ジオクチル ソ ジウム スルホ サクシ ネート。 医療薬日本医薬品集/1996.10

KEGG DRUG: ジオクチルソジウムスルホサクシネート

Key:APSBXTVYXVQYAB-UHFFFAOYSA-M 物理的データ 1. 大腸刺激性下剤 解するとアルカリ度が高く,配合変 アントラキノン系薬剤およびピコ 化を起こしやすい.よって経管投与 スルファートナトリウム製剤は,い 時などは,他の薬剤との混合は避け ずれも腸内細菌によって活性本体に 代謝される.従って,抗生物質を投 るよう注意する必要がある.Lンdopa と酸化マグネシウムの溶解液は接触 与によって腸内細菌が減少している すると黒色変化を起こすことがわか 例では,効果が減弱する可能性があ ると考えられている6). っている. 相互作用 2. ウロガストロン227• アンレキサノクス139• アクラルビシン〔塩酸〕6• 塩化ベルベリン1392• アトロピン〔硫酸〕・塩酸モルヒネ1543• アンモニア・ウイキョウ精139• A61K— PREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES• A— HUMAN NECESSITIES• 3 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムをポビドンヨードと 併用した場合の殺菌剤組成物についての発明の詳細な説明の記載要件について ア 本件訂正明細書には,「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナト リウム」を配合した本件訂正発明の殺菌剤組成物についての殺菌力を示す具体的な 試験データは存在しない。 235000010977 hydroxypropyl cellulose Nutrition 0. 000 description 1• もし,本件審決前に原告に送付されていれば,原告は本訴で述べた如き主 張を当然することができたのに,原告はその機会を奪われたものである。 000 claims description 2• 000 description 1• 」旨主張するところ,上記明 細書には,ヨードホール又は無機ヨウ素及びヨウ素化合物と洗浄作用をもつ成分と の組み合わせによる殺菌洗浄組成物の発明が開示されており,「好適なヨウ素化合 物はポビドンヨードである。 エピリゾール274• 塩化ナトリウム296• 239000000843 powders Substances 0. 000 description 1• 0175 防腐剤 必要量 水 全体を100%にする必要量 振盪及び使用後に、2相の間の完全な相置換は室温で約 15分後に行われた。 塩酸ビフェメラン1127• アンベノニウム〔塩化〕138• ) ケ 「表4」(遊離ヨウ素量(ppm)は,処方1,3,5 で「3. エストラジオール〔ジプロピオン酸〕240• 【0018】本発明の好ましい具体例によると、前記2 相の少なくとも1相に存在する表面活性剤の割合は組成 物の全重量に関して 0. アセスAAcess A32• 塩酸セフォゾプラン734• 000 abstract 2• 胃苓湯1639• エフタゾシン〔臭化水素酸〕277• 本発明はジォクチルソジゥムスルホサクシネートが作用部位の大腸近位で放出 され、 効果的な瀉下効果を有する固形製剤の提供を目的とする。

Next

【裁判例:平成14(行ケ)180】知財ポータルサイト『IP Force』

被告は,甲12記載の試験は,初発菌数が比較的低いために,試験液中 で試験菌が死滅し生菌がない結果を招いたものである旨主張している。 アンピシリン(ナトリウム)・クロキサシリンナトリウム132• これは、純粋なフォムブリン(Fomblin)の場合溶存二酸化炭素を犠牲にして大気からの空気のフォムブリン(Fomblin)中への比較的速い拡散に因るのかもしれない。 【0023】本発明の好ましい具体例によると、油相は 該相の全重量に関して1〜80重量%の割合のシクロメ チコーン、1〜50重量%のイソヘキサデカン、1〜5 0重量%のオクチルパルミテート及び1〜50重量%の ジオクチルアジペートから選んだ少なくとも1種の油よ りなる。 エストラジオール〔吉草酸〕239• , 'Iodinated antiseptics. アニオン系界面活性剤であるポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩 としてポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムが使用されることは, 当業者において本件特許の出願前に周知であり,かつ,ポリオキシエチレンラウリ ルエーテル硫酸ナトリウムがポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩として典 型的で代表的なものであったといえる。 投与法はカプセルによる経口または直腸座薬である。

Next

【裁判例:平成14(行ケ)180】知財ポータルサイト『IP Force』

加えて、酸素を含有する製品は、酸化に感受性である薬剤(即ち、抗酸化剤またはレチノイド)の共存を許容せず、何故ならかかる薬剤は酸素の存在下で不安定であるからである。 239000001913 cellulose Substances 0. 25g,0. アンチゲン混合物〔多種〕・塩酸エフェドリン126• 原告の上記主張は全く理由がない。 イ その他の訂正事項も,特許請求の範囲の減縮を目的とするものか,ある いは明りょうでない記載の釈明,あるいは誤記の訂正を目的とするものであって, 本件特許明細書に記載した事項の範囲内のものである。 ESポリタミンES-Polytamin141• エポエチンベータ282• そこで,以下検討する。 1994• 【0006】ある化粧用製品(主として、制汗剤)は、噴射剤としてフルオロカーボンガス(時に、二酸化炭素との混合物にて)を用いる。 000 abstract 1• 塩酸プロカインアミド1291• ヨウ素酸カリウ ムが文献(乙7)に殺菌剤として記載されていることは,上記認定の妥当性を裏付 けるものである。 【0053】本組成物は、その粘度並びに消費者による予定使用法に適合するよう適当な容器中に包装され得る。

