湖 池屋 プライド ポテト。 新生湖池屋の“競合を見ない”戦略とは? (1/2)

バカ売れ!コイケヤ『プライドポテト』「売れない時代に売る」方法(週刊現代)

湖池屋の佐藤社長は、 「ここ10年ほどの間、1袋当たり15円ほど下がっている。 実際食べてみると見ていた以上のボリュームを感じますね。 (昭和33年) - 湖池屋(初代)を設立。 また、塩の味付けは比較的濃いめですが、顔をしかめたくなるような尖ったしょっぱさではなく、出汁の旨味感じるまろやかな味わいに仕上がっています。 日清湖池屋(中国・香港)有限公司 注釈 [ ]• うす塩味って、つまりはじゃがいもと塩だけ。 創業すぐに明太子の販売を始めたが、実に10年間も鳴かず飛ばずだったという。 心地よい食感と素材の味わいを、お楽しみください。

Next

湖池屋「プレミアムポテチ」は何がスゴイのか

既にその成果は目に見える形で表れてきたという。 カラムー超• プレスリリース 2020年2月3日• 湖池屋の主力商品や新商品。 十分な供給体制が整うまでは発売再開はないとのことなので、当面の間は「魅惑の炙り和牛」は、幻の味となるかもしれません。 その第1弾商品が『プライドポテト』です。 それに、そっけない味になってしまって食べた時に物足りなさを感じやすいんですよね。 【2017年2月21日追記】: 2月20日、湖池屋から「松茸香る極みだし塩」に関しても一時休止となることが発表されました。

Next

新生湖池屋の“競合を見ない”戦略とは? (1/2)

じゃがいもの精 PURE POTATO CM出演 [ ] 現在• 今の世の中、すこやかなこころとからだって、切り離せないキーワードだと思うので。 そしてお味の方は…これがまた じゃがいも感がすご過ぎる!新鮮なじゃがいもをそのままいただいてるかのようなお味です。 。 好みにもよりますが、若い人向けの濃いめのポテチ。 話題になった今までのパッケージの良さを引き継ぎながら、新構築しました。

Next

湖池屋プライドポテトが売れすぎで「魅惑の炙り和牛」が一時休止に!でものり塩があれば問題なし!

そうした流れで、昨年の12月に無添加タイプのうす塩味を発売したのですが、お客さまから「こういう商品を待っていた」という声をたくさんいただきました。 車種名の「Supra」自体がラテン語で「上へ」「超えて」等の意味で、英語では湖池屋が本来表記すべきであった「super」に相当する。 しばらく見納めか?プライドポテト「魅惑の炙り和牛」を食す こちらが、一時休止となるプライドポテト「魅惑の炙り和牛」。 今日は、そんな苦境の中、ポテチ界の盟主・カルビーに立ち向かう湖池屋の差別化戦略を紹介します! ポテチの元祖・湖池屋 vs 業界の盟主・カルビー 日本で初めてポテトチップスの量産を始めたのは湖池屋です(1967年)。 そこで特にテレビCMではポテトチップスの会社で、何か新しいことをやってくれそう、と感じてもらえるようにしています。 しばらくは、この「魅惑の炙り和牛」はお目にかかれなくなるので、今コンビニやスーパーで見かけたら結構レアですよ。

Next

湖池屋と小豆島がコラボしたポテトチップス/オリーブ香るポテチです

4月9日には、「チキンラーメンスティック」が発売。 何といっても透明感のあるところが魅力ではないでしょうか? 現在現役の中学生で、テレビCMに出演するのは初めてなんだそうです。 - スコーン(1980年代末期)• (令和元年) - 公式Twitter上にて「SUPERスコーン」を「Supraスコーン」と誤記し、をラインナップに有するがこの誤植に反応した ことで、二社間でのコラボレーションキャンペーンが行われた。 しかし、現在の業界の盟主は言わずと知れたカルビー。 今後の活動をぜひ注目してください。

Next

バカ売れ!コイケヤ『プライドポテト』「売れない時代に売る」方法(週刊現代)

真剣勝負、してみましょう。 」発売。 和牛ならではの濃厚な旨味と炙りの風味をプラスし、黒胡椒のキレが心地よい個性的なポテトチップス。 今回もまた 販売休止なんて事になりかねないので、興味のある方は早めにゲットしてみてください。 さらにCI(コーポレート・アイデンティティ)ロゴマークも一新。 商品のプレミアム化による差別化です。 Twitterでキャンペーンに応募すると抽選で100名に、「湖池屋プライドポテト」シリーズ商品や、「湖池屋特製の樽」、「湖池屋特製の枡」なんかが当たるキャンペーンです。

Next

湖池屋プライドポテトが売れすぎで「魅惑の炙り和牛」が一時休止に!でものり塩があれば問題なし!

湖池屋の主力商品である「ポテトチップス のり塩」や「カラムーチョ」 「単なるフレーバー違いの新商品はなるべく作らない。 GOGO! 湖池屋の差別化戦略は商品のプレミアム化 そこで、湖池屋がとった戦略は差別化戦略。 ポテチ界の元祖・湖池屋でも、盟主・カルビーの前では弱者に甘んじているということです。 大人気を博している「KOIKEYA PRIDE POTATO」が1周年を迎えたことを契機に、「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」を始動させたのだ。 「プライドポテト」の単価は普通のポテトチップスよりも数十円高い。 でも実際には、素材と向き合うというとてもアナログな方法で、まるで手料理のように手をかけて作られていたんです。

Next

「湖池屋 プライドポテト」がきっかけ 老舗メーカーの意識改革 野間和香奈氏(湖池屋)× 彦谷牧子(ジェイアール東日本企画)

「KOIKEYA PRIDE POTATO」の無添加ポテトチップスが後引く味わいなのは、その作り手の気持ちが生産する過程でたっぷり染み込んでいるからなのかもしれません。 2017年2月6日より全国のコンビニエンスストアを皮切りに発売開始されていて、当初の味は以下の3種類となっていました。 残りの 「秘伝濃厚のり塩」と「松茸香る極みだし塩」に生産を集中して、プライドポテトシリーズの安定的な供給を図るためとのこと。 - ポテトチップス• 2016年10月に、グループのであった株式会社が、株式会社湖池屋(初代)を含む事業会社3社を吸収合併して、株式会社湖池屋(2代)に商号変更した。 全体に 「和」を感じるデザインになっていますね。 JAPAN PRIDE POTATO オリーブソルトは、日本各地の特産品を使用して、地域をPRする「ジャパンプライドポテト」の第3弾です。 5玉の背脂豚骨醤油ラーメン」も登場! 湖池屋 ポテトチップスの新シリーズ「KOIKEYA PRIDE POTATO」 2月13日(月) その名も、「プライドポテト」。

Next