ライバロリ 構築。 【ポケモンUSUM】PJCS2018にて実況者ライバロリ・サントスがダブルバトルの「構築診断」をしてくれるぞ!

【S8使用構築】カバルカカイリュー【最高レート2287】

また、相手のエースがエースバーン、パッチラゴン、ドリュウズ等の物理ポケモンだった場合、先にダイマックスを切ってすかされたとしてもカウンターエースバーンで切り返す勝ち筋が残っているため、 攻め時と感じた際は積極的にダイマックスを切ることを意識していました。 エースバーンで数的有利を取った後に、ミミッキュをストッパーに残し、相手に刺さっているポケモンを出して数的有利を保ちつつ、相手にダイマックスを切らせてから切り返して勝つ選出です。 家族で食卓を囲みながらでもいいしパスタをゆでたりしながらでもいい。 今回は~」 人気 Youtuberならそれぞれ個性的な挨拶の一つや二つは持っているが、僕は特別オリジナルな物を作ろうとは思わない。 シーズン8からは新ポケモンも参戦しまた環境が変わっていくと思いますが、また結果を出せるように頑張りたいと思います! 以下に中級者の方 最高レートが1700〜1900辺り に向けて記事を書いていこうと思います。 。

Next

【S8使用構築】カバルカカイリュー【最高レート2287】

ですがアシレキッスに弱すぎて全然選出出来ず解雇しました。 一方で、ドラパにダイブかげうちとか出来たら勝てたのにって試合もそこそこありました。 小話 その他の動画と云ったカテゴリ。 最後に 拙い文章だと思いますが、読んでいただきありがとうございました。 ドラパルト 特性 すりぬけ 性格 控えめ 持ち物 命の珠 努力値 B4C252S252 技構成 りゅうせいぐん シャドーボール 10まんボルト だいもんじ 絶妙に火力が足りない珠エース。 対電気・水に不安が残るので チョッキ。 他の実況者は毎回儀式のようにを読み上げているようだがそれにわざわざ口を出したりもしない。

Next

ポケモンカードゲーム“第1回ゼクロムHR争奪戦”優勝はライバロリ氏! 優勝者インタビューとリポートをお届け

投稿動画シリーズ• Twitterにハッシュタグ「」を入れてグローバルリンクの画面を添えてツイートすることで参加できる。 をで見ている池沼相手にはこので3タテすることも多かった。 火力のインフレ、相手に初手にを投げることを読まれやすいことからステロより欠伸から入ることの方が多かった。 この「ノーマル統一チーム」の中で、相手のかくとうタイプの技に後出しして戦える唯一のポケモンなのでかなり重要。 対処法は やを駆使して誤魔化すこと。 性格は意地っ張りではなくを1回舞ってしまえば抜ける陽気もあり。 メタモンだけテキトー(笑)ですが、この6匹で実際に対戦していこうと思いますだ!!! ノーマルタイプの攻撃性能 こうかなし:ゴースト いまひとつ:いわ、はがね ノーマルタイプは一貫性の高いゴーストタイプを無効にでき、ほとんどのタイプを等倍で安定して受けることができるので、ノーマルは受けに回ると強い。

Next

とも湯 (ともゆ)とは【ピクシブ百科事典】

影うちの火力が低い代わりに、相手の攻撃を思わぬかたちで耐えたりするので、しっかりとダメージ計算をしてから技を選択する事を心がけた方が勝率が上がります。 これすると初手の投げやすさがかなり変わりました。 その上選出が縛られ窮屈になってしまう。 との相性補完がほぼ完璧な も採用。 ポケモンバトル実況者 ライバロリ氏 繰り返しになるがシールド戦は運の要素が強い。 初手にダルマやを出されとんぼやボルチェンされても出てくる相手をはたきアクジェで殺すことも。 一方でを火傷させて再生連打で完封したり、無知なのボルチェンに交代先ミラコで殺したり、ドリュ相手に読みダイストリーム打って殺したりと結構やれるスペックを持ってました。

Next

とも湯 (ともゆ)とは【ピクシブ百科事典】

デッキ構築の時点で差をつけられれば、プレイイングの実力差を補える。 このパーティーは最速弱保アーマーガアがかなりキツいため悩みましたが、最終日含めてシーズン後半にあまり見かけなかったため仕方なく対策は切っていました。 パーのゴツメ枠で、クッション役。 神速や先制技を駆使して戦う。 をどう強引に突破できるかがポイント。 尚、ライバロリ氏はとも湯氏の動画投稿後、概要欄にとも湯氏のチャンネルURLを記載し、数日後にはサムネイル画像を変更しているので多少の後ろめたさはあったものと見られる。 しかし動画の最後に「これを見た方は穏やかな気持ちで これは草と書き込んでください。

Next

S13使用構築 [最高最終2106 ・ 34位] †命中安定カバルカバンギラスタン†

クロ、トラという2匹の猫を飼っており、捨てられていた子猫を拾った模様。 学会と称しつつも会員制ではなく個人で行っている。 (とも湯氏本人もコメントしており返信が500件に達し返信不可となった) 「コメント欄の穏やかさは友好の証」と発言したにも関わらず、結果的にコメント欄が少々荒れた事で、とも湯氏が本当に憤りを感じていなかったのかは怪しくなった。 ・ ポリゴン2…「しんかのきせき」を持ったポリゴン2の耐久力はかなりのもの。 実況動画を画面にくぎ付けになって見ているものなどもはやもういない。

Next

【ポケモンUSUM】PJCS2018にて実況者ライバロリ・サントスがダブルバトルの「構築診断」をしてくれるぞ!

と合わせて 先制技でゴリ押す動きが強く、対面的な立ち回りをすることが可能。 ムクホークの技とポリポリ(ポリゴンZ&ポリゴン2)の並びが珍しい感じでしょうか。 圧倒的強者に当たってしまったものの、実力差をひっくり返すデッキパワーがあることは1回戦で分かった。 しかし逆転の勢いもそこまで。 最後に 今期は中盤から2ロム上位をキープし続けることができ、自身初の最終2桁を達成出来たため、とても満足しています!切断バグがなくなり、気持ちよく成果を報告できるのが本当にありがたいです。 との相性も抜群で、ボルチェンでサイクルも回せる。

Next