エホバ の 証人 輸血 拒否。 エホバの証人が輸血拒否する本当の理由

輸血拒否した両親・親権停止が男児の命を救った

そして、ひとたびこの命令を医療倫理の根拠と見なすなら、その結論は容易に導かれます。 [26] 四 本件輸血により原告が被った損害はいくらか。 (4)患者の意思決定能力の有無に疑義がある場合には、医師1名以上を含む医療従事者3名により判断する。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• あなたが、あなたらしくなるために。 )に相談をした。 3000ミリリットルの血液は、通常の肝臓の手術で準備される量である。

Next

宗教的理由による輸血拒否に関するガイドライン|京都民医連中央病院

批判 [ ] 他のキリスト教を主とする宗教関係者 [ ]から、エホバの証人の血液に関する主張はである、であるといった批判がある。 統一教会も、オウム真理教も、どのような教義を持っても良いでしょう。 エホバの証人の特徴は、独自に解釈した聖書(新世界訳聖書)と聖書へのあまりにも忠実な信仰や宗教生活が挙げられます。 すなわち、人が信念に基づいて生命を賭しても守るべき価値を認め、その信念に従って行動すること(このような行動は、社会的に優越的な宗教的教義に反する科学的見解を発表すること、未知の世界を求めて冒険をすること、食糧事情の悪い状況下で食糧管理法を遵守することなど枚挙にいとまがない。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 1992年に東大付属病院で起きた事件で、患者の了解を得ないまま、担当医が手術の際に一方的に輸血をおこなった行為をめぐって、民事訴訟で最高裁まで争われました。

Next

エホバの証人輸血拒否事件

しかし、聖書が「肉と共に血を食べてはならない」と命じるのは、血が汚れているからではなく神聖であるからであり、このことについては「あなたは神が清めたものを汚れていると呼んではならない」と聖書にある通りです。 まとめ. 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 二 同行目から20枚目表1行目までの間の各「原告」を「花子」と、各「訴外一郎」を「控訴人一郎」と、「訴外甲野太郎(以下「訴外太郎」という。 実際に経験した輸血拒否の症例 私もある病院で勤務していた頃、輸血を拒否する患者さんを担当したことがありました。 エホバの証人 法人名、ものみの塔聖書冊子協会 は、19世紀末にアメリカで誕生したキリスト教系の宗教団体であり、血を食べてはならないという聖書の記述を根拠に医療現場で輸血を拒否することが、さまざまな国で社会問題になった。

Next

輸血拒否した両親・親権停止が男児の命を救った

[17] 手術に伴う多量の出血などにより患者の生命の危険が現実化し、輸血以外に救命の手段がない事態に至った場合には、医師が自ら手術を開始している以上、先行行為により生じた結果を回避するべき作為義務を負うことになるため、医師が手をこまねいていることは、不作為による自殺幇助の罪、場合によっては不作為による殺人罪に問擬されかねない事態であって、医師に対し、このような現行法秩序において犯罪と評価されるような行為を行わせることを目的とする特約は、公序良俗に反することは明らかである。 女性は救われましたが、彼女は輸血されたことに対してひどくショックを受けてしまいました。 原告は、訴外一郎にエホバの証人の医療機関連絡委員会(エホバの証人の信者によって構成され、必要なときに信者に対し協力的な医師を紹介するなどの活動をしているグループ。 キリスト教とは違い、聖書に基づいた厳しい戒律があるのです。 また、これらの対策を講じていても実際に患者の意思に反して輸血が施行された場合には法的責任は免れず、人格権の侵害として訴訟で敗訴する可能性は残る。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。

Next

エホバの証人輸血拒否に対応 医療系5学会がガイドライン発表 : 社会 : クリスチャントゥデイ

a)患者本人の信仰にかかわらず、親権者が1人でも輸血を希望するときは、輸血を行う。 その上で、もしも輸血をしないことにより命を落としたとしても、病院側の責任は一切問わないという内容の文書を作成し、手渡したのです。 出血量は、2245ミリリットル余りで、低血圧、頻脈、創浮腫が著明となっていた。 本件手術の閉腹操作を完了した時点で、原告には右予想以上の2000ミリリットルを超える出血があり、かつ低血圧からの回復が見られなかった。 信者の子供への輸血を親が拒否する件は、として、程度の年齢では、輸血拒否についての判断能力や自己の宗教観・を確立しているとは考えられず、上同意はと解される [ ]。

Next

輸血拒否

)に署名した上で、医師Bの手術を受けた。 エホバの証人の輸血拒否事件をわかりやすく エホバの証人の輸血拒否事件をわかりやすく解説します。 法の観点からも難しい案件であり、例えば生命を救う目的で輸血を行なったにも関わらず、裁判で敗訴した事例があります。 結局、医療側とエホバの証人は、それぞれがいだく信念の直接衝突を避け、インフォームド・コンセントの枠組みを最大限に利用し、その場面でなされる利用可能な技術の選択という一般的なテーマに輸血拒否の問題を解消させる。 ただし、エホバの証人は普通のステーキを食べますが。

Next