デス スト ランディング つまらない。 デス・ストランディングは序盤以降が面白い!微妙勢は中盤までやれ!

【評価・レビュー】神ゲー?クソゲー?デス・ストランディングの良い部分、悪い部分まとめ

263ビュー• argandg氏によると、2019年12月4日時点ではトータルのユーザー評価数が1万8225件だったのに対し、12月5日時点ではその数が1万1878件にまで減少。 先述の「 ソーシャル・ストランド」とは、間接的に世界中の、デスストをプレイしてる人たちと繋がれることです。 もちろん、グラフィックではこのゲームの方が繊細だったとか、どのゲームにも共通した要素の比較はありますが、 ゲームのシステム云々を比較して評価をつけるべきではないかなと個人的には思います。 ユーザー全体の意見を含めた本作の評価としては「 賛否両論」というのが一番合っているのかもしれません。 具体的には以下のようなものです。 小島秀夫監督が伊誌Tgcom24の取材を受け、 『デス・ストランディング』の北米メディアからの一部厳しいレビューについてこのように語っていました。

Next

「デス・ストランディング」は神ゲー!クリア後の感想/良い点・悪い点・レビュー・評価!!ネタバレなし【デススト】

過酷な旅を疑似体験できる プレイヤーに過酷さを疑似体験させる為に『 リアリティアのある歩行システム』が導入されていて、荷物が重ければ重いほどバランス崩れやすくなり、長時間歩行すればスタミナが減り、靴も消耗していき転倒のリスクが高まります。 スキップ可能ですがそれすら面倒臭くなります。 デス・ストランディングを他のタイトルに例えると… デス・ストランディングは進行状況に応じて異なるプレイ体験が可能です。 UIには慣れが必要 後ほど詳細に書きますが、メニュー画面などのUIが使い難い印象がありました。 トラックやバイクなど、ゲームを進行していく過程で入手可能ですが、序盤は特に、歩くことがメインになります。 【悪い点】 これは悪い点というより、好みの分かれる部分という意味なのですが一応。

Next

[写真あり]デスストはブックオフやゲオで大量に売られまくっているのか?調べてみた。

「その任務をやる意味」を持ってプレイするのと、クリアしたいからプレイするのでは大きな違いです。 「最短ルートを開拓する楽しみ」に共通性を感じますね。 歩行だとよろつくぐらいの荷物を背負っていても、バイクに乗った途端一切よろけなくなります。 マインクラフトの様にコツコツ作っていくゲームが好きな人なら楽しめるはず!そして、それが他のプレイヤーから評価されるのがとにかく気持ち良いんです。 本作のメインシステムは、 荷物を配達すること。

Next

「デスストランディング」面白くないと感じるの俺だけ…?まとめ

そもそも、業界とつながりがあるからこそ、ショーを行うことができるのです」と述べました。 に 通りすがりのゲーマーさん より• 一度センサーで補足してしまえばしばらく画面上に表示され、地図でも位置を確認することが可能です。 するとちっさなキノコが生えて、そのキノコに他の人がおしっこすると、キノコはどんどん成長していきます。 なぜなら デスストは進めれば進めるほどゲーム性の幅が広がっていくからです。 。 荷物を届けた終えたときは、なんとも言えない達成感が。 主人公は雨から逃げたがったが山岳地帯を走っていたため道を選んでいる余裕がなくなっていき雨に追いつかれてしまう すると空を飛んでいた鴉がボトリと足元に落ちてきて落ちあっという間に息絶える。

Next

デス・ストランディングは序盤以降が面白い!微妙勢は中盤までやれ!

こんな世界をどうにかしちゃる!と働き出したのは、アメリ率いる「 ブリッジズ(BRIDGES)」と呼ばれる組織。 リアリティ重視の歩行システムがゲームに深みを持たせている 今までのゲームの歩行が『退屈な移動』でしかなかったのは歩行にリアリティがなかったからだと思います。 でも残念な事に僕の周りと僕はあまりにもゲームスピードが違います、何故なら僕は会社に行ってないので普通の人とは全然時間の使い方が違う。 見てください、クリアしてから三日くらいの今のステータスです もう日中も自分で仕事をコントロールしてるのでついついやってしまうので・・・やりすぎですね (笑) で、最初に総評として書いておくとデスストランディングはゲームとして 「最高」 でした。 小島監督という、プロデューサー自体のブランドが非常に高い人物による新規タイトルに加え、新しいジャンルへの挑戦、豪華俳優陣の起用が本作の最大の魅力。 まさに最高級ハンバーガー。

Next

「デスストランディング」面白くないと感じるの俺だけ…?まとめ

昨今代表的なクソゲー界のエースであるレフトアライブ先生なんかは、発売初週からブックオフに溢れんばかりの数が並んでいたものですが。 (意味わからん) ファンの方はもちろん、ファンでない人、初めて知った人も、リアルで繊細なムービーを見てるうちにファンになっていたりいなかったり。 それに「遊び」を重要視している小島監督のお遊びとも取れる要素がたくさん作品内にちりばめられそれらをプレイヤーがゲームを遊びながらその遊びから更なる遊びが生まれる。 個人的にお気に入りなのが『重い荷物を背負った時の坂道を下る挙動』です。 人が死ぬとBTになるため、BRIDGESのメンバーは敵を殺さないことを心情に掲げているんですが、非殺傷武器ではどうにもならないような敵もいるため支給されることとなるんです。 私がそう感じた理由はゲーム自体が私に合っていたということもありますが、『 序盤~中盤以降まで進めてみた』ということがデスストを楽しく感じた理由だと思います。 デスストは良くも悪くも今までにないゲームであり、ゲーマーが面白さを見つけ出す段階にあるんですよね。

Next