犬山 ハザードマップ。 犬山市防災対策

とこなめ防災ガイド・ハザードマップ|常滑市

(市ホームページに掲載しているものは修正済みです。 指定年月日 平成20年6月1日• また、木曽川と長良川の間は1週間以上水没した状態が続くと想定されています。 また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 浸水する市町村 愛知県では名古屋市、一宮市、津島市、犬山市、江南市、小牧市、 稲沢市、岩倉市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、あま市、 大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村 岐阜県では岐阜市、羽島市、美濃加茂市、各務原市、可児市、海津市、岐南町、 笠松町、坂祝町 三重県では桑名市、木曽岬町 浸水が続く時間 木曽川が氾濫すると広範囲にわたる浸水が長期間にわたって続きます。 そのときに、現在地の住所を入力すればハザードマップが表示されるので、近くの避難所や周辺の安全なエリアを確認できるのです。

Next

ハザードマップ(浜松市防災マップ・津波浸水深マップ)/浜松市

長良川 浸水想定マップ これは長良川で起こりうる最悪クラスの水害の想定です。 紙の場合、ハザード情報の境界線が見えにくいケースがありますから。 神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称:土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域等を指定した場合、横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。 しかし、浸水被害のリスクが増大する中で 緊急的、効率的に被害を軽減することが必要です。 サポートが終了したブラウザをご利用されると、お使いのコンピューターがセキュリティのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなります。 ・雨水を排水する施設の計画規模を大きく上回る豪雨が多発。 ・浸透機能の低下した市街地で浸水被害のリスクが増加し、市民生活や企業活動への影響が懸念。

Next

各河川の浸水想定区域図|春日井市公式ホームページ

また、人家はないが今後新規の住宅立地等が見込まれる土石流危険渓流に準する渓流・急傾斜地崩壊危険箇所に準ずる斜面も約7,000箇所あり、これを加えると合計で、約18,000箇所となります。 浸水範囲が非常に広いため救助にも時間がかかると考えられていて、それを前提にした備蓄が必要になります。 この危険箇所は、土石流危険渓流・地すべり危険箇所・急傾斜地崩壊危険箇所に分類されますが、人家等に被害の生じる恐れのある総数は愛知県内約11,000箇所にのぼります。 揖斐川 浸水想定マップ これは揖斐川で起こりうる最悪クラスの水害の想定です。 内津川浸水想定区域図 〔想定最大規模の洪水浸水想定区域図〕 この洪水浸水想定区域図は、 想定し得る最大規模の降雨により発生する洪水により、浸水が想定される区域と浸水の深さ、浸水が継続する時間を指定し、公表されたものです。

Next

ハザードマップ|犬山市

(令和元年7月1日更新)新たな河川の洪水ハザードマップを追加しました。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 (平成31年4月12日更新)色弱者をはじめ、より多くの人に分かりやすい情報提供を行うため、市内の主要河川流域ごとの洪水ハザードマップの色合いを変更しました。 指定年月日 平成21年6月1日• 一方、土地利用についても山腹斜面やがけ地近くまで宅地化が進んでいるため、土砂災害の危険箇所を多く抱えています。 特徴としては、破壊力が大きく地域に壊滅的な被害をもたらし、人的被害も大きいことがあげられます。

Next

ハザードマップ|犬山市

【注意】 ハザードマップは、浸水・液状化の想定や土砂災害危険箇所などの災害リスクを示したものです。 なお、掲載されている浸水実績につきましては、すべて内水はん濫によるものです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 計画規模降雨(L1):河川整備において基本となる降雨 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 想定降雨の発生確率 河川名 木曽川 長良川 新境川 境川 大安寺川 岩地川 発生確率 1/200年 1/100年 1/30年 1/40年 1/50年 1/30年• 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。 《お詫びと訂正》 令和元年5月15日号の広報と同時に全戸配布した防災ハンドブック内のハザードマップに、一部誤りがありました。 2019年の台風19号では関東甲信越や東北を中心に大規模河川の氾濫や堤防の決壊が相次ぎましたが、同じようなことは東海地方でも起きる可能性があります。 災害は、外出先など土地勘のない場所で起こることもあります。

Next

各河川の浸水想定区域図|春日井市公式ホームページ

また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。 具体的にどの程度備えればいいのかは「」をご覧ください。 作成主体 国土交通省中部地方整備局庄内川河川事務所• また、天竜川流域の洪水ハザードマップの再作成を行いました。 火が出たら、まず消火する。 「浜松市防災マップ」にて公開されている情報の中から、市内の主要河川流域ごとの洪水ハザードマップと市内全域の土砂災害ハザードマップを作成しました。 〔計画規模降雨〕 この浸水区域図は、指定時点の庄内川の河道の改修状況を勘案して 1日に376ミリメートル 概ね200年に1回程度 の大雨が降ったことにより河川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

Next

愛知県犬山市のシンプル地図(縮尺7)

また、大雨が降った場合、土砂災害が発生する前にいくつかの兆候(前兆現象)が確認された事例もあります。 また、過去の特に被害の大きかった浸水実績も記載しています。 ふたつ目は、Webだと縮尺変更ができるので、住民は知りたい場所の詳細な情報を取得できることです。 また上流部では浸水する深さが10mを超えると想定されています。 ハザードマップ一覧 市内全域• 内水ハザードマップの必要性 河川の改修や下水道の整備( ハード対策)は 時間的、財政的に限界がある。 一宮市のハザードマップ 138マップ(ハザードマップ)は、過去の豪雨による内水浸水の実績と避難所の場所を重ね合わせて見ることができます。

Next