エイラク ドラマ あらすじ。 【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!

エイラク中国ドラマネタバレ最終回!裏であやつる黒幕がついに発覚!

皇太后は鳥を飼育したものを呼ぶよう命じ、そこに現れたのは瓔珞だった。 * 瓔珞に恨みを募らせている舒嬪は、すれ違った名玉の顔を傷つけ、これまでの瓔珞への屈辱を晴らそうとする。 高貴妃 役:タン・ジュオ(譚卓) 【webDICE】独立映画が現代中国を内側からあぶり出す、中国インディペンデント映画祭2013開催 写真は映画『小荷』より。 同時に、思いがけず乾隆(けんりゅう)帝からも好意を寄せられ、愛憎渦巻く宮廷で波乱の人生を歩むことに。 そして、戦死し戻らなければ尼寺で一生暮らせと。

Next

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~」第41

爾晴との密事も、すべては爾晴が仕掛けたことだったとはいえ、それが富察皇后を追い詰めたのだと知った陛下は自責せずにいられなかったことと思います。 25話・26話ネタバレ感想 傅恒は、皇后に「瓔珞を娶りたい」と申し出ました。 それは後宮で謎の死を遂げた姉の死の真相を突き止めることだった。 純貴妃と愉妃は口々に責め立て罰を与えるべきと言ったその時、湖の鯉が「寿」の文字を描き出した。 皇后は外へ出さない、たとえ死んでも皇后だ」と話す。 * 皇后の宮を訪れた乾隆帝は「今までは理性的で責任感が強いだけの 女子 おなごだと勘違いしていたが、本当は情に厚い女子なのだろう」と皇后を評する。

Next

瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

瓔珞は、私にだって良心くらいあると答える。 中国ドラマ『瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』は、配信がスタートするやいなや瞬く間に口コミで人気が広がり、一大ブームを巻き起こしたメガヒットドラマです。 袁春望は瓔珞のことを許したと見せかけて近づきます。 皇后は乾隆帝でも答えられないのかというと、死なせてくれと暴れだした。 そして、富察傅恒に出会ってからの出来事を反芻し決別を誓った。 瓔珞とは1番仲が良い。

Next

エイラク(瓔珞/中国ドラマ)あらすじネタバレ!相関図,キャストは?

スポンサーリンク 瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~(中国ドラマ)見どころ 中国ドラマ『瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』の 見どころをチェックしていきましょう。 いつも優しく、どの妃嬪にも公平な態度で、後宮をまとめている。 そんなある時、乾隆帝や妃嬪、そして皇太后が万寿節のために円明園にやってきます。 一方の瓔珞は、袁春望を助けたことがキッカケで彼と仲良くなり……!? 乾隆帝は怒り厳罰に処す。 明玉は皇后の居所である長春仙館で夜伽を命じられたことを不思議に思う。 15話・16話ネタバレ感想 傅恒は、瓔珞の姉を殺したのは自分ではないと潔白を訴え、疑うのなら殺せと短剣を渡しました。

Next

瓔珞

その晩、皇后は幽閉されていた純答応のところに行き、瓔珞がこのために妃嬪になったと教え、恨みを晴らすべく彼女を殺害します。 父に言われた言葉を胸に、何事にも誠実に取り組むも、ある事件をきっかけに抑えていた人に対する妬み、恨みが爆発してしまい、悲劇の皇后となってしまう。 このままでは明玉が殺されてしまう。 瓔珞は気性が激しく強情なため紫禁城には向きません、紫禁城から出して自由をお与えください。 宴が終わるまでに取り戻したいと考えた瓔珞は、斬新な方法で取り戻すことに成功するのです! 23話・24話ネタバレ感想 瓔珞の姉・阿満を襲った犯人は、乾隆帝の弟(弘昼)でした。 どうやら皇后は、呉書来の地位(内務府の総監?)と引き換えに袁春望を味方に引き入れたらしい。

Next

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~」第41

そんなある日、宮中内での妃嬪たちの権力争いが巻き起こる・・その争いに巻き込まれた瓔珞。 同じ父から生まれながら何一つ持たない自分と、乾隆帝との待遇に煮えたぎる思いを抱えている。 その中に皇后、富察氏(チン・ラン)の弟、富察傅恒(シュー・カイ)の持ち物があることに気付き、富察傅恒を犯人だと疑い、復讐することを誓う瓔珞。 皇后の装束を身にまとい、死んだ母に語りかける。 (53話で袁春望が、虫食いの薬を売るよう葉先生に助言していた) ちょうど海蘭察と戻ってきた乾隆帝が男の荷物を調べさせると、虫食いの薬以外にも高級薬剤が混ざっていたため誰の命令だと問い詰める。

Next