ゲーム オブ スローン ズ シーズン 4 相関 図。 ゲーム・オブ・スローンズ相関図&勢力図

よくわかる!ゲーム・オブ・スローンズ【シーズン2】登場人物と相関図

書き込むことができるので、誰も知る由はない。 グレン(マーク・スタンレー) ナイツウォッチ。 ブロン(ジェローム・フリン) 傭兵にしてティリオンの友人。 小評議会参議でもあったが、兄ロバート・バラシオンの死後、ウエスタロス王を名乗り、王位継承を主張。 決闘でドロゴは勝利しますが、深い傷を負いました。

Next

ゲームオブスローンズ【シーズン4】あらすじ感想!サンサにまた悲劇 | カイドーラ

ジェンドリー(ジョー・デンプシー) ロバート・バラシオンの落とし子。 ロバートの落とし子について知りすぎてしまったために暗殺されたと推察されている。 「フィスト」とも呼ばれます。 一見、重要そうに思う人物が結構あっさり死んじゃう。 中でもサーセイは悪女中の悪女。 中でもサーセイは悪女中の悪女。

Next

ゲーム・オブ・スローンズ シーズンごとの各国それぞれの家と勢力の相関図

シリーン・バラシオン(ケリー・イングラム) スタニスの娘。 ラムジー・スノウ(イワン・リオン) ルース・ボルトンの落とし子。 Amazonプライムビデオ プライムビデオはAmazonプライム会員登録をすることで動画が見放題になるサービスです。 ラムジー・スノウに虐待されてすっかり従順な召使リークとなったシオン・グレイジョイは、ブランとリコンを殺さなかったことを告白します。 メリサンドル(カリス・ファン・ハウテン) 光の王の女祭司。 それを繰り返して生きている。

Next

ゲームオブスローンズ【シーズン4】あらすじ感想!サンサにまた悲劇 | カイドーラ

ティリオンのセリフも良かった。 サンダー・クレゲイン 通称『ハウンド:猟犬』。 娘のシリーンにはいつも冷たくあたってきたが、その最期の瞬間にようやく母親としての自然な感情を取り戻した。 その上、デナーリスが治めたと思っていたユンカイやアスポタスもデナーリスたちが離れた途端、奴隷商人たちが支配層に舞い戻り、元通りの支配構造になっていることを知る。 海を渡って鉄の玉座を手に入れると宣言した矢先に決闘で負った刀傷がもとで倒れる。 ドラゴンストーン領主。

Next

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン6のあらすじ、ネタバレまとめ

アスタポアでデナーリスに買われて部下となった。 サンサ・スタークの侍女として働き、サンサとティリオンの結婚後も愛人関係を継続。 かつてはウェスタロスで最大の城でした。 家訓とは違うのですが、よく「ラニスターは常に借りを返す」といっていてまさにその言葉がピッタリな家系でもあります。 バリスタン・セルミー(イアン・マッケルヒニー) キングス・ガード総帥。

Next

ゲームオブスローンズ舞台の地理や地図に登場人物ジャクエン!原作とその意味?8がHuluで見放題

同じ頃、一人になったアリアも、かつて自分を助けてくれたジェクエンを訪ねて自由都市ブレーヴォスを目指して船に乗った。 ここで解説します。 イーストウォッチ 「東の物見櫓の塔」ともいいます。 デナーリスはかつて父エイゴン・ターガリエンを殺したことから、サンサはかつて父ネッド・スタークを襲ったことから、ジェイミーをすぐには受け入れられずにいた。 その頃ロバートは、ナロー・シーでターガリエン家の生き残りの娘が懐妊し、玉座を狙っていることをスパイからの情報で知ります。

Next