エルシャ ドール ミドラーシュ。 【追記】シャドール デッキを組むならこれを買っておけ!再録漏れした相性の良いカードまとめ【リバース・オブ・シャドール 】

エルシャドール・ミドラーシュ

デッキから「影霊の翼 ウェンディ」以外の「シャドール」モンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。 シャドールの融合体のいくつかは効果で手札の「シャドール」を使う場合があるため、それらのコストを準備する使い方もできます。 SD37-JPP01 《エルシャドール・アプカローネ》水属性• この効果のおかげで除去されても次のターンには再度《影依融合》を発動することができます。 他にモンスターがいてもボーダーは一応セットはできる、というのはシャドール使い的には覚えておいた方が良いです。 そのカードを手札に加える。 また、仮に突破しても墓地に送られたらリカバリーするのであまり損害が与えられない。 他にも最新情報やリーク・独占情報・音声での交流がしたーい!って人は まいログディスコードやまいログLINE@で色々と行っておりますのでそちらもどうぞ。

Next

【2020年 シャドール】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

《魂写しの同化》 「シャドール」モンスターにのみ装備可能。 モンスターゾーンに存在する限り、お互いに1ターンに1度しか特殊召喚できなくなるモンスター 効果破壊されないため、場もちも良く相手に簡易ロックを仕掛けることができます。 そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 「シャドール」専用の墓地肥やしカード その後、裏側守備表示の「シャドール」モンスターを表側守備表示に変更することができます。 自分はデッキから1枚ドローする。

Next

【2020年 シャドール】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

当時のプレイヤーにとって何よりも衝撃だったのは、 否定しようがないほど露骨な形でカードパワーのインフレが発生していたことだったのではないでしょうか。 一般的な【シャドール】に採用されることは稀ですが、装備魔法という点を活かして《アームズ・ホール》でサーチ&サルベージできる利点があります。 これからシャドール を作る人にとっては満遍なく揃っているような収録でしたが、シャドールを作る上では他にも相性の良いカードが存在するので、今回はそちらの紹介をしていきたいと思います。 現在通信が混雑故に速報という形での紹介ですが、また判明次第紹介します。 打点も2000となかなか高いのも嬉しい。 欠点としては一回の特殊召喚で自身を上回る打点を出されるとアッサリ倒されてしまう点や、ペンデュラム召喚やアドバンス召喚にはあまり刺さらない点。

Next

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「シャドール」テーマデッキ紹介

第9期突入から間もなく制限改訂が行われ、2013年から長らく環境を支配し続けていた【征竜】に対して非常に厳しいダメージが入りました。 効果で墓地に送られた場合、同名以外の「シャドール」カード1枚をデッキから墓地に送ることができます。 用途は多いです。 その後、自分フィールドの裏側守備表示の「シャドール」モンスターを任意の数だけ選んで表側守備表示にできる。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 その後、自分は手札の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。 直前に現れていた「神智モラルタ」が可愛く見える規格外のポテンシャルであり、 あまつさえこれがカテゴリの共通効果であるというのは率直に言って狂気的でしょう。

Next

壊れテーマ【シャドール】爆誕 全盛期の「デッキ融合」地獄

リビング・フォッシル• 総じて強力なモンスター。 「シャドール」以外のリバース効果を発動させないという強みはあれど明確に表示形式を変更することで行えるコンボがなければ採用は少し難しいカードです。 《緊急テレポート》で特殊召喚できるリバースモンスターという点も特出している点で、《シャドール・ネフィリム》や《サブテラーマリスの妖魔》などのリンク素材として適しています。 ウインダの右足のアクセサリーとかが結構こっちだと明確に分かれててエルシャドールの姿がどんな感じか分かるイラストになっています。 が「神の写し身」と接触しているようにも、・が「神の写し身」であるに接触しているようにも取れる名前とである。

Next

【遊戯王】環境トップ!?今話題のドラグマ召喚獣シャドールについて解説します / 名駅4F店の店舗ブログ

星8/光属性/天使族/攻撃力2800/守備力2500 「シャドール」モンスター+光属性モンスター このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。 手札を1枚捨てて発動できる。 墓地に送れば(3)の効果でシャドール魔法罠を回収できるので損失も少ない。 通れば強いですが、デッキ内にゴミが増えるのと誘発に弱すぎるのが難点。 また、「 光天使スローネ」が規制されたことで【セプタースローネ】ギミックが解体され、当時の【シャドール】の主流型であった【光天使シャドール】も構築不可能となった。

Next