シアター コクーン 桜の 園。 大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄ら豪華キャストが送る『桜の園』2020年4月上演決定! 6月には『ケンジトシ』に中村倫也、黒木華らが出演!

「劇場の灯を消すな!Bunkamuraシアターコクーン編」の放送内容が決定 大竹しのぶ、中村勘九郎ら出演者のコメントも到着

やっぱり、劇場ってワクワクします。 劇場は、創り手として行く時も、お客さんとして行く時も、ワクワクする場所です。 日本最大級の公演チケット売買(二次流通)サービスです。 ミュージカル『キレイ』で共演した皆さんともまたご一緒できてとても楽しい収録でした。 特にシアターコクーンは、Bunkamuraができた頃のこともよく覚えていますが、オーチャードホールも含めて文化度の高い豊かな場所ですよね。 桜の木々に囲まれた、もはや没落している貴族の屋敷に、長く外国に滞在していた女主人ラネーフスカヤ夫人(大竹しのぶ)が、娘のアーニャ(杉咲花)を連れて数年ぶりに戻ってきた。

Next

大竹しのぶ、宮沢りえ、井上芳雄ら豪華キャストが送る『桜の園』2020年4月上演決定! 6月には『ケンジトシ』に中村倫也、黒木華らが出演!

それまではずっと家にこもりきりで、これからどうなるかわからないという状態でしたが、このお話をいただいて、前向きになり日常生活にも張り合いが出ました。 果たして、「桜の園」と呼ばれる屋敷の運命は……?. 歌コーナーは、ミュージカル『キレイ』より代表曲4曲、そして『もっと泣いてよフラッパー』より松たか子による「スウィング・メモリー」という魅力的なナンバー。 松尾さんと今後の演劇のかたちについてゆっくりお話しする機会なんてなかなかないので、貴重なお時間をいただいて、大変勇気をいただきました。 KERA meets CHEKHOV Vol. 下記の払い戻し方法をご参照の上、お手続きをお進め下さいますようお願いいたします。 シアターコクーンの舞台には、20年前、ミュージカル『キレイ』で初めて立ちました。

Next

4/11(土) 14:00 舞台 桜の園 Bunkamura(オーチャードホール/シアターコクーン)のチケットを譲ります

大竹しのぶが主演というだけで、 舞台「桜の園」への期待が高まります。 舞台「桜の園」が日本で初めて上演されたのは1915年で、初公演の場所は帝国劇場でした。 4日に初日を迎えるはずだった舞台「桜の園」の全公演が中止になった。 すでにセットも壊しているでしょうし、衣装だって使えるかどうか。 場所柄も含めて、私にとっては安心する場所です。 「舞台の稽古は、週6日、午後1時から7時くらいまで行うのが一般的です。

Next

「桜の園」 払戻情報:チケットぴあ

池津祥子さん 収録が無事に終わり、まずはホッとしています。 さらに司会者という立場で、全ての演目を見ることができたのも、とても楽しく、贅沢な時間でした。 楽屋でも、生田(絵梨花)さんたちとみんなでディスタンスを取りながら写真を撮ったりして。 お客様ご自身によるチケットの返送や発券等のお手続きは不要です。 ラネーフスカヤの娘<アーニャ>に、シリアスからコメディまで幅広い演技に注目を集め、多方面で目覚ましい活躍を見せる次世代の女優 松井玲奈。

Next

シス・カンパニー+KERAによるチェーホフ四大戯曲企画、最終章の『桜の園』が2020年春に上演決定

今回そんな劇場で、企画に参加できたことはとてつもないことだなと思います。 実際の収録は、ぶっつけ本番で音楽もつくことになり、気持ち良い緊張感でした。 初めてこの企画を聞いたときはどんなことになるのか全く想像がつかなかったのですが、普段の創作と異なり期間も短く、放送に向けて作る中で、これだけのものを詰め込むのは松尾さんにしかできないことで、本当にいつの時代もかっこいいなと思いました。 今回、リハーサルを入れて3日間コクーンに通って、久しぶりに大声出して興奮して、ちょっと若返ったような気がします(笑)。 《無念だ。 こんなことが起こるなんて夢にも思っていなかったので、何とも言えない気持ちになりました。 会場使用料も、セット、衣装などにかかったお金も、すべてがパーです。

Next

シス・カンパニー+KERAによるチェーホフ四大戯曲企画、最終章の『桜の園』が2020年春に上演決定

劇場へ通っていた身としては、今回初めて素舞台を見ることができて、それも貴重な経験でした。 また音楽は太田惠資が担当し、ミュージシャンと共に生演奏するほか、振付を黒田育世(BATIK)が手掛ける。 改めて、スタッフ、役者、そして観客の皆さんがいて初めて成り立つものなんだということをしみじみ思いました。 自分の中でお芝居を見るというのは当たり前のことだと思っていたので、劇場をこんなに恋しく思うことになるとは思わなかったです。 今回、この劇場というのは役者たちやスタッフ、お客さんで作り上げていくものなんだということも改めて思いました。

Next

シス・カンパニー+KERAによるチェーホフ四大戯曲企画、最終章の『桜の園』が2020年春に上演決定

今回、リハーサルを入れて3日間コクーンに通って、久しぶりに大声出して興奮して、ちょっと若返ったような気がします(笑)。 『24番地の桜の園』は、アントン・チェーホフの戯曲『桜の園』を下敷きに、串田和美と木内宏昌が新たに脚色した舞台作品。 松尾さんだからこそ成立した企画ではないかと強く思います。 おそらくですが、2020年1月31日 金 の午前中に手続きすると、2月3日 月 午前中までにカードを受け取ることが可能です。 (詳しくは、チケットぴあWebサイト内「公演中止・延期のお知らせ」をご覧ください。

Next

「劇場の灯を消すな!Bunkamuraシアターコクーン編」の放送内容が決定 大竹しのぶ、中村勘九郎ら出演者のコメントも到着

ゲネプロ(通し稽古)をやったとは聞いていませんが、今回の舞台への期待は大きかった。 いつかシアターコクーンで自分のお芝居ができたらと夢見ながら、今回唯一シアターコクーンに出たことがないファン代表として参加しました(笑)。 緊急事態宣言が出る直前までここで『桜の園』の稽古もしていました。 All Rights Reserved. 一番の喜びは、この劇場に来られたということ。 大竹しのぶさん 大好きな松尾(スズキ)さんの企画なので、ハイ、何でもやりますと言いました。 WOWOWが劇場とのコラボレーションで制作した、オリジナル番組「劇場の灯を消すな!Bunkamuraシアターコクーン編 松尾スズキプレゼンツ アクリル演劇祭」が、2020年7月5日(日)にWOWOWライブ、そしてWOWOWメンバーズオンデマンドにて放送される。 松尾さんとの対談は、今の状況でお会いするとこうなるだろうなという、結構真面目なお話になりました。

Next