デュエマ プレイス ボルコン。 【呪文をチート無限回収】ボルコンの最終形態がこちら。サイフォス採用で48連勝を記録w w w w w w w【デュエプレ】【デュエマプレイス】

【デュエプレ】【話題】嫌というほどボルコン見るけど、何で対策すればいいんだよ、これ

前半に開いた盤面差はメテオザウルス等で返せることもありますし、後半戦に強く出るために低コストカードは少なめになっています。 こちらがボルメテウスを惜しみなく採用している故のプランでもありますね。 ボルメテウスコントロールのデッキレシピ ボルメテウスコントロールのデッキレシピ例を掲載しています。 あとはアクアンからの復帰を果たされる前にボルメテウスとスピアを叩きつけていくだけのゲームになります。 デッキによるが強い 1 殿 6 クリ 火 殿堂。

Next

【デッキ】三色ボルコン~絶対デュエマ!~

色々極まってますが、上記に書いたニュアンスは汲み取っていただけると思います。 このカードはブロッカーという最低限の役割を持ちつつ、基本的にはボルメテウス専用の強化パーツです。 「未所持」マークを見てもわかるように、このリストそのものは回していません。 終盤 ボルメテで決める はシールドを手札に加えさせず、S・トリガーも使わせません。 感想と今後の予想 ほとんどが初期のカードであり、すぐに過去の紙のデュエマの環境 知らないんですが に落ち着くのかなと思っていたんですが、紙のデュエマから数枚のカードが上方or下方修正されていて、更に割と近代のカードも数枚投入されている事からかなりいい具合に環境が調整されていたんでしょうね、まじで神ゲーすぎます。 《》でハンデスすることで間接的に盤面を抑える動きもできるので、手札によって状況に合わせていく必要があります。

Next

【呪文をチート無限回収】ボルコンの最終形態がこちら。サイフォス採用で48連勝を記録w w w w w w w【デュエプレ】【デュエマプレイス】

また、受けトリガーは少ないので、前に寄せた構築の速攻デッキにはちょっと厳しいかなあという感じです。 そりゃあ環境があんまり変わらないと面白くないですけど、第二弾までの間隔はこれからの目安になりそうなので、そういう意味で2ヶ月半という期間は適正かなと思います。 公認大会優勝 魂のハイランダーボルコン ぼるぼるさん デッキレシピ 戦績 一回戦 黒単卍 〇 二回戦 赤黒剣 〇 三回戦 赤白青チェンジザダンテ覇道〇 四回戦 青白黒チェンジザダンテ〇 五回戦 5c剣 〇 公認優勝しました。 アクアガードの使用についてですが、基本的にはご存知の通り パラディンの進化下として使用します。 また、このデッキならではの点はなんといってもドボルガイザーです。

Next

【呪文をチート無限回収】ボルコンの最終形態がこちら。サイフォス採用で48連勝を記録w w w w w w w【デュエプレ】【デュエマプレイス】

・6打点並べてから攻撃という流れを意識する必要が無く、クリーチャーの枠に除去呪文などを採用しやすい。 まぁでも、これ以降はあまり大きな環境の変化はないかなと思います。 VS 青緑リーフ キーカード:シールドの《デーモン・ハンド》、シールドの《アクア・サーファー》、《サウザンド・スピア》 やや不利です。 — ぼるぼる borubaruss. 除去し続けてライブラリアウト デッキの核である《》を除去し続けることでジリ貧になり、ライブラリアウトに持ち込みやすくなります。 シールドを攻めていこう。 前半期はまだカードを揃えられていなかったり、完成してるデッキ数が少なく環境に応じて使い分けるということも出来ていない人が多く、無課金勢と課金勢が1番分かりやすく別れていたような気がします。 画像 カード名 採用理由 ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン 【採用理由】 ・本デッキのメインカード。

Next

【デュエルマスターズ】優勝デッキレシピ 魂のハイランダーボルコン ぼるぼるさん|デネブログ デュエマの速報・環境

デュエル・マスターズ プレイス関連記事 デッキ まず最初に読みたい記事. そこまでは出来なくとも進化元を場に出しておきトップ勝負をできる状況に持っていけることが最低限したい所です。 赤 青リーフ 0 3 後手2タッチでリーフ抜かないと無理かもしれん。 中盤 《》や《》などの大型クリーチャーに繋げやすくするために、マナ色を増やしたり相手の盤面を抑えたりなど準備を進めましょう。 立ち回り解説 序盤 ハンデス、ブロッカーでスローゲームに フィニッシャーであるの着地まで凌ぐことになります。 ハンデスを増量する場合は採用候補となります。

Next

デュエプレ(デュエマプレイス)ボルメテウスcup期振り返り

ただし終盤以降は鬼のように強い1枚になります。 もう一つ、頻度は少ないものの使う方法としては、2ターン目ブルレイザーからの3ターン目にハルカスもエグゼも無い時に、相手が順序よくクリーチャーを展開していたらブルレイザーは殴れないor次のターンに殴れそうにないということになるので盤面数調整のために出すという使い方をすることもあります。 ボルホワ全員配布の影響からか前半は一時期半分以上の人がボルコンを使っていると言ってもいいほどの圧倒的な使用率で、デッキの性質上かなりヘイトを溜めていたと思います。 クエイクスの無力化を狙う展開。 理由はこっちがロスト特化であることと、ボルメテウスの枚数が4+回収札4枚と、実質的な8枚体制であるので、ボルメテウスの数で押し切れます(一般的なリストは、基本的に3ほど)。 ・ 《黒神龍 ゾルヴェール》 2 この2枠はずっと自由枠で試行錯誤していましたが、最後にゾルヴェールで落ち着きました。 殴る順序に関してはいつも書いてますので省略させていただきます。

Next

【デッキ】三色ボルコン~絶対デュエマ!~

《ブレイン・チャージャー》は対コントロールにはもちろんアグロでも後続の除去を引くのに貢献しますし、《クリムゾン・チャージャー》はなおのことですね。 山札を減らすところは気がかりですが、ロストから早期にボルメテウスで殴り切るというコンセプトを掲げているため、敗因がこのカードによるデッキアウトということは特になかったです。 マナ回収が強制なので、アグロ系相手に4ターン目に設置にしにくいのは難点ではありますが……。 そんな感じでしたから、デュエプレはアプリ発表時点からガチでやり込む事を決めていました 笑 ガチでやると決めたのでデュエプレ配信前にはTwitterアカウントを作ってました。 あとコイツも一応殴れるので、最終盤に相手とのクロック勝負(要は青緑リーフなどに、回答を引かれる前に1ターンでも早く倒したいとなったとき)にトドメを差す要員としても重宝しました。 これはDCGとしては、ちょっと異質で新規参入しづらいというデメリットが目立つような状況だったかと思います。

Next