い号作戦。 起死回生の「あ」号作戦

ニュージョージア島の戦い

南部には2個旅団程度、中部には配置しないよう考えていたが南方総軍は分散配備と考え、方面軍の頭越しに海軍や航空軍と調整し方針を固め、それを方面軍に押し付け方面軍に統帥の余裕を与えなかった 出典 [ ]• , p. 二 作戦要領 捷号作戦の作戦要領中、捷一号作戦(比島方面)の作戦要領はおおむね次のとおりであった。 しかしそれでも「焼石に水」でしかなく、その護衛戦力も大半は一連の輸送作戦で壊滅してしまった。 基地航空部隊ははじめは敵の攻撃を回避しつつ全航空兵力を集中し好機に進出、上陸の前日又は当日を期して敵機動部隊並びに攻略部隊への総攻撃を行う。 編成組んだ時は霰(あられ)旗艦で前提任務達成できたんだよなあ、なんでだろ。 敵が機動部隊の一部を分派して攻略正面以外の地域に対して攻撃を加え来る場合にありても右に準ず。 , p. , pp. 「ホーネット」「ヨークタウン」など四隻の空母を基幹として、戦闘機五一機を発進させ、それぞれ五〇〇ポンド爆弾を搭載していた。 戦史叢書41 捷号陸軍作戦<1>レイテ決戦 101頁• 同部隊も整備と並行して対空兵装の増強が行われ、7月2日までに記録のある艦だけで以下の艦艇に25mm対空機銃が追加された。

Next

捷号作戦

空母部隊はじりじりと重巡「筑摩」「鳥海」「利根」および「羽黒」に迫いつかれた。 しかし陣地堅固のため戦況は進展せず、北支方面軍は改めて第12軍をもって洛陽攻略を担任せしめた。 搭乗員の養成はあ号作戦での大損耗にも拘わらず、前年来の搭乗員急速養成がようやく実を結び始め、人数では所要員数を充足することが可能となっていた。 武蔵は1944年4月10日〜4月22日までの間に両舷の15. 372. , p. 、pp122-123• しかし第二航空艦隊司令部は「敵攻略部隊攻撃に偏重し過ぎていて敵機動部隊攻撃に徹していない」「第二航空艦隊の主力を投じるのに司令長官の指揮下から離すのは難しい」などと主張、続く第三段作戦打ち合わせの席上で、基地航空隊は敵機動部隊攻撃を主目標とすることが取り決められ(但し作戦指揮下に入る陸軍航空隊や一部二線級航空隊は攻略部隊攻撃に指向する)、第二航空艦隊側の主張が認められることとなった。 戦史叢書93 大本営海軍部・聯合艦隊<7>戦争最終期 264頁• 我々は飽くまで敵主力撃滅をもって第1目標となすべきと考えているのだが。 第十七軍参謀長陸軍少将(28期)や参謀小沼治夫大佐は1月15日の作戦命令伝達に際し「(ケ号作戦実施は不可能なので)軍としてこの際ここで斬り死させることが軍を生かす道であり、皇軍の本義に徹する所以である」と述べた。 「山城」と「最上」は、全面的に砲弾をうけて反転し、「時雨」は命中弾こそなかったが、これも退却した。

Next

明号作戦

, p. , pp. 450. 機動部隊本隊は内海西部において出撃準備を整え特令によって出撃する。 大本営陸海軍部は直ちに対応を協議したが、あくまでニューギニア方面重視の方針は堅持することになった。 警戒陣が使えるときの編成例は以下でまとめています。 第四節 捷一号作戦方針• - など担当。 次期作戦での連合艦隊の計画案の研究を目的とするものだが、特に注目を引いたのは基地航空隊の主目標に敵機動部隊のみならず攻略部隊の撃滅も考慮されている点であった。

