とび うめ ネット。 当院の地域医療

とびうめネット(福岡県医師会医療情報ネットワーク)| 予防健診課| 市役所の仕事としくみ| 行政情報| 古賀市オフィシャルページ

4月の診療報酬改定で同ネットの情報にも報酬が適用されることになったことから、医師会は登録数の増加を期待している。 国民健康保険や介護保険などの利用履歴で把握している市が、本人の同意を得て提供する。 そもそも、高齢者は在宅医療を希望し急変時の医療体制に不安を抱えながらも入院診療に依存しています。 新システムは、医療機関の間で患者情報を共有する県医師会の「とびうめネット」を利用しており、同会に市と市医師会が働きかけて実現した。 登録は北九州市民が対象。 10月31日に市役所で開かれた市と県医師会、市医師会による調印式で、北橋健治市長は「切れ目のない医療・介護サービスを提供するため、多くの市民に同意してもらう必要がある」と登録を呼びかけた。 ・ (YouTubeの動画ページにジャンプします) 「あっぱれ!北九州」にて、「とびうめ@きたきゅう」について放送されました。

Next

「とびうめ@きたきゅう」について

今回、メディアクロスは、「とびうめネット」のデザイン面を一新し、1つのサイトを「患者様・一般の方向け」と「医療関係者の方向け」に切り替えられるようにした。 また、システム面では、クライアント側で医療機関などを常に最新の状態に更新できるよう、CMSをカスタマイズしており容易に登録・更新が行えます。 12月8日現在、403の医療機関が登録している。 とびうめネットは、かかりつけ医が患者の同意を得て既往症やアレルギーの有無、服用薬、禁忌薬、家族の緊急連絡先、延命治療を希望するかなどの患者情報を事前登録。 患者として救急搬送または独自に救急病院を受診する際、この情報を元にして病院側は救急医療を提供します。 区役所の保健福祉課(介護保険担当)、地域包括支援センター、社会福祉協議会• 現場の医師の苦労は多いが、もっと広がってほしい」と話した。

Next

「とびうめ@きたきゅう」について

1.事業主体 福岡県医師会、北九州市医師会、北九州市の共同事業 2.登録対象者 市民のうち、本事業の内容を理解し、登録申出書により登録申出を行ったもの 3.共有する情報(直近12月分の情報で最大過去5年間分)• 下請を一切使わない完全内製のWEB制作におけるプロフェッショナル集団である同社は、ホームページ制作については、お手頃料金のプランから本格的なWEB戦略に対応するプロジェクトプランまで用意。 医師会関係者は「診療所のメリットにもなり、登録数増につながるはずだ」と期待する。 時代の流れとともに結核患者数は減少していますが今なお年間18,000人以上の新規結核患者さんが発生しています。 情報は個人情報保護法制の適用対象とする。 開放型病院病床について 開放型病院とは 病院の施設や機能を、地域医療機関の医師にも開放している病院のことをいいます。 健診情報:特定健診情報(国保分)、後期高齢者健康診査情報 4.説明・受付窓口• そこで、2008年7月に粕屋・宗像医師会および当院の呼びかけで九州大学小児科、福岡県医師会、宗像急患センターおよび周辺都市の保健所や消防署が参画して、宗像・粕屋小児救急連絡協議会が結成されました。 「とびうめネット」は、一般登録者の症状、検査結果、病歴服用しているお薬、アレルギーなどの医療情報を医療機関で共有・連携することで診療・処置、入退院などを支援する。

Next

とびうめネット様(福岡県医師会)ホームページ制作実績

詳しくはかかりつけ医にお尋ねください。 6.登録費用 なし (注)詳細については、登録申出書をご確認ください。 具体的な活動内容• シェア. 医師が少ない診療所で、日々の診察に加え、患者一人一人へのシステム説明などに割ける時間は限られる。 自院で処置不可能な患者を基幹災害医療センター等へ搬送• 介護情報(介護保険分):要介護度、認定期間、サービス事業者名(居宅介護支援事業所)• 患者への説明や同意、登録作業などがすべて地域の医師に委ねられていることが要因の一つとされる。 Copyright C 2020 All Rights Reserved. 開放型病床とは 病院の施設、機能の開放の一環として、病床の一部を、診療所のかかりつけ医に開放し、当院の医師と共同して診療を行うものです。 福岡県医師会様が運営をされている、福岡の医療情報ネットワーク「とびうめネット」のホームページをリニューアル制作させて頂きました。

Next

かかりつけ医と県内救急医療機関の連携 とびうめネット 低空飛行 医師任せの登録 壁|【西日本新聞ニュース】

搬送された傷病者等のトリアージ• 登録希望者へのご説明や、事業内容を確認される際にご覧ください。 【「とびうめ@きたきゅう」に関する動画】 ・ (YouTubeの動画ページにジャンプします) 市民説明用の動画です。 入院に伴う精神的サポートも精神科医(非常勤)により可能です。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 一般の方・医療関係者向けのそれぞれのコンテンツを整理することで、サイトに訪問された方が必要としている情報への導線をしっかりと確保しています。

Next

とびうめネット様(福岡県医師会)ホームページ制作実績

【山下 康太】 <HP制作に関するお問い合せ> メディアクロス(株) 営業時間:平日 午前9時30分~午後6時30分(土、日、祝日定休) TEL:092-791-6681 FAX:092-791-6682 URL: お問い合せフォーム:. 登録者には携帯型カードとシールを発行。 来年3月頃に効果を検証した上で、来春以降には運用を市全域に広げる予定だ。 このページに関するお問い合わせ先 とびうめネット事務局 公益財団法人福岡県メディカルセンター 〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南2-9-30 電話:092-476-3809(平日9時~17時) 福岡県民と在住外国人の情報交換・交流の場です。 業種 公開日 2016. 例えば、かかりつけ医から紹介先の医療機関に受診したとき、とびうめネット登録があると伝えると、これまでの診療情報がスムーズに、検査時間の短縮にもなります。 『タウンページ』はの登録商標です。 救急病院はといえば患者情報を欠く救急診療にリスクを感じています。 八幡東区・西区でのモデル実施結果. 急病などの際、緊急搬送先の病院や救急隊がインターネット端末で情報を共有する。

Next

KBCで「とびうめネット」が紹介されます

直接、外来受診する傷病者への医療救護処置• また、これに加えて医療機関が受診時の診察結果を提供・共有することもあります。 県医師会が、県の補助を受けて2014年4月に北九州市と粕屋郡でスタート。 04 地域 福岡市博多区 基本プラン URL タグ• 登録申出書を直接郵送される場合は、とびうめネット事務局(注1)まで (注1)〒812-0016 福岡市博多区博多駅南二丁目9番30号 5.閲覧者の範囲・手続 「上記3.共有する情報」を「とびうめ@きたきゅう」に参加する医療機関等で共有します。 「かかりつけ医」は在宅医療に寄与したい想いはありますが急変時の時間外対応や、入院治療が可能な病院の急な確保に不安があります。 また「定期的な情報更新も欠かせず、余裕はない」(県内の医師)といった声もあり、登録数低調の背景にもなっている。 。 行政機関は安全な救急医療の充実と医療費の効率的な運用を図りたい。

Next