キリスト 教 香典。 キリスト教葬儀の香典

仏教徒は異なる、キリスト教式の香典返しの作法

香典の金額相場について 香典の金額の相場に関しては、仏式と変わりません。 白い封筒を選んでも大丈夫? 基本的にキリスト教式葬儀に持参する香典袋は 白い封筒を選ぶのがマナーとされています。 表書きは薄墨を使って書こう キリスト教式で香典を入れる袋の表書きをする時には、薄墨を使って書くようにしましょう。 キリスト教葬儀での香典の書き方 ここまで、「香典」という言葉を使ってきましたが、 実際にはキリスト教では香典のことをプロテスタントでは「お花料」、 カトリックでは「御ミサ料」といいます。 仏式とは違って、水引などはなく、白い封筒に十字架やユリの花が書いてある物になります。 日本では、多くの場合仏教の葬儀が行われます。 仏教のように焼香はしませんので、「香典」ではありません。

Next

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

海外の映画やドラマで見るキリスト教の葬儀のワンシーン。 信者でないと馴染みのないことが多いですが、参列する方の心に残るひとときとなるはずです。 キリスト教では、 香典袋の表書きにも違いがあります。 カトリックの場合 まずカトリックの場合から見ていきましょう。 プロテスタントは、故人のためにというより、遺族を慰めるため神に感謝の意を唱えることのほうが中心となり、葬儀が執り行われます。 遺族には「お知らせ頂き、ありがとうございます。 世界中の信者は22億人を超えていますが、日本では少数派です。

Next

キリスト教の法事法要にあたる追悼行事とは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

葬儀の香典の表書きも宗派によって内容が違うのです。 キリスト教の香典は、御花料となります。 やはり香典なので丁寧に書いてください。 聖水と献香、開式 神父が棺に聖水を注いで、献香し、開式します。 神道 故人の葬式が神式の場合、「御神前」「御玉串料」「御榊料」のいずれかを選びましょう。 キリスト教の葬儀は、仏教に比べて少ないですから、参列したことがない方も多いのではないでしょうか。 香典返しの表書き のし上は「偲び草」や「志」と書くのが一般的です。

Next

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

キリスト教式の袋が用意できなかった場合には、御霊前の袋でもなく、何も書いていない白い封筒を使っても問題ありません。 赤やオレンジ、ピンクなどの温かい色は、お祝い事や慶事用ですので避けてください。 特に郵送のタイミングは早すぎても遅すぎても良い印象を与えません。 また、仏教ではお供えはお線香ですが、 キリスト教のお供えは御花、献花ということで「御花料」ともいいます。 カトリックは、死は故人のこれまでの罪の許しを得るために神に請い、永遠の命を再び授かれるように祈りを捧げます。 悲しみの気持ちをお金に換算するわけではありませんが、自分の気持ちに見合った金額を包んで遺族にお渡しするのがいいでしょう。 以下の記事では葬儀の費用に焦点を当て、具体的に解説しておりますので合わせてご覧ください。

Next

キリスト教の法事法要にあたる追悼行事とは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

香典袋は、文房具店や百均、コンビニエンスストアで販売されており、金額は百円から千円近くするものまであります。 その際の水引は白黒もしくは銀一色のものを選びましょう。 お渡しするときは袱紗に香典袋を載せた状態で、一言挨拶を添えて差し出す。 きちんと気持ちを伝えるためにも失礼のないものを選びたいですね。 表書きには名字だけではなくフルネームをしっかりと書き、内袋の住所欄には郵便番号も忘れずに記すことが大切です。 仏教における葬儀は神道の場合「神葬祭(しんそうさい)」、通夜は「通夜祭」と呼ばれています。

Next

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

あまり見かけたことがないように思いますが、 文具店や百貨店などで取扱われています。 ここでは 返礼品・心付けを包むのし紙の表書きをご紹介します。 キリスト教用としてゆりの花がついている不祝儀袋もあります。 聖職者に話かける機会があり、神父である方に対して『牧師様…』と語りかけては、大変失礼なことになってしまいますから…。 式が終わると、故人を偲び、思い出話などを交わしながら会食や茶話会を開きます。

Next

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

キリスト教 故人の葬式がキリスト教式の場合、「御霊前」「御花料」のいずれかを選びましょう。 入手できない場合は無地の白い封筒や「御霊前」の表書きのあるご香典袋を使用することができます。 キリスト教では 「御ミサ料」という不祝儀袋の表書きもありますが、 カトリックでしか使えないので「御花料」と記すのが無難でしょう。 祭壇へ進み、葬儀社の係りの人から両手で花を受け取るのですが、その際は、 花が右手側、茎が左側に向くよう持って下さい。 水引がない封筒を使っても大丈夫 御霊前の袋には水引がついているものですが、キリスト教式ではこの水引には特に意味はないので、水引をあえて使う必要はありませんが、水引が付いているものを使う場合は、結び切りの水引が付いているものを選びましょう。 これは香典返しをする際、ご遺族側の手間がかからないようにするための配慮です。

Next