久留里 線。 久留里→東横田(久留里線)|時刻表|ジョルダン

久留里線紀行(12)久留里から上総亀山へ。

。 税込み370円均一である。 列車待ちのお腹を減らした男子高校生にとっても、ありがたい存在かもしれない。 保安装置:• 当時、占領地などでの輸送は鉄道が主体で、鉄道により多くの物資を運んだ。 ) ホームの東側には、数本の気留線と腰窓屋根の木造車庫があり、久留里線の気動車が留置されている。

Next

久留里線

(本堂前の新しい鐘楼と「絆」梵鐘。 一階のつけ麺店のどぎつい色の看板は、昭和の雰囲気を妙に醸し出しており、目を引きつけられる。 千葉県北部を下総(しもふさ)と言い、この上下は朝廷のある奈良や京都からの遠近を表しており、本来は北部が上総、南部が下総と逆ではないかと感じる。 また、この駅には、転車台が置かれていなかった。 出発から、約2時間が経過している。 6 28. 階段下に、目当ての駅蕎麦屋があり、好物のキツネうどんを注文。

Next

久留里線紀行(1)木更津へ

大変綺麗な新型軽快気動車の車内は、良く冷房が利いており、乗降ドアは押しボタン式の半自動になっている。 向かいの道路橋は、久留里街道の中川橋。 8m/養老渓谷から上総中野間、標高126m)が最も高い。 平成24年(2012年)10月 新型軽快気動車JR東日本キハE130形導入。 実際の急カーブは、200mから250mまでが殆どである。 昭和22年(1947年)4月 久留里〜上総亀山間の運行再開。 当時は、外房線とは繋がっておらず、木更津線と呼ばれていた。

Next

房総半島を走る行き止まり路線「久留里線」……予想外の発見の多さにびっくり!

すこし伸びやすいです。 意外に水量が多いが、殆ど流れていないらしい。 2014年3月15日のダイヤ改正では、上総亀山駅発着列車の一部が久留里駅折り返しとなり、日中時間帯の列車が減便された。 (平山駅に停車中。 但し、木更津・横田・久留里の駅員のいる三駅では、全車両の全てのドアが開く。

Next

房総半島を走る行き止まり路線「久留里線」……予想外の発見の多さにびっくり!

改札は無く、分厚い一枚板のテーブルとベンチ、小さな乗車証明書発行機が置かれている。 最小カーブ半径は160mであるが、本則は300mまで、やむを得ない場合は200mまで、特例で160mまでとなっている。 なぜ千葉駅なのか。 また、発車メロディーには、地元古刹の「証城寺(しょうじょうじ)の狸ばやし」を使っており、発車時に何だか楽しくなる雰囲気の駅である。 ) (久留里方窓下に木造ベンチが残る。

Next

久留里線紀行(6)うまくたの路 後編

ダムが出来る前は、渋柿の木が多く、美味しい干し柿が特産であったと言う。 今のトラック輸送による宅配便が普及する前、鉄道が小さな荷物輸送の大部分を担っていた。 一番東側にある久留里線専用の4番線ホームに行ってみよう。 ) 古い木造駅舎は無く、大きな待合所兼公衆トイレがホーム横に建てられている。 計画では、上総亀山から東進する現在の国道465号線のルートにほぼ一致し、測量調査も終わり、路盤整備も一部進んでいたらしい。

Next

久留里線紀行(6)うまくたの路 後編

当時、丸の中に通のマークから、「マルツウ」と呼ばれていた。 「春の野に すみれ摘みにと 来(こ)し我ぞ 野をなつかしみ 一夜寝にける」 作者・山部赤人(巻9-1424/平成21年建立・静岡県伊豆の国市産若草石) (宿地区の赤人万葉碑と休憩ベンチ。 上総松丘駅を発車し、木々が生い茂る深い山の中に入って行く。 ) 無事にトンネルを抜けると、出口先のピークに達し、長い15パーミルの下り勾配となる。 ここからは、木更津の市街地を抜け、緑と田畑の中に集落が点在する房総の里山に入って行く。 小櫃川・線路・国道が密接して通過する大難所である。 昭和35年(1960年)10月 蒸気機関車の全廃(ディーゼル機関車に更新)。

Next

房総半島を走る行き止まり路線「久留里線」……予想外の発見の多さにびっくり!

2m、1日乗車客数約90人の終日無人駅になっている。 投稿ナビゲーション. 新しそうに見えるが、下見板張りの古い駅舎を新建材で補修した開業当時の古い木造駅舎である。 ) この久留里から上総亀山間は、国有化後の昭和11年(1936年)3月25日に延伸開通した9. 投稿ナビゲーション. 電化区間:なし(全線)• たい焼き、たこ焼き、焼きそば、チャーシューおにぎり唐揚げ、焼きおにぎり、ハンバーガーセット、フライドポテト、唐揚げチキンとメニューは豊富な上、全て売り切れている所を見ると、大繁盛しているらしい。 新緑の大変美しい古寺である。 2km地点、13駅目(終点)、所要時間約1時間10分(直通の場合)、君津市藤林、標高99. また、昆虫達の大楽園であり、多種多様な蝶や山トンボが乱舞し、素晴らしい光景である。 ) この手小荷物窓口は、通称「チッキ」と呼ばれていたが、国鉄民営化直前の昭和61年(1986年)11月1日のダイヤ改正で全廃されているので、若い鉄道ファンは知らない人が多いと思う。 そのセーフティシステムとして、自動列車停止装置(ATS/自動非常ブレーキシステムの事)や、線路外に逸らす短線を設け、故意に脱線停車させる安全側線がある。

Next