年金 繰り上げ 損益分岐点。 年金繰り上げ繰り下げ受給の損益分岐点を早見表とグラフにしてみた

国民年金の最も有利な受給開始年齢と寿命

年金にはいくつかの種類がありますが、一般的には65歳から亡くなるまで、毎月一定額が受給出来るようになっています。 アーリーリタイアは澱んだ水からの脱却方法の一つです。 何歳から受給するかを自分で決められる 年金の受給開始年齢は原則65歳ですが、受給開始時期をずらすことも可能です。 これより長く生きないと得しません。 それを60才に繰り上げると54万6070円に減り、70才に繰り下げると110万7742円に増える。

Next

繰下げの損益分岐点

8 68歳 630 608 574 528 470 400 325. 現状の繰り下げ受給と同じく、受給を1か月遅らせるごとに受給額が0. 3%)、老齢厚生年金受給権者の0. まとめ シミュレーションするとわかりますが、年金はトンチン保健みたいなものですから、長生きするほどお得になります。 年金額は平成29年度の老齢基礎年金の金額です。 2 39. ただし、66歳から繰下げ受給するということは、65歳から1年間、年金の受給額は「ゼロ」です。 国民年金の最も有利な受給開始年齢と寿命まとめ ・国民年金の受給開始時期は、60〜70歳までの間で任意に決められる ・損益分岐点は、72歳までに亡くなる場合は60歳に繰り上げるのが有利。 5 1. 7 15. 仮に70歳まで繰り下げようと思っていた場合でも、途中で年金をもらい始めようと思ったときに手続きしても構いません。 5%が減額されます。

Next

年金を前倒しで受給するのは損なのか?「16年8ヶ月」の分かれ道

男性の平均寿命は81. 4 2336 2378. 0 14. 692 74歳8ヶ月 68歳 143 6. 4 1136 78歳 1330 1368 1394 1408 1410 1400 1409. 繰り上げ受給 65歳になる前に受給する「繰り上げ受給」の場合は、年金額が1ヶ月に付き0. 0 12. よって、60歳から繰り上げ支給する場合、76歳よりも長生きすると損ということになります。 4%アップします。 2%(=0. 生命保険文化センターが発表した平成28年度「生活保障に関する調査」によれば、老後の最低日常生活費は月額で平均22万円ですから、70歳まで繰り下げ受給して、やっと夫婦が普通の暮らしができるという感じですかね。 5 11. 5年早めて60才から受け取るようにすると、受給額は30%減る。 5 8. 5 2. 33 74歳4ヶ月 67歳 126 7. 年の差夫婦にメリットのある加給年金額は、受給権者が65歳に達するまでは加算されません。

Next

繰下げの損益分岐点

05歳です。 医療費節約• つまり、何歳まで生きられるか考えた場合、何歳から年金を受給したらお得か目安を調べるということですね。 「年金の歴史を振り返ると、『定年』が上がっていくのに合わせて、『年金の受給開始年齢』も引き上げられてきました。 6 34. 32歳です。 0 0. この時、届いた書類に記載された内容に基づいて 自身で請求の手続きをしないと年金を受け取ることはできません。 また、繰下げた年金に「振替加算」や「加給年金」など、繰下げ対象外の年金が含まれる場合、損益分岐点年齢は先に延びることになります。

Next

調べてわかった「損益分岐点」

まさに「大損」です。 早く年金を受給すれば、最初のうちは「得」ですね。 5%減額になる点がデメリットです。 65歳より早く年金を受給することを、「繰り上げ受給」、遅く受給することを「繰り下げ受給」といい、60歳~70歳まで1ヵ月単位で選ぶことができます。 0 35. また、単純な老齢基礎年金だけの繰上げの場合は、上表が当てはまるわけですが、物価・賃金変動率による年金額改定(マクロ経済スライドも含む)の影響があり、微妙に異なってくる可能性もあります。 7 36. ようやく、65歳から年金を受給した場合の額とほぼ同じになります。

Next

国民年金 繰下げ受給で得する人はだれ? [年金] All About

男性は1961年4月1日・女性なら1966年4月1日以前に生まれた人が対象になり、60歳から65歳になるまでに厚生年金の一部を受け取ることができます。 4%、5年繰り下げると42%の増額です。 ただし、上表を見てもわかるように、繰り上げすればするほど年金の増額率はアップしますが、以降に遅らせてもそれ以降年金額は増えません。 2 1401. 夫の生年月日によって金額は変動しますが、26万円~39万円程度です。 ただ、国の老齢年金は「終身年金」であって、生きている限りは支給され続けます。 そこで、繰り下げ請求の手続きについても知っておきましょう。

Next

損益分岐年齢は? 何歳まで生きたら「払った年金」の元が取れるのか (2ページ目)

また、60歳の生存率と平均余命は、男性93%/23. この減額率は生涯続き、一度請求すると取り消しはできません。 5 14. 厚生年金や国民年金をいつから・何歳から受給しはじめるのかは自分で決められますが、一度決めたら生涯にわたって、増減額された金額が支給されることになります。 基礎年金および老齢厚生年金の両方を繰り下げ たとえば、加給年金の権利がある人の場合で、厚生年金を繰り下げることで加給年金を失うことでトータルの年金額がマイナスに作用するなら1のパターンで基礎(国民)年金のみ繰り下げるのもいいでしょう。 これは、 繰下げ受給した老齢基礎年金総額が65歳から受給開始した場合の老齢基礎年金総額と同額になるのに約12年かかる——12年後から支給率アップ分だけ年金額が得になる——ということを意味しています。 。

Next

年金の繰り上げ支給と繰り下げ支給、お得に受給する損益分岐点とは(ファイナンシャルフィールド)

しかし、長生きを想定せず長生きした場合、生活に困窮してしまう可能性があります。 65歳までは、それ以降と比べると、稼げば稼ぐほど『在職老齢年金制度』により年金が減らされる額が大きくなるからです。 繰り下げるときの損益分岐点を知っておく 色づけした部分は、遅らせてもらい始めた年金が、繰り下げせずに原則年齢でもらう場合を上回るタイミング、つまり損益分岐点です。 8%増額で受給して、老齢厚生年金を70歳から42%増額で受給するという方法も取れるということです。 基礎(国民)年金のみ繰り下げ 2. 70才で繰り下げ受給した場合、65才で受給開始した場合と比べ何才以上生きたら得かを表す『損益分岐点』は81才です。

Next