デュロテップ mt パッチ。 デュロテップMTパッチ(フェンタニル)-がん性疼痛

麻薬であるデュロテップMTパッチの廃棄方法って?

3 0. 7mg 1日(約24時間)毎に貼り替え ラフェンタテープ 1. その後の貼付用量は患者の症状や状態により適宜増減する。 ラフェンタテープ 麻薬のテープ剤といえば、デュロテップMTパッチ、フェントステープ、ワンデュロパッチなどがある。 薬剤名 影響 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 血中濃度が高くなる 中枢抑制剤 呼吸抑制 フェノチアジン系薬剤 呼吸抑制 ベンゾジアゼピン系化合物 呼吸抑制 バルビツール酸誘導体 呼吸抑制 全身麻酔 呼吸抑制 モノアミン酸化酵素阻害剤 呼吸抑制 三環系抗うつ剤 呼吸抑制 骨格筋弛緩剤 呼吸抑制 鎮静抗ヒスタミン薬 呼吸抑制 エタノール摂取 呼吸抑制 オピオイド薬 呼吸抑制 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 呼吸抑制 リトナビル 呼吸抑制 イトラコナゾール 呼吸抑制 フルコナゾール 呼吸抑制 ボリコナゾール 呼吸抑制 アミオダロン 呼吸抑制 クラリスロマイシン 呼吸抑制 ジルチアゼム 呼吸抑制 フルボキサミン 呼吸抑制 中枢抑制剤 低血圧 フェノチアジン系薬剤 低血圧 ベンゾジアゼピン系化合物 低血圧 バルビツール酸誘導体 低血圧 全身麻酔 低血圧 モノアミン酸化酵素阻害剤 低血圧 三環系抗うつ剤 低血圧 骨格筋弛緩剤 低血圧 鎮静抗ヒスタミン薬 低血圧 エタノール摂取 低血圧 オピオイド薬 低血圧 中枢抑制剤 眩暈 フェノチアジン系薬剤 眩暈 ベンゾジアゼピン系化合物 眩暈 バルビツール酸誘導体 眩暈 全身麻酔 眩暈 モノアミン酸化酵素阻害剤 眩暈 三環系抗うつ剤 眩暈 骨格筋弛緩剤 眩暈 鎮静抗ヒスタミン薬 眩暈 エタノール摂取 眩暈 オピオイド薬 眩暈 中枢抑制剤 口渇 フェノチアジン系薬剤 口渇 ベンゾジアゼピン系化合物 口渇 バルビツール酸誘導体 口渇 全身麻酔 口渇 モノアミン酸化酵素阻害剤 口渇 三環系抗うつ剤 口渇 骨格筋弛緩剤 口渇 鎮静抗ヒスタミン薬 口渇 エタノール摂取 口渇 オピオイド薬 口渇 中枢抑制剤 顕著な鎮静 フェノチアジン系薬剤 顕著な鎮静 ベンゾジアゼピン系化合物 顕著な鎮静 バルビツール酸誘導体 顕著な鎮静 全身麻酔 顕著な鎮静 モノアミン酸化酵素阻害剤 顕著な鎮静 三環系抗うつ剤 顕著な鎮静 骨格筋弛緩剤 顕著な鎮静 鎮静抗ヒスタミン薬 顕著な鎮静 エタノール摂取 顕著な鎮静 オピオイド薬 顕著な鎮静 中枢抑制剤 昏睡 フェノチアジン系薬剤 昏睡 ベンゾジアゼピン系化合物 昏睡 バルビツール酸誘導体 昏睡 全身麻酔 昏睡 モノアミン酸化酵素阻害剤 昏睡 三環系抗うつ剤 昏睡 骨格筋弛緩剤 昏睡 鎮静抗ヒスタミン薬 昏睡 エタノール摂取 昏睡 オピオイド薬 昏睡 セロトニン作用薬 セロトニン症候群 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 セロトニン症候群 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 セロトニン症候群 モノアミン酸化酵素阻害剤 セロトニン症候群 セロトニン作用薬 不安 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 不安 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 不安 モノアミン酸化酵素阻害剤 不安 セロトニン作用薬 焦燥 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 焦燥 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 焦燥 モノアミン酸化酵素阻害剤 焦燥 セロトニン作用薬 興奮 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 興奮 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 興奮 モノアミン酸化酵素阻害剤 興奮 セロトニン作用薬 錯乱 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 錯乱 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 錯乱 モノアミン酸化酵素阻害剤 錯乱 セロトニン作用薬 発熱 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 発熱 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 発熱 モノアミン酸化酵素阻害剤 発熱 セロトニン作用薬 発汗 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 発汗 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 発汗 モノアミン酸化酵素阻害剤 発汗 セロトニン作用薬 頻脈 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 頻脈 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 頻脈 モノアミン酸化酵素阻害剤 頻脈 セロトニン作用薬 振戦 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 振戦 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 振戦 モノアミン酸化酵素阻害剤 振戦 セロトニン作用薬 ミオクローヌス 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 ミオクローヌス セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 ミオクローヌス モノアミン酸化酵素阻害剤 ミオクローヌス 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 リトナビル 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 イトラコナゾール 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 フルコナゾール 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 ボリコナゾール 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 アミオダロン 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 クラリスロマイシン 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 ジルチアゼム 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 フルボキサミン 本剤のAUCの増加・血中半減期の延長 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の血中濃度が低下し治療効果が減弱 リファンピシン類 本剤の血中濃度が低下し治療効果が減弱 カルバマゼピン 本剤の血中濃度が低下し治療効果が減弱 フェノバルビタール 本剤の血中濃度が低下し治療効果が減弱 フェニトイン 本剤の血中濃度が低下し治療効果が減弱 肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 併用薬剤中止後本剤の血中濃度が上昇し重篤な呼吸抑制等の副作用が発現 リファンピシン類 併用薬剤中止後本剤の血中濃度が上昇し重篤な呼吸抑制等の副作用が発現 カルバマゼピン 併用薬剤中止後本剤の血中濃度が上昇し重篤な呼吸抑制等の副作用が発現 フェノバルビタール 併用薬剤中止後本剤の血中濃度が上昇し重篤な呼吸抑制等の副作用が発現 フェニトイン 併用薬剤中止後本剤の血中濃度が上昇し重篤な呼吸抑制等の副作用が発現 持効性オピオイド製剤 この薬をファーストチョイスする理由(2015年8月更新)• 【その他】• 必要に応じ増量可能です。 • 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 事例108• 1mg、*定常状態における推定平均吸収速度12. 肌に貼り3日ごとに交換します。 作用 【働き】 激しい痛みは心身を疲弊させ、平穏な日々を送るのに何よりの障害となります。

