ころん くん 小説。 歌い手さんbl小説集!

苺の王子様達の物語

。 VTuber「白真くま」の中の人としても活動をしている とのことです。 俺が同性なんてって、いったから。 多分嫌われるんだろうなっていうのも分かってたけど、 それでも聞いてほしいんだけども良い?」 「いえ、あの。 数分後、病院につき、緊急検査が行われた。

Next

苺の王子様達の物語

「もう、体調は大丈夫なの?」 「うん、全然大丈夫だよ!!」 「良かったけど、これからも無理はしないでほしい!!」 「うん、無理はしないよ。 「いや、全然。 そう考えていると、無意識に涙がポロポロと流れる。 辺りを見渡すと、横で椅子に座りベッドに もたれかかって寝ているころちゃんの姿があった。 」 ころちゃんの声は少し震えているような気がした。 」 さすがるぅとくん、すぐばれてしまった。 着替えてきてやったよ!! 、 「莉犬.. おれは、そのまま眠りについた。

Next

歌い手さんの小説

僕はさとみくんがすきだ。 柳茶です。 見つからなくて良かった、としか言いようがありませんね。 ジェル君が出してきたのは、ふりっふりのメイド服だから。 ころちゃ.. 「すみません、今日ちょっと寝坊しちゃって..。 十数分が経ったとき、なーくんと莉犬が喋りながら歩いてきた。 僕は、ころちゃんとペアで嬉しい半面気不味さが少しあった。

Next

#すとぷり #るぅと ころんくんが風邪をひいた話。

そのため、買いに行くという話が進み、結局メンバー全員で買いに行くことにした。 ?」 「どうしたの?」 「何か、視線を感じる。 リクエストころるぅ嫉妬• 少しの信号機の間などに携帯を確認すると メンバーの着信は勿論ころちゃんからの着信は45件にも 昇っていた。 」 「あ、そうなんだ。 ジェルくんとは違って付き合ってますし〜。 」 僕はやけくそになりジェル君の手から奪い取りその場で着替え始めようとした。 「あの、今日買い物してる時に何かありました?」 「何で、そう思ったの?」 「別に、やましいことしている訳ではなさそうなんですが 買い物が妙にいつもより遅く、皆より買い物袋が少しだけ多かったんで...。

Next

1年間放置してたら性欲が爆発して僕のネコが大変な事になってた【ころん】

「どうしてこんなとこに…それより、落ち着いてください!」 「は、ゴホッ…ヒュウヒュッ、ァ」 「吸っちゃだめです、はいてください!ゆっくりですよ」 ころんくんはしばらくして、元の呼吸に戻った。 滅多なことがない限りころんくんside 以上のことで許せないことがある方はブラウザバック推奨。 」 「実はね、聞いてほしいことがあるんだ。 る「わ、わー?! 全員が集まると、一気に空気が変わり会議が始まる。 おでこを少しコツンとして触れるだけの優しくって甘いようなキスをして。

Next

1年間放置してたら性欲が爆発して僕のネコが大変な事になってた【ころん】

」 そう一言だけ言葉を放ち、一気に腕の力が緩む。 家を出ると、人生でしたことのないような全力疾走をする。 引かれるくらいなら...。 」 「ごめん、なーくん。 ですが、そんなころんさん、実は 大学内にて一瞬身バレ危機に見舞われていました。 」 そう言うとるぅりーぬが勢いつけて抱きついてきて、僕らは共倒れした こ「ちょっ!! 」 こういう時になーくんがいると、場が和みホッとしてしまう自分がいる。 対面になって、お互いの表情が分かる。

Next

歌い手さんの小説

しかし、一刻も早く家にかえりたかった僕は小走りで家に帰ろうとした。 」 さ「そーそーあんなにアピールしてんのにさー」 じ「だからこんな強行手段とったんだよ?」 り「俺とるぅと君は反対してたけどね」 る「うんうん。 ころんさんはこのことで「 もう怖くて学食行けない」と苦悩しています。 ずっっと一緒に.. 僕はそっところんくんの口に体温計をいれた。 僕のことが、嫌いになったのかな 家にいないだけなのに、変なことを考えてしまう。 メンバーとしても、好きだけど...。 」 「そ、そうなんですか!」 「うん、それで色々やりたいことがあって今7月の終わりの方じゃん? 7月の28日はジェル君の誕生日だしちょっとしたサプライズでもやろうかなって 思っただけ!だから、黙っておいてほしいんだ!!」 「分かりました!そういう理由なら、全然手伝いますよ!」 「ありがとう。

Next

歌い手さんの小説

あそこまで、少しな買い物でそこまで袋を消費するかと...。 僕は、口を手で抑えた。 【速報】夏休みまでに彼氏・彼女作らないと「残飯」って呼ばれる。 このことに対して白真くまさんは「 ころんのパソコンを借りてやっている」「 ころんとは仲良し」と弁明しますが、その言い訳は一切通用しません。 「歌ってみた」や「実況プレイ動画」を中心として投稿、個人での活動も非常に盛んに行っている• ありがとう。

Next