Next

【艦これ】「礼号作戦」実施せよ! 二期

9月1日現在で各航空戦隊の保有機・稼働機数は以下の通りであった。 その為決戦配備基地たる基本配備基地及び機動作戦基地は敵空襲後速やかに補修を了し置くものとす。 先の説明にもありましたが、武蔵では1942年9月に装備済みです。 , pp. ウィリアム・F・ハルゼー大将 彼が小沢中将のおとリ空母部隊を追撃する決心をしたため、栗田艦隊はサンベルナルディーノ海峡を通過することができた ジェッシー・B・オルデンドルフ少将 彼の戦艦艦隊はスリガオ海峡の夜戦で西村部隊を撃退した しかし、サンベルナルディーノ海峡の監視を放棄し、四隻の戦艦を海峡監視に残すこともせず、日本空母部隊の迫跡に向う決心をしたのであった。 287. 運悪いと稀に敗北。 直掩隊 飛鷹隊(零戦20機)、隼鷹隊(零戦17機) 攻撃隊は11時35分から11時50分にかけミルン湾在泊の敵艦船および ()を爆撃した。 1944年4月以降、生産の予定と実績の差は増大の一途をたどっており、生産計画や予定は不可能なのが明らかになっており、あ号作戦直後の7月と9月に急激な減産をきたした。

Next

捷号作戦

(二)作戦要領 基地航空隊は当初、敵機動部隊の攻撃を回避し、第五、第六及び第七基地航空部隊は其の全力を集中、適宜進出する。 (ミンダナオ島)• あ号作戦時の軍隊区分では前衛部隊• この方面より発進する連合軍戦闘機と爆撃機は、方面、ラエ、サラモア方面を連日のように空襲し、方面ではより南、方面では海峡地区より南の制空権を掌握するに至った。 しかしアメリカ軍機動部隊の行方は再び不明となり、12日未明に台湾から出た索敵機が発見するまでそれは続いた。 , p. 261. 17日になるとアメリカ軍がスルアン島に上陸し、が本格化する。 298. , pp. パラオ島の海軍航空隊は哨戒のための出動回数が増大し索敵海面が拡大するにつれて、燃料に不足をきたし、第761航空隊司令は次のような記録を残している。 2 在「ガ」島部隊の戦力低下しあるに鑑み1月14日歩兵約一大隊を海軍艦艇により「ガ」島に派遣し戦力を増強して撤収作戦を準備せしめる。

Next

第32話 昭和19年3月、夏樹、ウ号(インパール)作戦始まる

その為兵力集中に必要な諸般の準備を促進すると共に情勢に応Zして適時各機種毎に飛行隊の一部を台湾南部に移動し、または艦隊司令部を高雄に進出す。 野戦重砲兵2個(12・22)連隊• 3 特攻兵器の基地を南比及び北比の要点に急設する。 呉鎮守府第7特別陸戦隊• 他にも、サマール沖海戦当日の記述に、栗田長官が米機動部隊への追撃を取りやめてレイテ湾への突入を再開する指令を出した事を「何を考えたか」と記述をしている。 しかし17日にアメリカ軍がスルアン島に上陸し、レイテ沖海戦が始まったことで第二遊撃部隊は本来の任務であった「機動部隊の前衛」を果たすことなく、南西方面部隊への所属替えの上レイテ湾に突入することになる。 機動部隊本隊は第一遊撃部隊に呼応して出撃し、敵機動部隊を北東にけん制して第一機動部隊の突入を容易ならしめんとしつつ、敵機動部隊の一翼に対して攻撃を加える。 奥宮正武『ラバウル海軍航空隊』学研M文庫250頁• 之が為特に敵基地に対する短切なる奇襲攻撃及び機略に富む邀撃を重視し基地の直接防空等は地上砲火に依存するを例とす。 (ルソン島)• 各種攻撃隊の昼間強襲を助攻とし、これに続いて薄暮攻撃、夜戦を主攻とする乙戦法• 一からの艦隊再編となった第一航空艦隊は、新たに中将が司令長官となり8月12日にダバオに進出、航空隊の再編に尽力した。

Next

捷号作戦

第一航空艦隊は、陸軍との共同での敵機動部隊への攻撃を目指した共同攻撃法の実地訓練をするため、部隊はルソン島クラーク基地に集結しており、11日には各指揮官を招致していた。 359. ニューカムの著書『硫黄島』によれば、日本軍は第一波では「雷電」「紫電」「月光」など計二九機、第二波の雷撃機二〇機全部、第三波では一七機を失ったと述べている。 第30駆逐隊:・・・・• しかし日本軍の戦果は無残なものであった。 300. , pp. (一)作戦準備 1 比島にすみやかに第一、第二航空艦隊全航空兵力の展開可能の航空基地を整備する。 しかし空母航空兵力を期待できない水上艦隊の使用方針の決定にはなお期日を要した。 第7,第8探照灯は大和同様撤去され、そこに単装機銃を搭載したというのが一般的です。

Next