ご査収のほどよろしくお願いいたします。。 間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご査収の使い方について

・ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 以下でいくつか例文をご紹介していきます。 中身を確認したことが分かるようにする 「ご査収ください」とされたメールには、添付された資料を確認したことが分かるような返信をするのがポイントです。 もっと丁寧に表現するならば、「拝読いたしました。 結納での場面や、お土産などを手渡しする際に「持って帰ってください」という意味でも使います。 メールや書類などの書き言葉で使われています。

Next

「よろしくご査収ください」の意味と使い方・敬語・ビジネス

たとえば、「御見積書を添付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 」 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 かみ砕いてみると、「ご査収」の「査」は調べる・理解するという意味、「収」は受け取る・収めるという意味です。 以上がコメントです。

Next

見積書送付時の送付状・メール文例

「ご査収」のその他の類語 ご検収 「ご検収」は <ごけんしゅう>と読みます。 また、送金した時に確認のメールを送る時にも使われます。 ご提案書をお送りいたしますので、ご査収ください。 また、「ご確認いただけますと幸いです」や、「ご一読くださいますようお願いいたします」も同様の意味になります。 ちなみに、「ご査収」は相手がその書類をまだ見ていない時に使うものなので、いちど見てもらって何らかの箇所を修正し再度見てもらう時には、「ご確認ください」などとするほうが自然です。

Next

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご査収お願いします• 」でも十分です。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 『よく調べて受け取る』という意味を把握して、「ご査収のほどよろしくお願い致します」を正しく使いましょう。 (5)「ご笑納」 相手から頼まれたわけではないけれども、おまけや好意によって贈り物をするときに使います。 類義語と併用しない 丁寧に文章を仕上げようとするとき、「何卒」だけでは頼りなく感じてしまって「どうか」「どうぞ」を付け加えていませんか?同じ意味を表す類義語を併用すると文章がくどくなるため、ビジネスシーンでは嫌煙されがちです。 「ご査収くださいますよう」の意味を調べる前に、そもそもこの「査収」の意味が分からないので先に進めません。

Next

「ご確認ください」のメールでの使い方とビジネスにおける例文、類義語

「ご査収の程、よろしくお願い致します」などの形で用いられる。 使い方の例をあげると、 ・査証を免除されました。 中には、添付ファイルのない状態でも、「ご査収ください」というメールを送る人がいますが、これは誤りです。 ご査収ください• 代わりに「ご確認ください」を使います。 折り返し返事させていただきましたのでご査収頂ますよう、お願い致します。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」目上には? さて、先ほどご紹介しました「ご査収ください」「ご査収願います」「ご査収のほどよろしくお願い致します」などの言い方ですが、目上の人に使う場合、どれを使ってもよいのでしょうか。 話し言葉にいいかえると、「よく確認してお受け取りください」といった表現になるかと思います。

Next

新社会人必見!ビジネスメールやFAXでよく使われるご査収の意味とは

」と類語をご紹介しました。 ・心ばかりのものではございますが、お詫びの品をお送りいたしますのでお受け取りいただけますと幸いです。 その時は他の言葉に言い替えて、マンネリ化を防ぎましょう。 」 「ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・「拝啓、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 (確認させてください)以下質問・・・・。

Next

新社会人必見!ビジネスメールやFAXでよく使われるご査収の意味とは

相手への気遣いを忘れないように! 「~してください」は丁寧な言い方ですが、あくまでも命令形になります。 この度、弊社で採用している貴社製品についてクレームが寄せられました。 国語の授業でも二重敬語はだめと教わりますので、やはりこの表現は間違いだと言えるでしょう。 こんな場合は用法に問題があると考え、避けるべきと判断しましょう。 他の人が「査証」を使っていたから、自分も使っていたという人もいます。 ひととおり読むこと」を意味しており、「ご一読ください」と言われた場合は「一度目を通してください」といった意味になります。

Next