かいがく 鬼。 鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

【鬼滅の刃】我妻善逸 VS兄弟子・獪岳 (かいがく)は何者なんだい?こいつアレだな

一人称は「俺」であり、無一郎が「記憶の無い時の僕は兄に似ていた気がする」と回想している通り、彼のように現実主義的で辛辣な言動の人物だった。 黒死牟に土下座をした結果、 鬼になることを要求されました。 あらゆるものを踏みにじってまで保とうとしていた己の自尊心が覆しようのない形で折れていく事実に、もはや声にならない断末魔をあげながら消滅した。 vs上弦の弐・童磨(18巻、19巻) しのぶは姉の仇である童磨に遭遇した。 後に、上弦の参・猗窩座との交戦でも使用した。

Next

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)の技を紹介!

鬼が本当に怖い存在だとわかっていれば、流石に寺の子供たちも獪岳は追い出していないと思われます。 刀鍛冶の里での上弦との死闘の後、太陽の光を克服し、片言ながら言葉を話せるようになる。 寺を追い出された事は彼の自業自得だが、鬼と出会ったのは偶然である。 善逸は獪岳のことを 「クズ」 と評し、その苛烈な性格から確かに嫌っていた。 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目の威力が上がっていくため、事実上水の型で最強の技。

Next

十二鬼月 (じゅうにきづき)とは【ピクシブ百科事典】

刀は鬼の力の産物で、壊れても再生する。 そんな中、獪岳は運悪く鬼と遭遇してしまいました。 おいおい・・・何があったんですかい? どうやら因縁の相手がいるようなのです。 我妻善逸と獪岳で共同の鳴柱の後継者だと・・・。 水の呼吸は資質的に合っていないことから極めることが叶わず、伝承したヒノカミ神楽も技の威力に身体がついていかない。 そんな鬼に一隊士である獪岳はもちろん勝てませんでした。 厳格だが正義感が強く、心優しい性格。

Next

十二鬼月 (じゅうにきづき)とは【ピクシブ百科事典】

「人間的に未熟な部分も、素晴らしい部分も理解しようとしていた善逸と慈悟郎の本心を見抜けなかった」と上にも書いたが、実際のところ二人の思いもまた一方通行でしかなく、それを積極的に伝える努力をしていたような様子は殆どなかった。 体格と腕力は柱一で、心技体に優れ、突出して強い。 獪岳 (かいがく)の技(血鬼術、呼吸) 鬼滅の刃の獪岳(かいがく)の技について気になった方はいませんか? 今回の記事はそんな疑問を解決できる内容になっています。 も知っていた「十二鬼月は眼球に数字が刻まれている」という特徴も知らずに自称していたという事は、本物の十二鬼月に会った事すらないとも思われる。 蛇の呼吸(へびのこきゅう) 壱ノ型 委蛇斬り(いだぎり) 自分を中心に円を描くような斬撃で周囲を斬りつける。 よって、上弦と下弦では実力に 天地ほどの差があり、下弦の鬼は上弦の鬼に蔑まれている。

Next

【鬼滅の刃】かいがく(獪岳)が鬼になった理由がクズと話題!?

同じ耳飾りをした剣士の炭治郎、支配から外れた珠世と禰󠄀豆子の3人を特に警戒し、抹殺対象とする。 黒死牟とは 鬼の中でも最強の強さを持っている人物です。 無惨の打倒こそが、一族の悲願である。 柱の中では、自分程度はたいしたものではないと評している。 陸ノ型 猫足恋風(ねこあしこいかぜ) 身をひるがえしながら突風の如き速さで、迫り来る攻撃を斬る。

Next

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)の技を紹介!

義勇のことも言動や他の柱と協力しようとしない態度から嫌っている。 実際は慈悟郎は獪岳と善逸を平等に慈しんでおり、揃いの羽織まで渡している(残念ながら獪岳がその羽織に袖を通すことはなかった)。 鬼殺隊 当主家 産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや) 声 - 鬼殺隊第97代当主。 獪岳は寺の子供に仕返しをしたかったから 獪岳は寺のお金を盗んだことで他の子供に寺を追い出されてしまいました。 善逸の兄弟子です。 師匠である慈悟郎のことを「先生」と呼び、真面目に修行に励む"雷の呼吸"の継承者。 「水の呼吸」を用いた剣術を教えている。

Next