多 井 隆晴。 多井隆晴

マシンガン解説 多井隆晴は強いの?NMBファンって本当?

しかし、長いこと独身で知られていた福山雅治さんや千原ジュニアさんも結婚しましたので、多井隆晴プロも電撃結婚、なんてニュースがいつの日かやってくるのかもしれませんね。 天空麻雀()• 麻雀団体に限らず、大きな組織ほど、その中で役職の順番待ちをするよりも、独立して 自分の道を切り開きたいという方は山ほどいます。 「オレが生まれた時から決まってんだよ」って(笑)。 言霊マンボ」(作)の主人公、多口万棒のモデル。 林修に似てる? 多井さんは予備校講師でタレントの林修さんに似ていると良く言われます。 何故、ここに……。

Next

最速最強の鬼モードへ…多井隆晴がついに拳を握りしめた【熱論!Mリーグ】

そして、最速最強の雀士としても有名です。 の辻希美さんのファンで、着メロが「ミニモニじゃんけんぴょん」だったことがあるそうです。 RMUの代表であり、オーラがあるビックマウスなカリスマ雀士として知られ少し近寄りがたい雰囲気もありますが、やはり気さくで周りからも慕われる人物なのだと思います。 こんにちは。 略称は「最高位戦」。 All Right Reserved. そんなことばっかり言ってましたね。

Next

マシンガン解説 多井隆晴は強いの?NMBファンって本当?

「強さと語る能力は別ものであるその両方を持ち合わせる多口(多井)プロは麻雀界において希少な存在だ。 やはりリアル麻雀 とネット麻雀ではかなり差があるようです。 この日はAbemaTVで放送された麻雀駅伝予選会の翌日であり、RMUが本戦出場を決めた翌日ともあって駅伝に関する質問が多くありました。 作者の片山まさゆき先生は、二巻のあとがきにて、多井隆晴プロについてこう語っています。 本名:多井隆晴(おおいたかはる)• しゃべりにスランプなし• 連盟とRMUの交流が復活してきた今となっては、当時の話を聞けるチャンスはしばらく無さそうです。 0% 28. 負けをいかにプロデュースするか• 守備的側面だけでなく手組の幅を狭めないための保留の先切りと言える。

Next

多井隆晴 RMU代表 初代Mリーガーにも選ばれた”最速最強”のプロ雀士

そういう輪をRMUで広げていきたい。 トップをとると、満足感で溢れます。 この額は雀士の人気や所属団体によって大きく変わります。 積極的に売り込んでます!. 麻雀を覚えたのは5歳の頃で、10歳には牌効率をマスターしたと公言しています。 2位ばかりのシルバーコレクターになったり移籍でゴタついたりと紆余曲折はあったものの、雀士個人としてもまだまだ打ち盛りですしRMUの今後の活動も楽しみです。

Next

多井隆晴(雀士)の解説が凄い!大学や連盟脱退理由・年収を調査!

現在は最高位戦日本プロ麻雀協会に所属している。 そうはいっても、麻雀プロの本は今でも書店に並んでいますし、雑誌の仕事も無くなったわけではありません。 王位 第31期• さすがの多井プロも、麻雀界のレジェンド桜井章一氏の前では緊張したようです。 俺が生まれたときから決まってることだから」 とある大会の前に、こんなコメントを残すほどで、当時は 「雀界のビックマウス」といった通り名で呼ばれていました。 7のラス目から残り3日間で一気に追い上げ、逆転優勝。

Next

小林剛×多井隆晴が新設『Mリーグ』を語り尽くす! 何故「コバゴーは勝てるのか」麻雀のセオリーを覆す「正論」に驚愕!?

への相談アドバイザーでもあります。 ニコニコ動画の日本プロ麻雀連盟チャンネルにて、「麻雀日本シリーズ」という大会が開かれます。 麻雀ファンにはたまらない作品ですね 笑• 写真集やDVDの仕事もあるし」 (笑)まで付けられて、お金が入りすぎて笑いが止まらない、みたいなね。 カリスマ麻雀プロとして知られる多井隆晴プロですが、AKBグループ、特にNMB48のファンだそうです。 「4位率」としてしまうと成績の悪さがダイレクトに伝わってしまうことからの、いわば苦肉の策だと思うが、4位回避を競うゲームでもないのでどことなく違和感がある。 2016年度四神王座 優勝• 多井さんはアイドル好き 独身で彼女がいるような気配もないといわれている多井さんですが、アイドル好きで知られています。 最近では多井隆晴プロは代表という立場になったこともあり、ヒールキャラは少し控えめになりましたが、河野高志プロは昔も今もヒールキャラで人気です。

Next

多井隆晴

RMUとは RMU(アール エム ユー)とは、競技麻雀のプロ団体。 0pという記録的な大惨敗をして、ネット上では「FBK」というあだ名をつけられ、ある意味で知名度を上げることになりました。 漫画にまで登場するなんて、さすがはトッププロですね! ちなみに「オーラ打ち! (手を抜かないから売れているともいえますが) 最も売れている麻雀ライターがこれならば他の麻雀プロの本だと、お小遣い程度にしかなっていないのではないでしょうか。 勢いが落ちているとは言え、麻雀界に比べればパチ業界にはまだまだお金がありますからね。 キャッチフレーズは最速最強。 今回はその一部をご紹介します。 極端にメリハリのきいた麻雀というイメージでしょうか。

Next