スバル レ ヴォーグ 新型。 レヴォーグ フルモデルチェンジ情報|2020年アイサイトver4と新型ターボエンジン搭載&予想内容あり

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

名将も感動しっぱなし 2020年後半に発売されるという次期型「レヴォーグ」。 フォレスターではさらにドライバーモニタリング機能を追加。 また、生産性も向上し、日本国内の工場とアメリカの各生産ラインがそれぞれ複数車種を生産する「ブリッジ生産」も容易になっています。 ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ、安心感を表現。 アッパーグリルのノーズ部分が強調されていて現行型と差別化がされてはいるが、 ライト類が減ったので綺羅びやかな部分が損なわれている。

Next

スバル新型レヴォーグ 2020年後半発売確定!! 見逃せない最新情報

スバルとトヨタは資本関係があり既にスバルはトヨタからハイブリッド技術での協力を受けている。 ちなみに現行型の1. さらに スバル以外の国産メーカーでは採用されている パノラミックビューモニターのスバル初採用も期待できると私は予想しています。 従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できる。 5L水平対向ターボエンジン最高出力予想140ps前後。 この4モデルで全体の90. 夜間や歩行者に対応する衝突安全ブレーキや、クルーズコントロールは装備されています。

Next

新型レヴォーグ(2代目)1.8Lターボと新型アイサイト搭載

今日のアテンザ。 この点では次期レヴォーグがコネクティッドサービス導入することで両者肩を並べることになります。 装備ではアイサイトが進化する。 アイサイトの進化はすでに伝えられているが、具体的にはステレオカメラに加えて4つのレーダーによる360度センシングを実現しており、右左折時の歩行者や自転車に対するブレーキ作動や、右直衝突に対するアラートなどにも対応しているという。 330万円~420万円• さらに、スイッチ操作一つでクルマのキャラクターを変更できる「ドライブモードセレクト」をスバル初採用し、従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できるようになっています。 4Lターボエンジン。 新型のカローラツーリングは、走行性能と乗り心地を大幅に向上させたが、ボディも3ナンバーサイズに拡大されている。

Next

スバルの次期レヴォーグを予想する エンジンは新開発1.8ℓ直噴ターボか?|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

ボディサイズ予想・比較 モデル名 全長 全幅 全高 ホイールベース 次期レヴォーグ(予想) 4710 1795 1490 2670 現行レヴォーグ 4690 1780 1490 2650 現行インプレッサ 4475 1775 1480 2670 VIZIV TOURER CONCEPT 4775 1930 1435 2730 マツダ6 アテンザ ワゴン 4805 1840 1480 2750 同じシャシーを共有する現行インプレッサや、2018年発表のコンセプトカーのサイズを参考にしています。 今回は、STIが手がけたGT(グランドツーリング)スポーツ 2モデルとともにその詳細を紹介したい。 0Lに代わって[新開発1. したがって、実際の走行時には、気象、道路における交通の混雑の状態、運転方法に応じて燃料消費率が異なってきます。 2021年頃に発売が予定されている新型WRX S4およびSTIの登場後に、新型レヴォーグにFA24型2. 今の街中には、SUVやクロスオーバーが増えて、現行レヴォーグは少し控え目な印象になった。 5L直4 2. 0STI Sport EyeSight Black Selection】4,050,000円 特別装備 【エクステリア】• 今以上の乗り心地に静音性とハンドリング性能の向上が期待できると思われます。

Next

これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること

メイン市場の北米を軽視するわけにはいかないスバルとしては、2020年、北米で次期WRXをお披露目することになるだろう。 0Lターボ 3,685,000円~ 現行マツダ6 アテンザ ワゴン 2,893,000円~ 現行マツダ6 アテンザ ワゴン ターボ レギュラーガソリン 4,317,500円~ 現行マツダ6 アテンザ ワゴン ディーゼル 3,311,000円〜 価格を総合して考えると、ダウンサイジングターボなら次期レヴォーグがお得かもしれませんね。 2019年の東京モーターショーにて発表されたプロトタイプです。 国内初となるコネクティッドサービスを採用し、万が一の衝突事故時に自動で通報する先進事故自動通報システムを装備。 早くみなさんに乗ってもらいたいですね」。 8L水平対向ターボエンジンが登場! 次期レヴォーグには新開発の1. ワンランク上の、上質でスポーティな走りを期待したい!! 2年後となる2020年に発売することになる。 次期WRXは、2020年4月開催のニューヨーク・モーターショー(New York INTERNATIONAL AUTO SHOW 2020)か、20年に1月から6月に開催時期を移すデトロイト・モーターショーでデビューすることになるだろう。

Next

【掴んだ2020年9月発売予定!!】スバルの「本命」 新型レヴォーグ全情報

2019年暦年の生産・販売実績によると世界販売台数は前年比2. フルモデルチェンジする新型レヴォーグは、以前公開されたコンセプト「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」をベースに、最大熱効率40%超を達成したリーンバーンエンジンや最新のプラットフォームを採用するなど基礎から大幅に変更し、その性能を大きく進化。 米国では2018年11月頃から販売をスタートする。 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 アイサイト・ツーリングアシスト プロモーションムービー 初代スバル レヴォーグの概要 基本スペック サイズ 全長:4,690mm 全幅:1,780mm 全高:1,490mm ホイールベース:2,650mm パワートレイン 1. もちろん、ハイパフォーマンスなレヴォーグのキャラクターに合わせ、その性能も大幅な進化を遂げているはずだ。 STIスポーツ用の[2. 高精度な運転支援を可能とする。 いずれにしろミドルサイズの範囲を逸脱することはない。

Next

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年10月発売

8Lターボのみとなると物足りない。 次期レヴォーグ フルモデルチェンジ!発売日は2020年内? 予想発売時期:2020年9月 予約受注は6月から 2019年にも発売という情報もありましたが、どうやら次世代アイサイトの完成を待って2020年デビューが有力のようです。 フルモデルチェンジに先立ち、レヴォーグのプロトタイプ(試作車)が第46回東京モーターショーに出展されたので、内容を見ていきたい。 4Lターボが搭載される説が濃厚だ。 Contents• パワーユニットは第4世代となる新開発「 1. 何かトラブルが起きた時、援助が必要であれば、ボタン一つでスタッフと繋がり、支援もしてくれる機能も付くので、事故だけでなくカーライフがもっと快適なものになるでしょう。 次期レヴォーグ予想エンジンスペック 現行VA系の2. 新開発のエンジンはBOXERターボエンジンにリーン燃焼技術を加えたものです。

Next

【新型レヴォーグ2020年秋発売!!】準備万端!! 最上級STIがGTに革新をもたらす

リアも塊感たっぷり。 8L 水平対向直噴ターボエンジン 第4世代となる 新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 5L水平対向エンジンを搭載するレヴォーグは1年遅れの 2020年頃登場するとの事。 スバルファンにとっても、受動安全性と走りの質が極めて高いと定評のあるSGPがさらなる進化を遂げ、カリスマ的存在である辰己氏が開発・評価の立場に復帰することは大変な朗報だ。 6L&2Lターボを廃して新開発水平対向4気筒1. 「グロス」はエンジン単体で測定したものであり、「ネット」とはエンジンを車両に搭載した状態とほぼ同条件で測定したものです。 とはいえ、スバルはコンセプトカー詐欺を幾度となく繰り返してきたメーカーなので、このままの姿で登場することはないでしょう。

Next