには?HLOOKUP関数で繰り返しのデータを簡単入力

エクセルINDEX関数とMATCH関数を使ってデータを抽出(取り出す)方法

HLOOKUP関数は、「検索値」に入力された値を「範囲」の中から探し出し、検索値に対応する範囲の行数のデータを表示させることができます。 VLOOKUPにはできない検索、抽出ができます。 Column 1 Then Worksheets "Sheet2". その表から「特定の値に対応するデータを取り出す」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは「 VLOOKUP(ブイ・ルックアップ)関数」だと思います。 SUMIFS関数では、はじめに合計する範囲を指定し、次に、1つ目の検索範囲と検索条件、2つ目の検索範囲と検索条件、と指定します。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! INDEX関数 =INDEX 配列 , 行番号, 列番号) INDEX関数では 行番号と列番号を指定し、その交差する値を返します。 引数「検査範囲」には見出し行を除いたI3~I6を指定する。

Next

VLOOKUP関数 別表を参照してデータを表示する

こんな感じの表ですね。 (画像をクリックすると拡大表示します) 指定した値を検索するMATCH関数 MATCH関数は指定したセル範囲から、指定した値が先頭から何番目にあるかを検索し、数値を返す関数である。 その数値をINDEX関数の行または列に指定すれば、目的のデータを検索して抽出できる。 編集可能になりますので Shift+Ctrlキーを押しながらEnterキーで確定します。 重複レコードの削除について Excel2007以降には、[データ]タブに[重複の削除]というコマンドがあります。 該当データが抽出された状態でデータ範囲をそのままコピーし、新規シートに貼り付けます。

Next

エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!|エクセルドクター

2 sheet2にへ氏名のB列を除いて、全く同じ様式を複写します。 同様に、横の見出しから条件の位置を探す式は「MATCH C11,C4:E4,0 」となります。 Cells iRowNo, 2. 0 このような感じです。 作成されたテーブルのコードの数字の上で右クリックし「グループ化」で表示されるダイアログで先頭の値に欄に「101」、末尾の値に「399」、単位を「100」にしてOKします。 この機会に、ぜひマスターしてください。 検索条件 検索条件は以下の3つとし、3つの条件に合うデータを抽出します。

Next

一覧の中から一致するデータを取り出す方法(INDEX関数,MATCH関数) Excel_01

次は、科目から世界史の位置を求めてみましょう。 作業用のシート1と参照用のシート2があり、 シート1のA列には あおき あべ いぐち いはら などと文字列 名前 が入力されています。 セルH2に「1月29日」、セルH3に「名古屋」という2つの値を指定すると、セルH5に担当者として「加藤」が抽出されるようにします。 但し、Sheet2 のセル B1 に「組」を入力して措く必要が有ります。 こんばんは! 関数でも可能です。 一応、各コードの動きに解説もつけておきました。 [OK]ボタンをクリックします。

Next

一覧の中から一致するデータを取り出す方法(INDEX関数,MATCH関数) Excel_01

シートも同名にて名前をつけてみました。 元の表を編集するので、自動的に反映されるように関数で作成したいと思っています。 クリックすると、下の画面が出てくるので [フィルター]をクリック。 Range "A1". 検査値に「検索する値が入力されているセルC11」、検査範囲に「検査値を検索する範囲(条件が入力されているセル範囲)」を指定しています。 ここではMATCH関数の結果をVLOOKUP関数の引数に利用したいので、引数[ 検査範囲]には「A2:E2」と指定しています。 Excelで作成した下のようなデータ表があります。

Next

集計表から抽出・集計DSUM 関数 DSUM関数の使い方

このMATCH関数とINDEX関数の組み合わせ術を上手に使って、仕事の効率化を図ってみてください! 【関連記事】 検索したデータに該当した行の指定列からデータを取り出したい場合、「」を、条件を満たす複数のデータを表から取り出したい場合は「」を参考にしてください。 よろしくお願い致します。 完全一致にて指定するには、に下図のように『 FALSE 』と入力いたします。 [リスト範囲]は、自動で範囲が設定されていると思います。 左側に数字などの条件を入力し、右側の場所をクリックして、 抽出の条件を設定します。 検索方法は、決められた値の中から選ぶ形なので「0」を指定しています。

Next

一覧の中から一致するデータを取り出す方法(INDEX関数,MATCH関数) Excel_01

<条件> ・担当 山田のもの ・6月2日以前(このデータでは1日と2日) ・配達チェックが済でないもの(空白です) この条件を満たすものをsheet2に抽出したいのです。 今回の例では、セルB3〜G4に「範囲」となる表が入力されています。 クリア 現在のデータ範囲に適用されているフィルターと並べ替え状態を解除します。 使用した表と実行結果は画像の通りです。 一応、各コードの動きに解説もつけておきました。

Next

「Excelの便利機能活用術」INDEX関数とMATCH関数で表からデータを検索して抽出する|NECネクサソリューションズ

休みの日の記号は常に【X】です。 Cells cl. 前者から後者の形式に関数で表を構築替えも難しい。 オートフィルター機能の説明 今回は下のデータでフィルター機能を説明します。 5 名前のドロップダウンメニューから「定義」を選択します。 ブロンズの条件は「10,000円以内」なので以下の指定となります。 そして、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。 例えば、[データ抽出]シートに表示したい場合は、[データ抽出]シートに切り替えて、[データ]タブの[詳細設定]をクリックします。

Next