フルコナゾール。 フルコナゾールについて|効果や服用方法、副作用など基本情報を紹介|ベターヘルスストアー

医療用医薬品 : フルコナゾール

添付文書に記載されている重大な副作用は、• 吐き気、食欲不振、腹痛、下痢• リスクについて医師に相談してください。 三酸化ヒ素 QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)を起こすおそれがある。 なお、重症又は難治性真菌感染症の場合には、1日量として400mgまで増量できる。 服用をスキップすると、薬剤耐性のある感染症のリスクが高まる可能性があります。 2%(100mL) 【扶桑薬品工業, 旭化成ファーマ】• 代謝異常: 頻度不明 低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖。

Next

フルコナゾールカプセル100mg「サワイ」(ジフルカンカプセル100mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

フルカジールカプセル50mg/フルカジールカプセル100mg 【日本ジェネリック】• その結果、本剤の肝代謝が増加すると考えられる。 再発性 の カンジダ膣炎に対する抑制療法::1週間に1回150mgを6ヶ月間服用• フェニトイン イブプロフェン フルルビプロフェン これらの薬剤の血中濃度上昇の報告がある。 消化器: 頻度不明 悪心、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛、口渇、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁。 生後15日以降の新生児には、フルコナゾールとして小児と同じ用量を48時間毎に服用する。 、、、白血球減少、• 本剤はこれらの薬剤の肝臓における主たる代謝酵素であるCYP3Aを阻害するので、併用によりこれらの薬剤の血中濃度が上昇することがある。 フルコナゾールには、アレルギー反応やその他の問題を引き起こす不活性成分が含まれている可能性があります。 記事で判断材料を提供しますので、個別のケースに応じてお役立て下さい。

Next

オカメインコがメガバクテリアに感染してしまいました。 インコが多数いる...

• 授乳中の方 2 アレルギー体質の方 フルコナゾールを服用する前に、 アレルギーがある場合は医師または薬剤師に相談してください。 リポバスのインタビューフォームには、米国の添付文書が掲載されています 3。 6 後発 共和 ジフルカンカプセル50mg カ 362. 今回のAUC上昇を2. <口腔粘膜や喉、義歯性口内炎を引き起こす粘膜感染の治療> 初日は200~400mgを服用し、翌日以降は100~200mgを1日1回、中止指示があるまで服用を継続して下さい。 腎臓疾患• 大腸炎..激しい腹痛、頻回な下痢、発熱、血液便、下血。 思い出した時間が次の使用時間に近い場合は、1回分を飛ばし、次の予定時間から服用を再開して下さい。 シサプリド[他のアゾール系抗真菌剤 ケトコナゾール経口剤:国内未発売 との併用により,QT延長,心室性不整脈 torsades de pointesを含む 等の報告がある]• アミトリプチリン、ノルトリプチリン[これらの薬剤の作用が増強する恐れがある 本剤はこれらの薬剤の代謝を阻害するので、これらの薬剤の血中濃度が上昇することがある ]。

Next

フルコナゾール|効果・副作用・使い方|医薬品情報のメデマート

キニジン• また、併用により低血糖の報告がある。 腎障害のある患者[血中フルコナゾール濃度が維持するので、投与量を減ずるか、投与間隔をあけて使用すること]• 一般的な副作用には次のものがあります。 エルゴタミン (クリアミン配合錠) ジヒドロエルゴタミン (ジヒデルゴット 等) アゾール系抗真菌剤等のCYP3A4を阻害する薬剤とエルゴタミンとの併用により、エルゴタミンの血中濃度が上昇し、血管れん縮等の副作用を起こすおそれがある。 重大な副作用 頻度不明• 重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、きわめてまれなケースとしてショックや皮膚障害、血液障害、肝障害などが報告されています。 248410総閲覧数:• 作用機序• 9%)、浮動性めまい 1. 注意が必要なケース..腎臓病、肝臓病、心臓病、電解質異常、高齢の人など。 また、吸収がよく、肺や髄液に高濃度に移行します。

Next

シンバスタチンはフルコナゾールと安全に併用できますか?

(初日は体重1kgあたり6mgが投与されることがあります。 20 2. 本剤の成分又はフルコナゾールに対して過敏症の既往歴のある患者• リバーロキサバン[リバーロキサバンの血中濃度が上昇したとの報告がある 本剤はこれらの薬剤の肝臓における主たる代謝酵素であるCYP3A4を阻害するので、併用によりこれらの薬剤の代謝が遅れることがある ]。 飲み合わせに注意..ワルファリン(ワーファリン)、リバーロキサバン(イグザレルト)、タクロリムス(プログラフ)、シクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)、血糖降下薬(SU薬等)、ジアゼパム(セルシン)、テオフィリン(テオドール)、経口避妊薬、リトナビル(ノービア)、ジドブジン(レトロビル)、リファンピシン(リファジン)、リファブチン(ミコブティン)、ロサルタン(ニューロタン)、ニフェジピン(アダラート)、エプレレノン(セララ)、スタチン系コレステロール低下薬、カルバマゼピン(テグレトール)、イブプロフェン(ブルフェン)、フルルビプロフェン(フロベン)、セレコキシブ(セレコックス)、オキシコドン(オキシコンチン)、フェンタニル(デュロテップパッチ)など。 薬物過敏症の既往歴のある患者。 体内に存在している菌なので誰もが発症してしまう可能性があります。 医師から代替薬を求められた場合は、CYP3A4の相互作用のない プラバスタチンを提案しても良いでしょう。 【検査】 必要な検査を受けて、副作用をチェックするようにしましょう。

Next

ホスフルコナゾール (Fosfluconazole):抗菌薬インターネットブック

腎障害のある患者に投与する場合は、投与前にクレアチニンクリアランス試験を行い、投与量及び投与間隔に十分注意する。 ジドブジン ジドブジンの血中濃度上昇の報告がある。 本剤はこれらの薬剤の肝臓における主たる代謝酵素であるチトクロームP450を阻害するので、併用によりこれらの薬剤の血中濃度が上昇することがある。 ロサルタン ロサルタンの血中濃度上昇、及び活性代謝物であるカルボン酸体の血中濃度減少の報告がある。 小児等への投与 新生児においては、腎機能が未熟なため血中濃度半減期が延長することから、投与間隔に留意する。

Next

フルコナゾール|効果・副作用・使い方|医薬品情報のメデマート

症状:• フルゾナール静注液0. 88 2. テオフィリン テオフィリンの血中濃度上昇の報告がある。 本剤はこれらの薬剤の代謝を阻害するので、これらの薬剤の血中濃度が上昇することがある。 また、併用により腎障害の報告がある。 フルコナゾールは食物の有無にかかわらず服用することができます。 飲酒は深刻な副作用が発生する可能性を高めることがあります。 2週間以上経過した残りの液体は捨ててください。 ただし、初日、2日目は維持用量の倍量としてホスフルコナゾール126. ・すでに80mgを服用して禁忌もしくは、シンバスタチンの上限用量に関係している相互作用のある薬剤を服用する必要のある患者は、相互作用の可能性の少ないスタチン製剤に切り替えること。

Next