洒落怖名作。 『モッケ』|洒落怖名作まとめ【長編】

隠れた名作

髪の毛は、白髪の長い髪をぼさぼさに伸ばしていました。 どういう返事が返ってきても、私は叫びだしてしまいそうな予感がしました。 だが、さっきのお母さんの様子でわかるだろ? お前達はもうあの子に関わっちゃいけないんだ」 そう言って、B君のお父さんは部屋を出ていってしまった。 悪ガキだった兄達はその注連縄を越えて、山へと入りました。 今まですっかり忘れていたのですが、そういえば魔物の面は一つ目でした。 何も問題はない」と言い通した。

Next

【洒落怖】ひとりかくれんぼ実況

柵を見てから絶対やばいと感じ始めていたオレとAを尻目に、Bだけが俄然強気だった。 左にのびた廊下には途中で浴室があり、突き当たりがトイレなのですが、 その間くらいの位置に鏡台が置かれ、 真前につっぱり棒のようなものが立てられていました。 私はあれに捕まってしまうのだと思いました。 780• でもやめときます、ありがとう。 神楽舞は確か、夕方頃から始まり、最初は女性が数人で踊ったりしていたように思います。 178• あくまで厳しい態度でだけど、何だかんだ言ってBのためにいろいろと動いてくれてた。

Next

【洒落怖 名作】 パンドラ[禁后]

「何言ってるのよお母さん、私のとことそっち、すごく離れてるじゃない。 もう何が何だかわからず、私はがたがたと震えるしか出来ませんでしたが、 D子が我に返り、すぐさま妹に駆け寄りました。 ここ怖いっすねぇ」 A「あ?このくらいで怖い言ってたら肝試しなんかやらん方がいいよ 何なら俺達が一緒に回ってやろうか?」 K「おー、いいっすねぇ、行きましょうか」 見かけによらず、フレンドリーな面々っぽいな…などと思ったが、 Kを除いた俺含むパーティーの全員が「Kの馬鹿野郎」と思った。 何か話題を探しました。 母さんがお前をどれだけ心配してるかもよくわかってる。

Next

【洒落怖 名作】 パンドラ[禁后]

カレーがぐつぐつにえている。 意味がわからず、D妹を見つめるしかない私達。 俺は1人でずっとゾクゾクしてた。 よく見るとDだった。 CbaKEEのレスがない 2. 」 A「?…何でだよ。 だが、現実のものじゃないかも…という考えが過ってしまった事で、Aの言葉を頭では否定できなかった。 「そう、おかえりなさい」とF美は言いました。

Next

【洒落怖】くねくね|厳選洒落怖まとめ

「私、戻ります」そう言って、 逃げるようにして部屋に戻ってきました。 ガラッと引き出しを開けたとたん、 D子は中を見つめたまま動かなくなりました。 もちろん高い塀に囲まれてるので、 外からは墓地だとはわからないんですけど。 あらかじめ連絡してあるはずなのに・・・と困ったが、とにかく待つことにした。 あの時よりも、耳じゃなく脳に響くような声で、「ゲコ」って。

Next

隠れた名作

家具など物は一切なく、人が住んでいたような跡は何もない。 はい、それから2週間後くらいですね。 バジリスクで恐ろしくなって、二階に行こうとして恐ろしくなって、その矢先にカエルの群れ。 窓やガラス戸はあったのですが、出入口となる玄関が無かったのです。 そこでオレ達も話を聞いた。 「てことは、秘密は二階かな」 私とD子は、D妹の手を取りながら二階に向かおうと廊下に出ます。

Next

【洒落怖】青いテント :隠れた名作・怖い話

みんなともよとあそんでいる。 クマよけのラジカセを木の枝にかけ、 眠りにつきました。 そこには大きな岩があり、その岩にも注連縄が巻きつけてあったそうです。 オレ達が音の動きに気付いた場所ですらこっからじゃもう見えねえんだぞ?それなのに入った時点からオレ達の様子がわかるわけねえだろ。 当日土曜の夜8時頃、俺たちは空き家から一番近いBの家に泊まる という名目で集合し、そのままBの家で10時まで時間を潰してから 現地へと向かった。 もうすぐみんながくる。

Next