きゅうりの栽培。 きゅうりの育て方・植え付け、用土、株間、支柱ネット、追肥や収穫などの栽培管理

きゅうりの収穫期間・栽培期間

接ぎ木苗は病気や害虫にも強く収穫量も圧倒的に多いため初心者だけではなく家庭菜園で育てるならこちらをおすすめします。 スポンサーリンク きゅうりが曲がる原因 では、上記のように正しくきゅうりを栽培しているつもりていても、なぜきゅりが曲がってしまうのでしょうか? 株の老化 まず、一般的にキュウリが曲がる原因として挙げられるのは 株の老化です。 支柱の高さは2m程度、苗より10㎝ほど離して立てます。 キュウリ栽培の特徴 胡瓜は、ウリ科の人気野菜です。 収穫した実よりも下の葉は役目を終えている葉っぱです。 キュウリは短日性で昼の長さが一定より短いと開花が促されます。

Next

家庭菜園でのきゅうりの育て方やコツをご紹介【初心者でも安心】

強健豊作:21~22cm• 2.キュウリの栽培基本(畑・プランター) キュウリの栽培は、種をポットまきして育苗して畑に植え付ける方法と、市販の苗を購入して畑に植え付ける方法があります。 一気にやると、負担がかかるので、1日2~3枚程度におさえます。 見た目はテントウムシの様な感じで見た事ある人も多いはず。 【病気】 ・うどんこ病:葉表面に、薄く白い粉状のカビが発生。 しかし、キュウリは「」が強く、受粉しなくても結実する性質があるため、人工授粉の必要はありません。

Next

キュウリの育て方

石灰や腐葉土(ふようど)、たい肥なども用意し、下記を参考に準備をしましょう。 その後は、長さ20cm〜22cmくらいになったものから収穫します。 葉の色と勢いが良ければ支柱の高さになる頃の実はちゃんと大きくなるので、もったいない気持ちはぐっと抑えて。 5節目以降の子づるは伸ばしますが、つるの伸びはとても早いので、つるの先に葉を2枚残してその上の部分を手で摘み取るか、ハサミで切ります(摘芯)。 5mほどになるのでナスやピーマンに比べてスペースは必要ですがプランターでも栽培できるし、最近は支柱がセットされたプランターもあるので 初心者でも比較的取り組みやすい野菜です。

Next

初心者向け!キュウリの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

しかし、ウリ科作目は、ナス科作目より比較的強靭(きょうじん)で種からの栽培が容易なため、一から全てやってみるのも良いでしょう。 また、春に収穫する「華南型」の「黒イボきゅうり」や、華北型と華南型を掛け合わせた交雑種も流通しています。 11節目(高さ60cm)からは、子づるは葉を2枚残してその先の葉を摘み取ります。 プランターの土はゴミなどを取り除いてから石灰や腐葉土などを混ぜ、大きめのビニールに入れて1週間ほど直射日光で消毒します。 日中は動きが活発なので、気温の低い午前中に成虫を見つけて捕殺します。

Next

キュウリ(きゅうり)の育て方・栽培方法【春植え】

保存する場合は、もう1週間乾燥させて冷蔵庫で保管します。 (参考ページ:) キュウリの追肥の頻度と与える量 キュウリに与える肥料の種類は化成肥料や油かす、または有機配合肥料を与えます。 数が多い時は薬剤の使用も検討します。 なので、キュウリを地這いで栽培したければ、地這いに適した品種をゲットする必要があります。 病害虫対策をします キュウリの栽培で一番大切なのが、病気の早期発見と予防です。

Next

キュウリ(きゅうり)の育て方・栽培方法【春植え】

接木苗 地下で根となる植物(台木)と地上部になる植物(穂木)の茎をつなぎ合わせて(接ぎ木)できた苗です。 こちらも育て方の項目を参考に、使いやすい肥料を定期的に追肥しましょう。 少し複雑ですがここを間違えると期待通りに収穫できないので、売場の専門の人にどこでどうきゅうり栽培をしたいか伝えて、苗選びのアドバイスをもらいましょう。 株の張りが50cm、つるを伸ばして高さが1. 病気は見逃さずに早期発見、広げないことが大事です。 また、実を糸でくくったような形になる「くくれ果・くびれ果」は、低温多湿や高温乾燥、多肥などが原因で起こります。 安価な土は避け、園芸専門店などで売られている安全で品質のよい土を使いましょう。

Next

初心者向け!キュウリの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

合掌型の支柱を立てて栽培すると効率的です。 なので、もちろん放任でもOKなのですが、放任にすると、収穫量が剪定をしたときよりも少なくなってしまいます。 【成長点を止める摘心作業】 2m程になった親づるの先端を摘み取って成長が縦に行くのを止めます。 こんなきゅうりがでてきたら要注意です。 まとめ きゅうり栽培で失敗を避けるためのポイント ・きゅうりの性質をよく知る ・全体の大きさを考え栽培するスペースに合った苗選び ・根付くまでは乾かさないよう注意、根付いてからは乾いたらたっぷり水をやる ・株が充実するまでは実が大きくならないので一番果は摘み取る ・過湿は病気や虫を呼ぶ原因になるので見つけたら早めの対処をする. キュウリの種をまいて栽培する場合は、温度管理が必要となるため、家庭菜園初心者の場合は、市販の接ぎ木苗を購入して栽培することをおすすめします。 畝を東西にすると北側の成長がやや遅れますが、夏場以降は短日性のキュウリにとっては太陽光が遮られるため実なりがよくなります。 キュウリの地這い栽培はこれらの 地這いでの栽培に適した品種を使うことでできる栽培法なのです。

Next

キュウリの育て方

夏から秋にかけて植えるキュウリが地這いが向いている理由は、一つ目は台風対策、二つ目は霜対策です。 開花から7日から8日を目安に大きくなったら収穫する• といっても、多くの葉を一気にむしりとるのではなく、大きな葉、枯れた葉や、古くなった葉を中心に摘葉します。 そうすればまっすぐなきゅうりを成らせることができます。 もくじ• 周りにムギなどのイネ科植物を植えて侵入防壁にし、そこに寄生させる方法も効果があります。 畑栽培では、つるが伸びてきたら合掌式の支柱を立てます。 親づるは、株が大きくなった段階で、手の届く高さでつるの先端を摘芯します。

Next