Next

デュロテップMTパッチ2.1mgの添付文書

試験 有効率 第I相/前期第II相臨床試験 61. 逆に併用後に中止すると、この薬の作用が増強するおそれがあります。 本剤が他者に付着しないよう注意する 本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診する [海外において、オピオイド貼付剤を使用している患者と他者 特に小児 が同じ寝具で就寝するなど身体が接触した際に、誤って他者に付着し有害事象が発現したとの報告がある]。 事例81• その後の貼付用量は患者の症状や状態により適宜増減する。 通常成人に対し胸部、腹部、上腕部、大腿部等に貼付し、3日毎(約72時間)に貼り替えて使用する。 事例60• 焼却できない場合はゴム手袋を必ず着用し、ライナーを剥がし、粘着面を内側に二つ折りにした後ハサミを用いて切れ目を入れるなどをし、内容物を(ゲル)を放流の上、パッチ本体は通常の医薬品と同様に廃棄する。 また、使用成績調査及び特定使用成績調査において認められていない副作用については頻度不明とした。

Next

当院におけるデュロテップパッチ使用ガイドライン

事例31• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 5~2. オピオイド鎮痛剤が投与されていた患者であることを確認した上で本剤を交付する。 • 【ワンデュロパッチ(1日用)0. 5.保管方法:本剤を子供の手の届かない、高温にならない所に保管する。 1mg、*定常状態における推定平均吸収速度12. 2).増量:鎮痛効果が得られるまで各患者毎に用量調整を行う。 ただし作用の持続時間には個人差があるため、デュロテップMTパッチの場合、48時間毎に交換する場合もあります。 フェンタニル経皮吸収型製剤 1日貼付型製剤;フェンタニルクエン酸塩経皮吸収型製剤を含まない :貼付用量3. 効能 非オピオイド鎮痛剤及び弱オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記における鎮痛(ただし、他のオピオイド鎮痛剤から切り替えて使用する場合に限る。 【食生活】• 呼吸機能障害• ] 肝・腎機能障害のある患者[代謝・排泄が遅延し、副作用があらわれやすくなるおそれがある。

Next

医療用医薬品 : デュロテップ (商品詳細情報)

3〜0. レスキュー薬として坐薬を用いている。 事例95• 本剤の他者への付着に気付いたときは、直ちに剥離し、付着部位を水で洗い流し、異常が認められた場合には受診すること。 事例21• 本剤には、含量の異なる5製剤があり、単位面積あたりの放出速度はいずれも同一である。 184• ある種の薬と飲み合わせると、この薬の代謝が遅れ作用が強まるおそれがあります。 Levron,J. 113• 3.徐脈性不整脈のある患者[徐脈を助長させる恐れがある]。

Next

整形外科医のブログ : デュロテップMTパッチの半量投与法

(50代病院勤務医、一般内科)•。 中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛 但し、他のオピオイド鎮痛剤から切り替えて使用する場合に限る。 その後の貼付用量は患者の症状や状態により適宜増減する デュロテップMTパッチ2. また、乱用や誤用により過量投与や死亡に至る可能性があるので、これらを防止するため観察を十分行う。 おなかの赤ちゃんや生まれてくる赤ちゃんに影響するおそれがあります。 4mg 12. 8.高齢者。 (相互作用) 本剤は、主として肝代謝酵素CYP3A4で代謝される。 胸部、腹部、上腕部、大腿部等に貼付し、3日毎 約72時間 に貼り替えて使用する。

Next

ラフェンタテープとデュロテップMTパッチの違いは?

] 徐脈性不整脈のある患者[徐脈を助長させるおそれがある。 耐薬症状は精神不安などの症状であるが、その中でも、生あくびが非常に特徴的である。 セロトニン作用薬 選択的セロトニン再取り込み阻害剤 SSRI 、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤 SNRI 、モノアミン酸化酵素阻害剤等 [セロトニン症候群 不安、焦燥、興奮、錯乱、発熱、発汗、頻脈、振戦、ミオクローヌス等 が現れる恐れがある 相加的にセロトニン作用が増強する恐れがある ]。 25 2. ライナーは中央部で波状になっており、半分ずつ剥がせます。 とくに持続する鈍痛に効果が高く、一般的な鎮痛薬が効きにくい各種がん痛や慢性疼痛に有効です。

Next