納豆 チャーハン レシピ。 納豆チャーハン レシピ 宗像 伸子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

ケンタロウ 納豆チャーハン レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

韓国のりをたっぷり乗せて美味しさ倍増!ちょっとお肉も入れたいかな。 3、固まりきらないうちにご飯を加え、更に鶏肉、納豆、万能ネギを加え強火で炒めます。 血液をさらさらにしてくれるので毎朝かかさず食べるようにしているのですが「納豆パスタ」とか「納豆サラダ」とかアレンジを知って食べるのが楽しくなりました。 クセになりそうです。 おいしいですよ。 体に良いものなので摂り続けることに意味アリ!ですよね。 ネギと海苔ってシンプルなんですけどゴマ油たっぷりにして香りがいいおやきが出来ましたっ。

Next

ケンタロウ 納豆チャーハン レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

冷凍保存も効くので特売で買いだめして即冷凍。 これは子供は好きでしょ~。 ・米粒麦ご飯 600g *大麦を縦半分に切り、 米粒状にしたもの。 ケンタロウ 納豆チャーハン うたばん 材料: 鶏ひき肉 230g 納豆 1パック 万能ねぎ 4本 ご飯 2杯 卵 2個 醤油 少々 塩 少々 こしょう 少々 1、万能ネギはみじん切りにします。 納豆とお豆腐でサラダとは思いつきませんでした。 最初カリッカリにならなくて一人で食べて再挑戦!油を多めにして片面じっと我慢したらカリカリに。

Next

納豆チャーハン レシピ 宗像 伸子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

海苔のインパクトもいい!もはやサラダではないですね。 納豆というと卵と一緒にぐるぐるしてあわあわにして食べるのがまた美味なんですよね。 生卵との組み合わせはカルシウムの吸収が良くなるので 骨粗鬆症予防に良いそうです。 4、3に塩、胡椒で味を調え、さっくりと炒めたら醤油をいれ、全体的に混ぜ合せます。 狭心症や脳梗塞、老人性痴呆症など多くの血栓性疾患の治療・予防になり、高血圧やガンを防ぐ作用もあるそう。 ゴマ油好きなんですよね。

Next

納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

前日の残りご飯と朝の定番納豆がこんなに美味しい料理になるなんて家族でびっくりでした。 美味しいです。 超小粒納豆でGOOD!色味にカニカマをネギと一緒に散らしていれたら甘みが増して色もナイスでした。 冷凍保存で常備しているので、使う前日に冷蔵庫に戻して解凍しておけばいつでも食べられる一品です。 畑のお肉とも称されている高タンパク質の大豆から作られる納豆は、血液中の血栓溶解作用を高めると言われています。

Next

ケンタロウ 納豆チャーハン レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

作らない手はない!と作ってハマりました。 このままたこ焼きの具にしてみたいです。 お味噌汁に浮かばせて食べても美味しかったです。 まぜまぜもいいですが、先に納豆まぜまぜ紅しょうが上乗せもありだと思います。 どうしてもすぐに使いたいときは、フタとタレを取って20~30秒チンしちゃってますが、製造元には品質を下げるので出来れば避けて欲しい、と書かれていました。 納豆は時々健康番組で取り上げられて スーパーで品薄になる商品の1つですよね。 さすがマヨネーズ!子供が食べてビックリのサプライズでした。

Next

納豆チャーハン レシピ 宗像 伸子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

良かった~。 また卵には納豆に不足しているビタミンAが含まれているので、一緒に食べることで納豆のビタミンKと栄養的にもバランスがとれておすすめです。 スポンサードリンク. チーズ好きファミリーなのでチーズも常備。 梅干をちょこっと乗せたりほうれん草を和えたりしっかりベースにしてアレンジしてます。 油揚げのカリッカリは美味!納豆とチーズの相性も抜群でこんな簡単に出来ちゃう組み合わせを知らなかったなんてずっと損をしてました。 冷凍保存する際は密閉状態にしておけば、1ヶ月くらいは大丈夫そうですよ。

Next

納豆のレシピ人気1位は?つくれぽ1000や殿堂入りも

。 大人だってハマりますから。 納豆さまさまっ。 ケンタロウさんが、うたばんで納豆チャーハンのレシピを公開されたので、最近納豆チャーハンがマイブームです(笑)今回紹介しているレシピはうたばんでケンタロウさんの納豆チャーハンとは違いますが、ひき肉と納豆チャーハンの相性は抜群ですよ。 2、フライパンを熱し、卵を入れます。 まとめ 納豆は毎日食べたいものなので、色々とアレンジを楽しんだらノーマルに戻ってその美味しさを再確認してまたアレンジに挑戦、とループが延々と続きそうです。

Next

ケンタロウ 納豆チャーハン レシピ:飲食店では教えてくれないナイショのレシピ

。 。 。 。 。

Next