レヴォーグ プロトタイプ。 これは“超革新”だ! 次期「スバル・レヴォーグ」でわかっていること

スバル レヴォーグプロトタイプ、人生をより良くできるクルマは「きっとある」…東京モーターショー2019

まず、こちらは新型レヴォーグ・プロトタイプ。 現行レヴォーグでは「スポーツ性能は高いけれども、乗り心地がどうしても硬め・・・」というのは実際に感じるところですが、新型レヴォーグ開発責任者の五島氏が言われた「2ランク上の乗り心地を達成している」との言葉が印象的です。 そのヴィジブパフォーマンスコンセプトのエクステリアデザインをご覧ください。 先日発表された、アキュラTLSも新型レヴォーグと同じ、「プレスラインはドアハンドルと同じライン」。 ちなみに今回、インテリアは一切公開されなかった。

Next

スバル新型レヴォーグ プロトタイプの感想と見えてきた最新情報!

8L版が搭載され、グレードは1. でも考えてみるとデメリットや不安も思い浮かびませんか?• 下取り金額と車本体の値引きがあいまいで正確な下取り金額がわからない 複数の買取店に見積もりをとるのも面倒だし手間がかかるのは嫌という方も多いと思います。 加速性能と環境性能を高い次元で両立したとスバルは説明する。 また、新型レヴォーグから新世代のアイサイトを搭載するのも大きなトピックだ。 現代は自動運転化に進んでいるのだが、その中にあってもこれまで同様に「安心と愉しさ」をコンセプトに開発が続けられる。 リア回りはエッジが強調された立体的なデザインに進化。 レヴォーグ フルモデルチェンジ最新情報【2020年6月現在】 新型レヴォーグプロトタイプについては、レヴォーグに興味をお持ちの方はもう十分にご存知だと思いますが、おそらく新型レヴォーグのエクステリアはそれとあまり変わりない形で発売されるのでは?という意見が多いことも事実。

Next

新型レヴォーグのFMC発売日はいつ?ディーラー予約開始時期やグレードごとの価格・値引き予想!

「誰もが自分の意思で、運転をどこまでも愉しめる未来」を追求。 水平対向4気筒1. サスペンションは、前輪がストラット式、後輪がダブルウイッシュボーン式の4輪独立懸架だ。 デザイン部分で個人的に若干変更して欲しい点はあるものの、おそらく発売されるモデルはプロトタイプと大方違いはないと思われます。 新型レヴォーグでは、GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで自動車専用道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現。 フルインナーフレーム構造により、さらなる高剛性ボディを実現したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)との組み合わせで、意のままに操れる時代性と質感の高い走りを実現したとのこと。

Next

新型レヴォーグのプロトタイプのカタログが到着

| ヴィジヴ・パフォーマンスSTIコンセプト以降、スバルのデザインは何かが違う | さて、何かと話題の新型レヴォーグですが、チョコチョコとその姿が目撃されている模様。 ボンネット中央には高性能モデルのアイコンであるエアインテークを配置した。 今回は新型レヴォーグの発売延期等の最新情報と、来年2021年フルモデルチェンジ予定とされている新型WRX S4のフルモデルチェンジ最新情報を紹介します。 さらにはワゴンばかりのスバルのランアップ中においても、ルーフに「後ろ下がり」を採用してクーペフォルムを押し出し、積載性を重視したインプレッサ(レヴォーグよりも小さいが、室内空間は逆に広い)や、アウトドアテイストを押し出したレガシィ・アウトバックとも異なる、「スポーツ」を全面に押し出しているクルマがレヴォーグということになりそう。 今回発表された1. 電動リアゲートの採用、 ルームランプのLED化も実施されると思われ、また全長拡大による 後席居住空間の拡大も想定されます。

Next

新型レヴォーグ降臨! スバルがレヴォーグ・プロトタイプを発表【東京モーターショー2019】|ワゴン|MotorFan[モーターファン]

「昨今ではCASE、MAASと言われるように、電動化、自動運転、コネクト、シェアリング、移動サービスなどといった、これまでのクルマ作りにはなかった、新たな領域への対応が求められています。 ホイールベース:2670mm• つまり、 噂される177馬力説が有力 なのではないかと。 様々な憶測が飛んでいた中で我々の前に現れた新型レヴォーグは、一見あまり変わっていない?と思われたのも束の間、その中身は様々な最新技術が凝縮された個体で、我々の期待に応えるためにスバルが総力をあげて作り上げたモデルと言っても良い、意気込みが感じられたクルマでした。 アンベールされた新型レヴォーグプロトタイプSTI Sport 幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕した「東京オートサロン 2020」(1月10日~12日)。 その一番のポイント電子制御サスペンションとドライブモードセレクトです。

Next

新型レヴォーグのFMC発売日はいつ?ディーラー予約開始時期やグレードごとの価格・値引き予想!

スバル初のドライブモードセレクトを採用したのもトピックスだ。 また、新型レヴォーグSTIスポーツでは「電子制御ダンパー」をスバル初採用し、走り始めから分かる上質な乗り味と、スポーティな走りを高い次元で両立。 3インチデジタルメーター、11. 初代レヴォーグを超えるグランドツーリング性能を持たせることが、次期型の使命だと、開発を牽引した五島 賢(ごしま さとし)プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)は言う。 これはもちろん2代目となる新型レヴォーグの発売に伴うものだ。 車体全体の低重心化も進められることで操舵時の無駄な挙動も防がれ、路面に吸い付くようにまっすぐ走れることで、将来の自動運転走行も見据えた走行性能になっています。 力を発揮したという、20代、30代の若手2人が東京オートサロン会場で紹介された。

Next

新型スバル・レヴォーグが撮影のためか一般道に出現!やはりスバルのデザインは群を抜いている

東京モーターショー2019の目玉のひとつが、スバルのスポーティワゴン、「レヴォーグ プロトタイプ」だろう。 6インチの大型サイズで、STIスポーツはメーターパネルが液晶グラフィックになる見込みです。 スバル360からスバル1000、レオーネ、レガシィと脈々と受け継がれてきたスバルのDNAを継承しつつ、さらなる革新を与える。 こんなにシートが素晴らしいクルマはスバルで初めてじゃないでしょうか。 コロナ禍がいろんなところへ波及していますね。 新型レヴォーグは2019年10月の東京モーターショー、2020年1月の東京オートサロンに参考出品したプロトタイプとほぼ同じデザインで市販化される。

Next

スバル新型レヴォーグが発売延期予定/WRX S4フルモデルチェンジの最新情報2020

新開発のステレオカメラはより画角が広くなったことで、人やクルマなどを広範囲で検知できるようになった。 6インチ大型インフォテインメントシステムを採用• 8L水平対向ボクサーターボエンジンは、 最高出力200ps、最大トルク30kgmを低回転域から発揮するフラットな仕様の見込みです。 これと比較すると、新型レヴォーグはずいぶんシャープに、そして彫りが深くなっていることがわかりますね。 これによって、プリクラッシュブレーキの作動範囲を、見通しの悪い交差点での出会い頭や、右左折時にまで拡大することができたという。 「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」が新型レヴォーグのコンセプトモデルである。

Next