スベクヒャン。 韓国ドラマ《帝王の娘 スベクヒャン》キャスト・あらすじ紹介!放送予定は?

韓国ドラマ

加林(カリム)城の主ペク・カの娘・チェファは、 王の従兄弟のユンと密かに情を通じ子を身籠っていた。 ナウンが死んだとなぜ分かるのだ?」と王様が静かに聞く。 漢水以北を取り戻し大勝を果たして凱旋したミョンノンは、チンムの活躍と多くの兵士たちから慕われたことを武寧王に報告し、チンムは王族の身分を回復した。 「 帝王の娘スベクヒャン 守百香 -概要-BS朝日で放送中!あらすじや全話・相関図を最終回までお届けいたします。 ついに実の父娘として王とソルランが向き合う。 同じとき、キムンでクチョンを診察したという医師から、クチョンに連れ添っていた娘の似顔絵が提供された。 >>> 将徳は過去に起きたいろいろな出来事を思い出していた。

Next

「帝王の娘 スベクヒャン」のあらすじ|韓流No.1 チャンネル

時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。 もちろん継体天皇は百済王の助けは受けていません。 ソルランはペク・カのことをなぜ調べるのかコンオク(王妃付きの女官)に聞かれたとき、「相手を知れば戦に勝てる」とごまかしたんですね。 チンムは、無事に帰った褒美に本当の名前を教えてくれというが、ソルヒは名前を教えない。 imbc. C 2008 KBS Media All rights reserved 『薯童謠 ソドンヨ』 C SBS Productions Inc. へ佐平のことでしょうかね。 6世紀の百済を舞台に、第25代武寧王の娘として実在した人物をモチーフに描いた大型歴史ドラマ。 伽耶(カヤ)の村でソルヒの名を知らない者はなく、ソルヒを見て心を奪われない男はいなかった。

Next

百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69

滅亡の危機にあった百済 5世紀の百済は高句麗の長寿王に都を奪われや王族が殺されました。 王は、トリムに「お前を憎んでいつか父の仇を取ろうと思っていたが、嫌ってはいなかった」と告げ、太子を支えてくれと頼んだ。 そして、「あの産着だけはお渡しください」とソルランに頼む。 ソルラン(スベクヒャン) 百済(ペクチェ)の第25代王 武寧(ムリョン)王とチェファとの悲恋の末に生まれた娘。 ユンは佐平 チャピョン として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。 その歴史愛好家は「継体天皇は百済王のおかげで即位した。 加林城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄・ユンと密かに恋仲となり、彼の子を身ごもっていた。

Next

BS朝日

武寧王を愛し続けることも、忘れることもできず、言葉が話せないクチョンと共に百済(ペクチェ)を離れ、伽耶(カヤ)に隠れる。 そうそう。 ゆえに、王女を廃する」との王命を下す。 昼間から酒を飲まずにはいられないほど、不安でたまらぬ様子。 何度見ても同じセリフ、同じシーンで泣いてしまいました。 関連記事 ・. 事にあたる時は氷のように冷たいが、民にはこの上なく寛大な、名実共に帝王の逸材。

Next

スベクヒャン・帝王の娘(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

ごまかす王女。 ソルランに恋心を抱く太子 ミョンノン役には「著童謡(ソドンヨ)」のチョ・ヒョンジェ。 そして、蓮の灯籠に獏がついているのを見つける。 ドラマ一覧• 瀕死の重傷を負った東城 トンソン 王は、ユンに百済 ペクチェ の将来を託そうとする。 一度はミョンノンと都を離れるつもりでいたが…。 真実を知ったチンムは武寧王に剣を向けて逆上するが、武寧王が幼いころからの自分の肖像画を大切に持っていたことを知り、泣き崩れる。

Next

BS朝日

女官が急に闡庇司に就くなどおかしい。 2008年に公開された映画『ミスにんじん』では、大韓民国映画大賞など4つの映画賞で新人女優賞のタイトルを獲得したソウさん。 ドラマ「帝王の娘スベクヒャン」はこのあたりの時代をモデルにしています。 国と国が生き残りをかけた戦いや外交、かけひきが行われていたのがこの時代です。 韓流ドラマの大半は賛否が分かれる形になるのですが、『帝王の娘スベクヒャン』に関しては好意的な反応が多くなっていますから、韓流ドラマ初心者の方でも気軽にお楽しみいただける作品になります。 加林(カリム)城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。

Next

帝王の娘スベクヒャン:70話〜72話あらすじ

王の娘として生まれた少女・スベクヒャンは自らの出生を知らずに育ちます。 召喚に応じないペク・カに対して、ユンは自ら兵を率いて加林 カリム 城を包囲する。 前半も面白いですが、後半はますますヒートアップして怒涛の展開に。 その頃、ペク・カは東城王に屈辱を受け怒りを募らせる。 ソルランは投獄された者たちを見て、あのとき家族を襲った者たちだと確信する。 ところが、ペク・カの家来クチョンに助けられたチェファは生きていた。

Next