Next

ジオクチルソジウムスルホサクシネート

000 title claims abstract description 34• 【0002】 【従来の技術及び発明が解決しようとする課題】細胞外マトリックス物質の増殖および生成(両方共、健康で若く見える皮膚を維持するために必須である)のような細胞の過程に燃料を供給するべきエネルギーを生じるために、酸素が皮膚細胞により使われる。 文献に,ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩を使用した洗浄剤が 知られていたとしても,刊行物1記載のポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸 塩は,アルキル基の炭素原子数を特定したものではなく,本件訂正発明に係る炭素 原子数12のラウリル基を有するポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩とは 相違する。 塩酸モサプラミン1535• その結果を図 1に示した。 当業者の常識に従ってpHを調整して試験すべき ところを無調整で行った甲11記載の試験によっては,ヨウ化カリウム及びヨウ素 酸カリウムの混合液について,殺菌効果が認められないと結論づけることはできな い。 イノシン178• )で,殺菌効果が生じたとの試験結果が示されている。 アスコルビン酸・Lーシステイン14• アメジニウム〔メチル硫酸〕83• 239000000126 substances Substances 0. 2」であり,処方3-1,3-3で「9. 塩酸リルマザホン1592• エチソラム248• しかし,甲12記載の試験における初発菌数はこの種の試験として極め て妥当な条件に該当し,何ら非難されるべきものではない。 エビブロスタットEviprostat274• アミノ安息香酸エチル・塩酸パラブチルアミノ安息香酸ジエチルアミノエチル68• エチドロン酸二ナトリウム249• 塩酸チオリダジン834• 塩酸メチルエフェドリン〔dlー〕・ジプロフィリン1489• 【請求項8】 2相のうちの少なくとも1相は香料、防 腐剤、着色料、軟化剤、緩衝剤、調湿剤及び電解質より なる群から選んだ少なくとも1種の慣用の化粧料助剤を 追加的に含有する請求項1〜7の何れかに記載の組成 物。

Next

耳垢の薬ジオクチルソジウムスルホサクシネートの使い方・副作用は?

塩酸ベラパミル1386• 表 1 DSS:ジォクチルソジゥムスルホサクシネート 表から明らかなように ホサクシネー卜が共存すること によりピサコジルの溶解度が大幅に向上することがわかった。 【0011】本発明の組成物および方法は、皮膚への血液の流れおよび循環を改善しそしてその結果皮膚への内因性酸素の供給を改善する。 ( 耳浴) 上記内容はあくまで一般的な使い方ですので、主治医から特別な指示がある場合は必ずそちらに従うようにしてください。 塩酸アンブロキソール136• 塩酸シプロヘプタジン628• 例えば,殺菌というような製品の説 明表示をするためには,多くの場合,微生物学的なテストをパスしなければならな い。 5,1. 塩酸フルナリジン1258• エポエチンアルファ279• 殺菌剤のうち2以上の成分を含む殺菌剤(このものを「殺菌剤組成 物」という。 」(段落【0003】) イ 「本発明による殺菌剤組成物において,アニオン系界面活性剤とし ては,ジオクチルソジウムスルホサクシネート及びポリオキシエチレンラウリルエ ーテル硫酸ナトリウムから選択された少なくとも1種類の物質が用いられる。 それらのアルキル基は、一般に8〜18個の炭素原子を含有しそして不飽和であってもよい。

Next

医療薬日本医薬品集/1996.10

0% アニオン洗剤1(100%基準) 5~15% 非イオン洗剤2 0~10% 泡安定剤3 0~4% 緩衝剤4 0. 238000000034 methods Methods 0. 2 本件発明の概要(甲2,4の 1 , 2 ) 1 前記訂正前の発明の要旨は,設定登録時の明細書(甲2。 」との各認定を根拠に 上記判断をしたものであるが,これらの認定は誤りである。 アフロクァロン53• 塩酸ピラルビシン1141• 【0028】エモリエント剤は、しばしば、本発明の化粧品用組成物中に混入される。 本発明において、 軽質無水ゲイ酸はジォクチルソジゥムスルホサクシネート 1 質量部に対して 0. イ 本件訂正明細書においては,「アニオン系界面活性剤を共存させるとポ ビドンヨードの抗菌力が著しく増強するとの知見」に基づき,「表1」において, アニオン系界面活性剤がノニオン系界面活性剤に対置して記載され,「表1-b」 の記載により,アニオン系界面活性剤を配合した2つの処方例の殺菌力が,ノニオ ン系界面活性剤及び界面活性剤の配合なしの各処方例に比べて共に同程度に優れて いることが示されている。 アルキルポリアミノエチルグリシン96• しかしながら、酸素のかかる外因性送達は幾つかの重大な欠点を有する。

Next