かんぽ生命 記者会見。 横山邦男(日本郵便社長)の経歴や家族・年収を調査!記者会見が酷いと話題に

【かんぽ生命 記者会見】かんぽ不適切販売問題で記者会見

河合)組織的な体質の問題が背景にあるのだと思います。 長門氏「情報漏洩の問題が高市早苗総務相から照会され、大変大事な問題と認識した。 記者の質問が集中した長門氏の進退や、焦点となっているかんぽ商品の営業再開時期について長門氏ら経営陣は明言を避け続けた。 郵便局等の営業目標達成のために、不適正募集が黙認されるという風潮が形成され、不適正募集の手法が各地に伝播して行ったこと。 私たちは落下傘として、雇われマダムと言われて民間企業からこの会社に来た。

Next

2019年6月24日 月曜日 日本郵政株式会社 社長会見の内容‐日本郵政

日本郵政、日本郵便、かんぽ生命の3社は1月9日、東京都千代田区の大手町プレイスカンファレンスセンターで記者会見を開き、1月6日付で就任した日本郵政の増田寛也代表執行役社長、日本郵便の衣川和秀代表取締役社長兼執行役員社長、かんぽ生命の千田哲也代表執行役社長の3人が、不適正募集問題からの信頼回復に向けた対策などについて報告した。 相次ぐ不適切販売の背景には、低金利の長期化で、国債中心の運用が行き詰まり、保険販売による手数料収入の確保を迫られていることがある。 九州・沖縄• そんなことをすれば記者の心証をますます悪くするだけ。 現在はかなり(販売手法が適正かどうかという)品質の指標も取り入れ、総合的に評価していきたいと考えて判定基準を見直している途上だった」. いつ頃かというのはですね、あのー・・・、えーっと・・・、商品の募集品質の改善は常に現場の実態を確認しながらやっておりますので、これは常にやっておるところでありますけれども、目標の体系が実態にふさわしいのかどうかという疑問を持ち始めたのは、最近のことです。 しかし、当時、原口総務大臣の下で総務省顧問の立場にあった私は、政治的な意図から離れて、責任追及ではなく、西川社長時代の日本郵政で起きた問題を通して、日本郵政のガバナンスそのものを検証し、組織改革に結び付けていくことを提案した。 まとまった金銭を一時的に必要とするような例外的な場合をのぞき、旧契約の解約は、次の契約と同時にするのが通常であるが、日本郵便では、新規契約の4カ月以上前に旧保険を解約させるケースも多数あり、契約前の4~6カ月間に無保険だったケースが2016年4月~2018年12月の契約分で約4万7千件(2016年度約1万7100件、2017年度約1万6600件、2018年4~12月約1万3千件)であった。

Next

かんぽ不正「全容解明急ぐ」 日本郵政・増田社長が就任会見|【西日本新聞ニュース】

ただ、このアンケート結果は、一般的な企業不祥事についての生活者の感想です。 会見の冒頭、長門社長はこう断りを入れた。 長門社長は、組織風土改革について、「お客さま本位の業務運営」を浸透させる他、伏在していた契約乗換その他の保険募集に係る問題点および原因等が把握・認識できていなかったことを踏まえ、かんぽ商品の募集をはじめとした金融営業専用の社外通報窓口を20年3月末までに新設するとした。 想定回答から大きく外れた答えは、まずなかったはずです。 金融庁も行政処分で特定事案以外の契約で顧客対応を求めている。 岩手県知事と総務相の経験があり、郵政民営化委員会の委員長も務めている。 2018年度には、販売目標が高すぎるとして、会社全体の目標を1割引き下げ、2019年度からは、80歳以上の新規客に対する勧誘を自粛するなどはしていたようだ。

Next

「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

不適切販売の発覚などで1800円程度まで下がっており、多くの投資家に影響が出たとみられる。 不正販売問題では、約18万3千件を不適切な販売の可能性がある「特定事案」として重点的に調査している。 顧客から契約時の状況を聞き、意向に反していた場合に返金するなどの対応をとっている。 12月18日に開かれた記者会見で頭を下げる(左から)日本郵便の横山邦男社長、日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命の植平光彦社長(写真:共同通信) 特別調査委員会の報告書では不適切販売が起こった原因、とりわけ保険販売員が不適切販売に手を出したきっかけや理由に焦点が当てられた。 二重払いのケースの多くは、郵便局員が、満額のインセンティブを得るために、強引な営業で、旧保険の解約時期を意図的に遅らせたことによるものとしか考えられない。

Next

最悪だった会見はかんぽ生命の不適切販売 2019年の注目された不祥事会見おさらい(石川慶子)

持ち株の長門社長は「郵政の取締役会で議論したのは7月23日が初めてで、4月はシロだ」と語気を強めた。 ホームページや店頭に謝罪文なし とにかくお客様の目に直接触れる部分にかんぽ生命や日本郵便からの謝罪文は一切掲載されていません。 考えられる候補の中でベストの後継者だ」 「何か伝えることがあるとすれば、郵便局ネットワークのポテンシャル(潜在力)を生かす方向で頑張ってほしいということだ。 それを受けて、3社長は記者会見に臨みました。 20年度以降の目標は「販売額から保有資産に軸足を置いた目標にする」と説明した。 アフラック生命保険は販売は継続するが、委託しているがん保険について実態調査を開始した。 しかし、通常、顧客にとって保険料を二重払いをすることの合理性はない。

Next

かんぽ保険料二重徴収「年内にご報告」のお粗末:日経ビジネス電子版

書面送付と電話で、契約が顧客の意向に沿っているかを確認する。 かんぽ問題・記者会見2019年12月18日の概要 3社長の記者会見は、18日午後5時すぎから。 不適切販売の発覚などで1800円程度まで下がっており、多くの投資家に影響が出たとみられる。 7月10日に都内で開催された記者会見で、記者の質問に答えるかんぽ生命の植平光彦社長(右)と日本郵便の横山邦男社長(左)(撮影:風間仁一郎) 「ありえない」「考えられない」。 こうした事態を重く見る金融庁は業務改善命令などの処分を検討。

Next

かんぽ生命保険の不正販売問題 民間なら倒産との厳しい声も

金融庁から頼まれて就任した、いわば「よそ者」です。 どのような募集人が「違反疑い事案」に関与したかについて分析・検討した結果として、募集人が不適正募集を行う動機は、営業目標達成に対する厳しい指導などや所属組織・上司等に迷惑をかけることを回避することなどの他、販売実績が高い層では、営業手当などの選奨やインセンティブへの意識が強いことが要因になっていることが指摘された。 持ち株会社日本郵政の100%子会社の日本郵便は、かんぽ生命の保険商品の約9割を、全国津々浦々の郵便局員に販売させている。 仮に不正を把握しながら売り出したのであれば、投資家を裏切る行為として問題になる。 無保険状態になった高齢者もおり、顧客が不利益を被った恐れのある事案は7月31日現在、18万件を超える。 国民のための日本郵政という原点に立ち返って、がんばっていただきたいものです。

Next

横山邦男(日本郵便社長)の経歴や家族・年収を調査!記者会見が酷いと話題に

約3千万件の全契約も特定事案と同様に調査する考えを示した。 かんぽ生命保険の不適切販売問題。 後ほどヒアリングしますので、個別の担当者にあとの質問はしてください」。 日本郵便に保険商品の販売を委託している日本生命保険、住友生命保険は販売休止を要請。 ところが、会見では、今後の改善の方策は示すものの、旧態依然の営業体制のままであった原因についての言及も、それに対する反省も全くない。

Next