遊戯王 環境考察。 環境・環境テーマ考察

遊戯王 │ 考察記事 │ しの【新環境考察】

そしてマスタールールが改正される前では効果無効カードと共に盤面を完成できる理想のデッキだったのです。 サイバードラゴンに採用される キメラテック・メガフリート・ドラゴンは相手のEXモンスターゾーンのモンスターを素材に融合召喚することができます。 個人的には【マキュラ】には「伝説の禁止カード」と言う貫禄を保ったまま禁止でも良かったんじゃね?とも思う所ですが、釈放を素直に喜びましょう! 特に、近年では罠カードのカードパワーも上がっていますから、工夫次第ではまだまだ一線級のカードだと思います。 超融合 これに関しては緩和という他ないですかね・・・? あまり活用法も思いつきません・・・。 関連記事 真帝王領域が入れられるデッキ(アプデ後のものです) そもそも 閃刀姫の強さ自体がマッチ戦でこそ発揮するものだと思っています。 (場合によっては1サラブレードでしょう)さらに永続魔法なので 《炎舞天キ》《炎舞天枢》も相性が良い。 【ABC】デッキとは20周年の記念で、海馬瀬戸が使っていた【XYZ】というユニオン・機械族のカテゴリーが新しくリメイクして登場。

Next

【遊戯王 ABCデッキ 環境・優勝デッキ考察と回し方@まい。】海馬モンスターズは再び舞い戻るのか。起動効果と、新マスタールールでのデッキ戦術は。【週刊 環境デッキを追うvol19】

墓穴の指名者の少ないこのゲームの環境だからこそ猛威を奮っているデッキとも言えます。 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 《》と《》はこれからの新ルールを考えると仕方がないです。 サンダードラゴンデッキは、 このカードを余分なカードを入れる必要なく、メインギミック内で必要な時にサーチできるというのが強いです。 なんと 23枚のカードが対象となりました。 かなり遭遇率の高いデッキなので、EXデッキに余裕のあるデッキは1枚入れておくことをおすすめします。 自分の墓地のカード1枚を選んで除外する。

Next

【遊戯王 制限改訂】2018年10月 OCG 感想・考察 さらばサモソ!今後の環境は?

その他のデッキのシェア率について 上記の環境トップのデッキ以外に、個人的に特に目立つほど使用者が多いと感じたデッキは以下の4つになります あくまで強さとは別に、使用者が多いと感じたデッキになります。 そのせいや剛鬼のとばっちりを食らったサンダードラゴンやHEROはかわいそうですが… 閃刀姫やオルターガイストは完全に様子見でしょうか? 閃刀姫はデュエルセットを売るぐらいなので分かりますが、マルチフェイカーは同じく制限にしてほしかったです 怨 オルターガイスト本当に相手したくないぐらい嫌いなんですよね… 緩和組でいうとダンテがうれしいです!ぶっちゃけ幻影騎士団を混ぜるとエクストラきつきつで枠が無いのですが、とりあえず複数入れられるようになったのはやはりうれしいです! ネフィリム返しておじさんは今回で成仏したようですが、とりあえず完全開放へ向けてダンテ返しておじさんの活動を続けたいと思います。 それでは、今回はこの辺で。 《アマゾネスの射手》 《メガキャノン・ソルジャー》 《サモン・ソーサレス》 メガキャノンソルジャー、アマゾネスの射手 こちらは先行ワンキル対策ですね。 【オルフェゴール】と《》ギミックとの相性が良い点を挙げてみると以下の通りです。 やはり出張パーツとしての【トリックスター】が【ドラグーンビート】に組み込まれていた事もあって中々完全返還は難しいかと思われます。 この効果は墓地に送られた次のターン以降の発動になります。

Next

環境・環境テーマ考察

「シャドール」は融合を使うことが多いので、エクストラの枠がきつそうに思えますけどね。 破壊輪 ついこの前デストロイ・ドラゴンが登場したので、恐らく皆さん緩和されるだろうと予想されていたと思います。 というのも《風使いトルネ》や《ダーク・リベレイション》だけでなく手札入れ替えの《ミスティック・ディーラー》、《ダーク・リベレイション》ケアの《守護の竜魔導士》とドラゴン族にはない応用力を持ちます。 真竜王の復活 真竜皇好きなのでありがたいです!VFD! 採用するなら風属性を用いるデッキ、主に【ハーピィ】や【SR】【ガスタ】等となりますが、特にSSやエクシーズ以外での用途もなさそうなので、ちょっと採用するのにも悩んでしまいそうです。 装備モンスターの攻撃力は500アップし、自分は500LPを失う。

Next

【遊戯王】COLLECTION PACK 2020 新登場!! 機塊 カード考察【20年4月環境】

こうして見ると、 確かに環境狩りのデッキとしてはかなり有力なようです。 閃刀姫好きな人は気を悪くしないでいただけるとありがたいです。 強みとしては、ロックカードとしての センサー万別と相性がいいことが挙げられます。 これが目安となりますので、効果等でこの攻撃力を超えられるかどうかがカード評価の指標となります。 《真竜》パーツはそれなりにデッキ枚数投入も多くなると思うので、出張パーツは、会局が3枚、モルモラット3枚、ヴァイパー1枚でしょうか。 征竜-テンペスト あの悪名高き征竜の1体が帰ってきました!・・・一体だけなら大丈夫そうですね。 機塊は場にモンスターを3体並べることが基本的な戦術になるので、このカードは機械の主力モンスターになると思います。

Next

【遊戯王 考察】新テーマ「呪眼」シリーズとは?強くなるのは魔法使いだけじゃない!【モンスター編】

「デッキ改造パック 超速のラッシュロード!!」にも魔法使い族が多く収録されており改造の幅も広いですね。 「ヌメロン」は基本的にこのカードと「ヌメロン・ネットワーク」を使って場を展開するので、 このカードも必須となります。 除去や対処が追いつかず、不利な形でターンを返すことになります。 これらのカードを含めた起動効果のコンボによって、このデッキは成り立っているのかと当時から考えさせられるデッキでした。 自分フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 こちらはやはり、魔法族の里を入れている(発動している)かどうかで、キツさが全然違ったように思います。 これを使い、手札3枚から、場に 《ドランシア》《ランク4X》《ランク8X》を展開できます。

Next

【遊戯王 ABCデッキ 環境・優勝デッキ考察と回し方@まい。】海馬モンスターズは再び舞い戻るのか。起動効果と、新マスタールールでのデッキ戦術は。【週刊 環境デッキを追うvol19】

しかし、3位の方の構築は前期までの内容とは異なり、上記でご紹介した《》のギミックが新たに採用されていました。 2号機でした。 2 :このカードが効果で破壊された場合に発動できる。 1 :自分フィールドの「呪眼」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 サーチ封じの超雷龍ばかりが注目されていますが、個人的には 雷龍融合もかなりの壊れカードだと思っています。 その関係で、サンダードラゴンには 一切規制がかかっていないんですよね。 ちょっと条件の付いた《聖なるバリア-ミラーフォース》と言われるカード。

Next