相模原 殺傷 事件 tbs。 殺人実行者との対話 記者として、 障害児の父として(前編)|ニュースが少しスキになるノート from TBS|note

【音声配信】特集「相模原の障害者殺傷事件をきっかけに考える〜障害者施設の現状と課題」長友祐三×渡邉琢×荻上チキ(「TBSラジオ「荻上チキ・Session

法廷でも被害者名が明かされない可能性が出たことについて、関係者(被害者の家族・障害者団体など)の意見は「遺族や家族の要望を重視するのは当然」という肯定的なものや、「障害者であることを理由に特別扱いするなら差別だ」という否定的なものなどに分かれている。 『相模原事件とヘイトクライム』、2016年11月3日。 筆者が取材したことのある場所をはじめ、事例は枚挙にいとまがありません 「役に立たない」「生きていても仕方ない」という植松被告のような決めつけに対して、「こんなふうにみんな生きているよ、暮らしていけるんだよ」ということを示し、広げていくことです。 何度も「障害がなければいいな」と思ったことはあります。 事件後に施設内で刃物2本が発見され、Uは別の刃物3本を持って津久井署へ出頭した。 2016年7月29日. 警報システムや警備会社が提供する常時監視サービス、を防止できる入退室管理システムなどを導入していれば、被害の拡大を防ぐことができたと指摘もある。

Next

【相模原45人殺傷公判】被告元交際女性が出廷 自分勝手で目立ちたがり「俺がやる」と殺害示唆

2017年1月26日閲覧。 「私は未熟で容姿もこのように歪なので、すぐに人を不快な気持ちにさせてしまいます。 2017年7月18日閲覧。 2016年11月21日. 息子は 重い障害があります。 2020年3月16日閲覧。 この被告人質問の最後の方で、恐らく傍聴人は驚いたと思うが、植松被告はイルミナティカードで日本滅亡の預言を把握し、自分が救世主との啓示も受けたとの主張を行ったのが、その話に突然、「闇金ウシジマくん」の話が飛び出した。

Next

相模原障害者施設殺傷事件

しかし、面会を重ねるにつれて、その考えは変わった。 の2020年3月16日時点におけるアーカイブ。 2人目の証人として、事件当日、植松被告が園の近くに車を止めた際、その付近の住宅に住んでいた男性が証言台に立った。 Uはとの尿検査には応じたが、大麻使用の尿検査を拒否したため 、した結果 、大麻の陽性反応が出た。 報道ドキュメンタリー『SCRATCH 線を引く人たち』は、RKB(北部九州)とTBS(関東)で12月29日の夜に放送することが決まっていた。

Next

相模原障害者施設殺傷事件

事件発生当時から、私は単身赴任で東京で暮らしていたが、事件の現場に行くことは避けていた。 の2020年3月16日時点におけるアーカイブ。 「周りに迷惑をかけたくないから」「生産性がない」… 自分や他人の存在を1つの価値観で否定してしまう、そんな言葉もあふれています。 植松被告のノート「新日本秩序」に書かれた7項目(筆者撮影) さて、その1日がかりの審理内容を細かく報告する余裕はないので、ここで気のついた箇所を紹介しておこう。 毎日新聞 毎日新聞社. 2016年7月27日. 本稿はその記録である。 の2020年3月31日時点におけるアーカイブ。 2019年4月24日閲覧。

Next

「相模原障害者殺傷事件 ~植松聖被告との面会取材~」|ニュースが少しスキになるノート from TBS|note

の2017年6月23日時点におけるアーカイブ。 パネリストとして呼ばれたメンバーに、私も保坂さんもいた。 2017年6月28日閲覧。 説明はなく、気味の悪さが先に立つ。 19人の方々を知る人たちが語ってくださった思い出のかけらを集めて、 確かに生きてきた「19のいのち」の証しを、 少しずつここに刻んでいきたいと思っています。

Next

相模原殺傷事件を機に出版。書籍「障害を持つ息子へ」

2017年4月27日閲覧。 様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。 事件の背景には「社会に潜在する障害者への差別意識」があり、もともと社会からの風当たりが強い障害者施設で、さらに職員による障害者の管理が厳しくなれば、「みんな障害者を邪魔に思っているんだ。 命の価値とはなに…. 私は、直接うかがってみたいと思うようになりました。 この本には自閉症のことがとても詳しく書いてあり、とても勉強になりました。

Next