真岡 小学校。 学区/真岡市公式ホームページ

TOPページ

公立小中学校における学校選択制の導入状況 【2012年度】•。 写真は北側の塁上に立つお堂。 真岡の夏祭り• 地名の「真岡(もおか)」の由来は、市街の中心部にあたる「台町」一帯の丘は、かつて、沼や沢で覆われ、水鳥たちの生息地になっていたとか、台地にそびえる松などの木々には、鶴が飛来し、その舞い飛ぶ様があまりにも美しいので人々はいつからか、「ツルの舞う丘」、「舞丘(まいおか)」と呼ぶようになって、舞丘が「もうか」といわれるようになり、「真岡」と書かれるようになったなどともいわれる。 石法寺経由 - - 真岡営業所 - 真岡市役所前 - 石法寺 - 鐺山(こてやま) - JR - - 西原車庫 真岡営業所 - 真岡市役所前 - 芳賀赤十字病院 - 石法寺 - 鐺山 - JR宇都宮駅 - 宇都宮東武 真岡営業所 - 真岡市役所前 - 井頭一万人プール - 石法寺 - 鐺山 - JR宇都宮駅 - 宇都宮東武 井頭一万人プール経由は夏季のみの季節運行。 の知行所も点在。 中郷 0• 本丸北側の土塁。

Next

真岡市立小・中学校学区に関する規則

小学校は平成27年度~平成31年度、中学校は平成24年度~平成27年度のものです。 生徒一人当たり教育費等:公立 【2016年度】• 君島 0• 東郷 0• 上鷺谷 0• 、石島、大根田、阿部品、上大曽の一部 1686番地 物部小学校 物井、横田、大和田、沖、鹿、桑ノ川、高田、反町、水戸部、根小屋、三谷、阿部岡 学校名 通学区域 真岡中学校 台町、並木町一丁目、並木町二丁目、並木町三丁目、並木町四丁目、白布ケ丘、熊倉町 一部を除く。 鬼怒ケ丘 0• 地方都市として小規模な商店街が中心部にある。 熊倉町 0• ガッコムが提供する情報は、すべて公的に利用可能な情報に基づいています。 (旧)真岡町長の出典:『栃木県町村合併誌 第一巻』, p. (いちごバス) - 2019年運行開始。 京泉地区には、用水として使用されている小川が二本、南北に流れているが、これがまるで堀のようにも見える。 中村八幡神社• (アナウンサー)• 谷貝新田 0• 寺久保 0• 特に本丸の西側は二重堀であった可能性が高い。

Next

TOPページ

寺分 0• 南北朝時代には北朝に属した城として春日中将に攻められている。 若旅 0• 本丸の北側には腰曲輪があり、東北部に虎口のような部分を持つ。 尚、公式情報の更新については、トップ画面の情報のみをチェックしています。 事故発生件数 【2009年度】• 栃木県真岡市から絞り込み• 遍照寺入口にある城址碑。 火災発生件数 【2008年度】• 深い空堀や土塁、櫓台、水堀なども残っているが、現在残っている部分は南北にのみ細長く、郭らしい体裁をなしていない。 学年委員会の様子 今年度は学年PTA行事が中止となりました。 道路 [ ]• 反町 0• どうかご注意の上、ご参考までにご利用ください。

Next

TOPページ

特に 区画整理地内の土地の購入・通学区域に2つの小学校・中学校が指定されている場合には、図面等をご持参いただき、 必ずご確認くださるようお願いいたします。 16:14 各学年のスローガンが決まりました ~ 魅力ある学校づくり ~ 真岡小学校は、昨年度より国立教育政策研究所の委託調査事業である「魅力ある学校づくり」の指定を受けています。 戦国期には真岡城の支城であったが、芳賀氏は水谷蟠龍斎と激しく争い、彼によって攻められたりもしている。 昭和8年頃までは二重の堀が残っていたというが、もう古い話である。 交通事故発生件数 【2009年度】• (ピン芸人)• その堀の外側にも土塁がある。 また、詳細な地図へ移動するとルート検索と距離測定機能を活用でき、真岡西小学校と最寄の交通機関(最寄駅やバス停など)の位置関係を事前に把握することも可能です。 西から鬼怒川低地、真岡台地、五行川低地が連なり、低地域では稲作が盛んである。

Next

真岡市(栃木県央エリア)の建売住宅一覧|グランディハウス

なお、学校教育課では、電話による学区の問い合わせにおいては、誤謬を防ぐために必ずファックス番号や郵送等で地図を送付していただいております。 1954年3月に真岡町、、、の一町三村が合併し、同年10月に 真岡市となる。 室町時代:の家臣がこの地方を治める。 宇都宮氏の取りつぶしにより芳賀氏の支配が終わる。 島 0• に東郷陣屋があったという。

Next

真岡小学校(栃木県真岡市)

この支流は城の近くで分流して、この後また本流に合流していることから、城の堀とするためにここまで延長してきたものだと思われる。 もおかぴょん - 脚注 [ ] []• 「芳賀の文化財」の地図を見ると、写真の台地辺りがそうかなと思われるのであるが、はっきりと館跡の場所を確認することはできなかった。 柳林 0• 大谷新町 0• 東郷陣屋は寛政12年(1800)、岸本武大夫就美によって建てられたものである。 2009年9月17日から経由で - を結ぶが運行されているが、現時点では真岡市内は通過となっている。 7ha。

Next