ヴォイサリオン 配信。 林原めぐみ 公式ブログ

舞台「VOICARION(ヴォイサリオン)」2019いつから?上演場所やチケット購入方法は?

閉鎖された暗がりの空間で、目も耳も空気の感触も、自分の感覚を舞台の板の上に預けて体験するもの、それが舞台の公演だからです。 それはやはり特別なものです。 今この段階でここまでにクオリティの高いものを、このあとさらに各組でどう高めていくのか、本番が楽しみだ。 そしたらその人完全に恋に落ちちゃって(笑)。 春野:共演からは10年以上経っていますね。

Next

『ヴォイサリオン』水夏希×藤沢文翁

まず開演前に楽屋にお邪魔したら、衣装が素晴らしかったので「大好き、この衣装」って写真をたくさん撮ったんです 笑。 もしかしたらアフレコの時、音響監督の皆さんが見ているのはこういう姿なのかな、とふと思いました。 紫吹:また会えるのね?(笑) 藤沢:前回紫吹さんに出演して頂いた時に、フランス貴族の衣装を着ていただいたんですね。 僕の舞台の特徴なんですが、BGMで流れているんじゃなくて、5人目のパフォーマーというか、音楽もセリフと同じ意味合いでもって登場してくる。 いえ、アキバ系のメイド服ではなくて、東宝の衣装チームならではのもので、とてもオシャレなものになると思いますよ。 Prisoner」はロンドンの牢獄には決して言葉をかけてはいけない囚人がいるという物語で、両作品とも時代は19世紀。 本人の心中は謎だが、おそらく水の長年のファンなら「え!?」と言いそうなくらい今までにないキャラを楽しそうに演じていた。

Next

INTERVIEW! 『ヴォイサリオン』水夏希さん×藤沢文翁さん

でなるの声を担当していたさんが出られてましたね。 紫吹さんをこの世界に留めた人として(笑)。 本当はコナン・ドイルは推理小説ではなくて、もっと文学的なものを書いて、新しいことをやろうと思ったんですが、みんなから書けと言われるので新作を作ることになった。 その分、素敵な音楽がありますね。 全員女性なんですが、全員男役。

Next

INTERVIEW! 『ヴォイサリオン』水夏希さん×藤沢文翁さん

コンシェルジュのアレックス(アレクサンドル/平田)と客室係エレオノーラ(水)、そこに馬車を止めた客人の従者マイカ(山路)、そしてこのホテルの客人となる「マダム」と呼ばれる謎の女性(竹下)。 その瞬間からファンの人に激怒されて、「あんな殺し方するんじゃない」「もう一度復活させろ」と言われるんです。 それがこの2日間は集結している。 その後は休憩をはさみ、演じていての疑問点、演じていたのを見てのスタッフからの疑問、それぞれが思う事を全体で共有する。 宝塚OGバージョンの『CHICAGO』のニューヨーク公演では本編の後にタカラヅカアンコールというショーがあって、羽根を背負ったんですが、そのときのワクワク感ったらなかった。

Next

宝塚OG紫吹淳の運命の人? 藤沢文翁と紫吹淳、春野寿美礼、妃海風が音楽朗読劇を語りあう『ヴォイサリオンⅡ ゴーストクラブ』

そういう点でもおすすめですね。 私自身が初めてなので、当然私のファンの方にとっても初めて。 関係者誰しも、涙なしには見られない光景でした。 運命的な出会いを感じました。 でも、無観客上映という形で上演は行われ、その様子を録画した映像の配信がこの5月から始まったので、それを見ました。 7月19日 日 19:00頃~ Room228 NEW!! 1976年4月19日 港区六本木生まれ。

Next

VOICARION

小学生の時からずっと宝塚ファンで……月組の久世星佳さんの公演が初めて見た公演で……まさか退団してから、紫吹さんや春野さんという大先輩と、しかも男役さんという形でご一緒できるなんて夢にも思っていなくて。 藤沢 確かにテクニック的なものはありますね。 水 なるほどね。 本読みはどんどん進んでいく。 2005年、ロンドンのKings Head劇場で演出家・劇作家デビューを果たし、国内外で活動している。 藤沢 それはかっこいいけれど、逆に生きにくいだろうなと思うんです。 退団してからは初めて。

Next

INTERVIEW! 『ヴォイサリオン』水夏希さん×藤沢文翁さん

「うそぉぉぉ!」「あ~~れ~~っくすぅ~!」などと何につけても語尾を伸ばし、言葉はすかさず略しそうなイマドキ女子を演じている。 ロンドン大学ゴールドスミス演劇学部(Ba Drama And Theatre Arts )卒業。 そこをごちゃごちゃにしないで、今できることを考え、そして本来ならやりたかったことを忘れないでいる、それが今、一番冷静で必要な態度なのかもしれません。 この言葉が心に残りましたね。 *リンクは配信当日よりご覧いただけます• 加えて、各組公演映像の配信が急遽決定いたしました。

Next