宇 随 天元 夢 小説。 【鬼滅の刃】元柱・宇随天元と3人の妻、雛鶴&まきを&須磨の現在について!

【鬼滅の刃】元柱・宇随天元と3人の妻、雛鶴&まきを&須磨の現在について!

「っ…きつ…善逸、力を抜け」 ゆっくり腰を進めながら宇髄が掠れた声でぎゅっと目を瞑って身体を固くする善逸に声を掛ける。 善逸が怖がらないように顔中に唇を落として落ち着かせながら宇髄は淫らな音を響かせて指を奥へと進ませる。 なに、何…?今の、雷に撃たれたみたいな、身体の中を走った衝撃は何…?! 唇を離した宇髄が訳が分からず困惑してる善逸に見上げられてにやぁと笑みを浮かべる。 二人が苦戦していると、宇髄の嫁の一人が藤の花の毒が塗られたクナイを放つ。 服や身体の様子から、生きているのは炭治郎と禰豆子ということが分かった。 声を我慢しょうとするが我慢しきれない声が口の隙間から漏れる。 宇髄は深いため息を一つ吐くと顔に落ちる前髪をかきあげて中が馴染むまで暫しじっとする。

Next

『【鬼滅の刃】宇髄天元との恋(R18)』第9章「煉獄杏寿朗※」 165ページ

「やぁっ……!」 狭い中がみしみしときしみ、引き裂かれるような激痛が走って善逸は涙をぽろぽろと流しながら宇髄の腕にしがみついた。 足を折られたのだ。 『お菓子の家の魔女』講談社, 1970• [newpage] 「うまい!!うまい!!」 「ちょっと杏寿郎うるさいからだまろっか?」 「むぅ・・・」 「むぅ・・・じゃねぇ!!かわいく言っても無駄だ!」 ちっすちっす、みなさんこんにちは。 戦ってるお前が最高に派手なのは俺が知ってる。 一瞬、気を失ってしまい善逸は目を閉じる。 『暗くて甘い舌』集英社, 1976• 「ぃやぁっ、あぁっ…やぁっ」 じくんじくんと甘い疼きがそこから生まれて腰の奥がかぁっと熱くなって善逸は身体の奥がざわざわして熱くなる事に戸惑い胸元に顔を埋める宇髄の頭に手を置き髪を掴んだ。

Next

OLは夢を見ない 【宇髄天元】 [完結]

妹が切り盛りしてる店だ。 産屋敷耀哉は、自身の過去を否定しながら人の命を守る戦いに身を置く宇髄に感謝の言葉を述べた。 の『』との共通点、相違点については『アメリカ文学に触発された日本の小説』()pp. だけど一人、弟から完璧に嫌われている。 ちゃんと許可はもらってるので安心してほしい。 『すすりなき』新潮社, 1978• だって、弟と妹がやったらSAN値埋葬案件でしょ。 自分の身体を見下ろすと綺麗になっていてバスローブを身に纏っていた。

Next

『【鬼滅の刃】宇髄天元との恋(R18)』第9章「煉獄杏寿朗※」 165ページ

いやぁびびったじぇ・・・。 「お前が捨てた命は俺が預かる」 と。 天元」 「!!」 「この場所に行け。 ビクッと震える幼い体にふっと笑みを浮かべながらボタンをひとつ、またひとつ…とわざとゆっくり外す。 鎌倉を自宅とし、軽井沢にも別邸を持ち、の敷地600坪の洋館で老秘書を従え、社交ダンスのパーティを開くなどの貴族的な暮らしぶりが伝えられる。

Next

『【鬼滅の刃】宇髄天元との恋(R18)』第9章「煉獄杏寿朗※」 165ページ

」 「炭治郎、どうしたんだい、大声を出して、」 穏やかな声、まるでここが春の野原の様なそんな穏やかさと温かさのある声。 」 あぁ、そうだ。 まだ理性が残っている事を確認して宇髄は最後の砦であるショーツを足から抜き脱がした。 付いた赤い痕を指で撫でてから、とんと背中を押した。 宇髄の大きな手が密着した際にシワになった善逸のシャツに掛かった。 」 「まっ!!」 まてと聞こえた気がしたが気のせいだ。

Next

#1 宇随天元の兄は正直言って平凡に暮らしたい。

あいつは絶対に許さない。 忍であったゆえに毒に耐性を持っている。 禰豆子が鬼でもそれを炭治郎が庇い、人を食わぬというのなら、あの墓前での誓いを宇髄は果たさねばならない。 なお、グルメ知識に関しては官能小説による多額の収入を投入して蓄積した本格的なもので、これらの後書きでは、文壇のグルメ批判(食の薀蓄を語ることは卑しい行為であるなど)に強く反論している。 よしよし。 」 生き残りがいる。 『金髪』徳間書店, 1972• 』 あぁ、そうか、うん、と宇髄は納得し炭治郎の血でゴワゴワになってしまった髪を撫でた。

Next

【鬼滅の刃】元柱・宇随天元と3人の妻、雛鶴&まきを&須磨の現在について!

彼はキメツ学園では 美術教師を務めてます。 ぞくぞく背中を駆ける快感に上がる声が甘くなっていく。 宇髄天元の関連人物名言• 」という質問をよくみかけますが、 巻数については、現在刊行されている単行本全て 1 ~17巻 の オマケページで読むことができます! また、アニメ・単行本以外にも、• とはいっても、天元の身体は一つ… たまにならいいのだが、毎晩彼女達三人を同時に抱くのは 正直なところ難しい… そこで彼女達一人一人をじっくり丁寧に抱くため、 「夜の当番制」を導入することに…。 『すわっぷあそび』双葉社, 1975• 善逸の気持ちが落ち着いた所で宇髄は手の動きを再開させた。 こんな、事あっていい訳?これってもしかして私の都合の良い夢?まだ起きてないのかな私…だって、こんな、嬉しい事を…言われてるなんて信じらんない。 くちゅぐちゅっと淫らな音を立てて抜き差しを繰り返し、溢れた蜜が破瓜の血で薄桃色に染まって寝台のシーツを汚して濡らしていく。

Next